卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 2016年世界選手権団体戦の日本代表であり、団体銀メダリストとなった浜本由惟(20歳)が5月のスロベニアオープンにオーストリアからエントリーされていることがわかった。
 「なぜ浜本がオーストリアから?」というのは疑問だが、Tリーグでは木下アビエル神奈川から参戦していた浜本。その女子監督が現オーストリア監督の劉燕軍だったというつながりしか見つからない。

 かつて中国の国家チームの中で、中国代表になれない選手が他国に移住し、帰化。その移住した国(協会)から世界選手権やオリンピックに出場する、いわゆる「中国帰化選手」が多くなり、国際卓球連盟が一定の制限を与える要因にもなった。日本代表として出場する機会が難しくなった選手が、今後は他国から国際大会に出場するケースも出てくるのか。

 ITTF(国際卓球連盟)の規約では18歳以上、21歳未満の選手が協会を移籍した場合は7年間、オリンピックや世界イベント(世界選手権やワールドカップ等)には出場できない。オリンピック憲章では、国籍を変えた場合は元代表選手は3年間は出られないが、NOC(国内オリンピック委員会)と国際競技連盟が合意すれば、期間を短縮してオリンピックに出場することは可能と記されている。
 ただし、ワールドツアーは国籍を取得しなくとも出場することはできる。現時点で浜本が国籍を取得するかどうかの確認は取れていない。
  • 16年世界選手権団体戦でプレーする浜本

 アジアカップ2日目は、男女のチャレンジと準々決勝が行われた。

 男子の準々決勝は張本智和が李尚洙(韓国)に勝ち、丹羽孝希が黃鎮廷(香港)を下して、2選手とも準決勝進出を決めた。

 女子はチャレンジで陳思羽(タイペイ)に快勝した平野が準々決勝で朱雨玲(中国)と対戦。好調の平野は両ハンドの快速プレーで朱雨玲と互角のラリーを繰り広げたが、最後は地力に勝る朱雨玲が押し切った。
 石川は杜凱琹(香港)のチキータと重いフォアドライブに苦戦したが、勝負所で思い切った攻撃を仕掛けるなど強気のプレーを見せて、4対2で勝利。準決勝に進んだ。

【男子シングルス準々決勝】
張本智和(日本) 6、7、-7、5、9 李尚洙(韓国)
丹羽孝希(日本) 10、-6、9、10、10 黃鎮廷(香港)
馬龍(中国) 5、5、-6、6、3 グナナセカラン(インド)
樊振東(中国) 9、7、8、-9、8 林昀儒(タイペイ)

【女子シングルス準々決勝】
石川佳純(日本) 9、-9、13、-9、10、7 杜凱琹(香港)
朱雨玲(中国) -9、7、2、-10、7、8 平野美宇(日本)
馮天薇(シンガポール) 2、7、9、7 田志希(韓国)
陳夢 キケン 鄭怡静(タイペイ)
 4月5日から7日まで、横浜文化体育館で行われる2019年アジアカップ。
 アジアから男女各16人が選ばれ、シングルスのタイトルを争う大会。ワールドカップの出場権もかかっており、選手にとってはとても重要な大会になる。

 初日の4月5日は、4つのグループによる予選リーグが行われ、日本勢の男子は張本智和が2位、丹羽孝希が1位でそれぞれ決勝トーナメント準々決勝に進出を決めた。
 予選の戦いで注目された張本と馬龍(中国)の対決は、3対1で馬龍が勝利。昨年6月のワールドツアー・ジャパンオープンで馬龍から初勝利をあげていた張本だったが、この試合では完敗した。
 「相手(馬龍)に敗因をしっかりと分析されたなと思った」と試合後に話した張本。バックハンドでは得点できたものの「全てで相手が一枚上手だった。今日でまた離されてしまった」とコメントした。張本の準々決勝の相手は李尚洙(韓国)だ。

 丹羽は2連勝して早々と1位通過を決めた。3試合目の荘智渕(チャイニーズタイペイ)には敗れたが、準々決勝では黃鎮廷(香港)と激突する。ハイレベルでタフな戦いになるだろう。

 女子は石川佳純が2位通過で準々決勝に進んだが、平野美宇は1勝2敗と振るわず3位。チャレンジにまわったがそこで勝利すれば準々決勝に進む道は残されている。
 石川の対戦相手は杜凱琹(香港)、平野は陳思羽(チャイニーズタイペイ)と対戦する。
  • 決勝トーナメントで巻き返しを狙う張本

  • 石川はTリーグでチームメイトの杜凱琹と対戦だ

 ラケットにフエルト生地を張りプレーする無回転卓球。5月31日に千葉・幕張勤労市民センターで「第一回無回転卓球選手権」が開催される。お近くの方、興味のある方はぜひご参加ください!

―――――――<全日本 無回転卓球選手権>――――――――――
日時:5月31日(金) 9:00~17:00
場所:幕張勤労市民センター
種目:男女混合シングルス
参加費:1000円(銀行振込でお支払いください)

銀行名.  静岡銀行下田支店
口座番号. 普通 0734734
口座名義. Nonspin 代表 黒田 旬

定員:50名(先着順)

申し込み:応募フォーム、メール、もしくは電話にてご応募ください。
(定員に達し次第締め切り)

詳細は無回転卓球HPまで↓
https://www.mukaiten.com/

Eメール:
nonspin@outlook.com

※事前にNonspin世界無回転卓球協会への会員登録が必要です。
(公式サイトの登録フォーム、メール、または電話)
年会費3000円。入会金はありません。
 最新の世界ランキングで8位になり、世界のトップランカーに君臨している丹羽孝希(スヴェンソン)のオフィシャルサイトが開設された。
 同サイトでは、丹羽選手のプロフィール、試合結果などを発信していくという。
 
 丹羽選手は、明日から横浜文化体育館で行われるアジアカップにも出場。世界最速と評されるライジングの両ハンドカウンタープレーをぜひその目で見てほしい。

丹羽孝希オフィシャルサイト
https://t4management.com/koki-niwa/
本日、ITTF(国際卓球連盟)より、2019年月の世界ランキングが発表された。
 男女とも上位3位までは変動がなく、日本男子の首位は張本智和で、先月と変わらず4位。日本女子の首位は石川佳純だが、先月より順位を2つ落として6位だった。

その他、気になるトップ選手の動向は

   ↓ をクリック
http://world-tt.com/ps_player/worldrank.php
 全日本選手権大会で女子史上初の2年連続3冠王に輝いた伊藤美誠(スターツ)のオフィシャルサイトが開設された。
 同サイトでは、伊藤選手の大会出場情報や試合結果、メディア出演情報などを発信していくという。

伊藤美誠オフィシャルサイト
https://www.starts.co.jp/mimaito/
 3月26〜31日にカタール・ドーハでITTFワールドツアープラチナ・カタールオープンが開催。日本からは男子14名、女子16名の選手が参加し、シングルスでは張本智和(JOCエリートアカデミー)、水谷隼(木下グループ)、伊藤美誠(スターツSC)のベスト8が最高位となったが、混合ダブルスで全日本2連覇中の森薗政崇/伊藤美誠(岡山リベッツ/)が2位に入った。
 混合ダブルス、森薗/伊藤は準決勝で張本/石川佳純(/全農)との同士討ちを3-1で制すると、準決勝では林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)にゲームオールジュースで競り勝ち決勝進出を決めた。決勝では許昕/劉詩雯(中国)からゲームを奪えず敗退となったが準優勝の成績を残した。
 
 男子シングルスでは準々決勝で張本がフォア表のファルク(スウェーデン)に水谷がケガから復帰の馬龍(中国)に敗れ準決勝進出を逃しベスト8に終わった。優勝は馬龍。準決勝で許昕、決勝で林高遠との同士討ちを制し、昨年5月の中国オープン以来のタイトルを手にした。
 女子シングルスでは伊藤が唯一準々決勝に進出したものの、丁寧(中国)にストレートで敗れベスト8に終わった。石川はトーナメント1回戦で孫穎莎(中国)に、平野美宇(日本生命)は2回戦で何卓佳(中国)にそれぞれ中国の壁を越えられずに敗退。早田ひな(日本生命)は予選で劉恩寵(韓国)にゲームオールジュースで敗れ決勝トーナメント進出を逃した。

 また、女子ダブルスでは伊藤/早田、佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)が3位に入
った。優勝と日本選手の上位記録は以下のとおり。

ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン上位結果
●男子シングルス優勝:馬龍(中国) ベスト8:張本智和、水谷隼
●女子シングルス優勝:王曼昱(中国) ベスト8:伊藤美誠 
●男子ダブルス優勝:黃鎮廷/何鈞傑(香港)
●女子ダブルス優勝:王曼昱/孫穎莎(中国) 3位:伊藤美誠/早田ひな、佐藤瞳/橋本帆乃香
●混合ダブルス優勝:許昕/劉詩雯(中国) 2位:森薗政崇/伊藤美誠
北九州市で開催されている高校選抜。
最終日となった本日は準決勝〜決勝が行われ、男子が愛工大名電、女子は四天王寺がそれぞれ5連覇を達成した。

愛工大名電は準決勝で希望が丘と大激戦を展開。前半を1−1で折返してからの、3番のダブルスが踏ん張ったのが大きかった。
決勝では曽根がジュニア王者の戸上に勝利し、一気に流れを引き寄せる。曽根はゲームオールの5−9の劣勢だったが、「リードしてから入れにいってしまった。5−8になった時に開き直っていこうとやりました」(曽根)と逆転勝ち。試合後に今枝監督も曽根を讃えた。

そして4番の加山の気合もすごかった。ダブルスは落としたが、自分が決めてやるという気迫に溢れ、内田を圧倒。「大会に入って、ずっと調子が良かったので、どこかで調子が狂わないようにいつもより気を遣いながら準備しました。やってやるという気持ちと緊張が半々くらいでしたが、先輩たちの記録を繋げられたのでホッとしています」(加山)。遊ぶボールはほとんどなく、どんなに点数が離れても気を抜かなかった加山。表彰式ではやっと緊張がほぐれたのか笑顔がこぼれた。

女子は破竹の勢いで勝ち上がってきた桜丘が決勝で四天王寺に挑戦。
前半は2−0の勝ち星を重ね、ダブルスも追い詰めたが、あと1点が遠かった。四天王寺はダブルスでつないだ希望を後半へつなぎ、高橋・大川が4・5番で決めた。

男子学校対抗
●準決勝
愛工大名電 3−2 希望が丘
野田学園 3−0 出雲北陵

●決勝
愛工大名電 3−1 野田学園
○曽根 -8、4、9、-8、9 戸上
○横谷 7、7、7 松田
 加山/曽根 −9、5、−5、−8 戸上/宮川○
○加山 4、10、7 内田

女子学校対抗
●準決勝
四天王寺 3−2 明徳義塾
桜丘 3−2 遊学館

●決勝
四天王寺 3−2 桜丘
 三浦 10、−5、−6、8、−7 浅井○
 本井 −9、−8、−9 顧琳セイ○
○三浦/高橋 11、11、−5、−8、6 原田/浅井
○大川 8、4、8 原田
○高橋 5、9、4 立神

詳しい報道は卓球王国6月号(4月21日発売)に掲載予定です
  • 集中力MAXの加山が試合を決めた!

  • 戸上は決勝で苦杯

  • アップダウンサービスで次々に得点を重ねた大川

  • 桜丘は強烈な印象を残した。夏が楽しみだ

  • 5連覇を達成した愛工大名電

  • 四天王寺も苦しみながら5連覇

高校選抜のシングルス(2部)でチャンピオンが決定。
これは各都道府県予選会の学校対抗で1・2位になった学校や今大会への出場権を持った学校からは出場できない。また、過去にインターハイや国体、全日本(一般・ダブルス・ジュニア)に出場していないことが条件になっている。

それでも出場選手のレベルは年々高くなっており、卓球界の底上げを感じた。
男子はしゃがみ込みサービスから強烈なフォアドライブを打ち込む烏田(広島商船)が優勝。
女子はラリー力の高い今井(愛知商業)が優勝を果たした。

シングルス(2部)の結果は以下のとおり

男子
優勝:烏田幸(広島商船)
準優勝:木許怜(大分鶴崎)
3位:南克樹(高知工業)、平原颯(北越)

女子
優勝:今井汐珠玖(愛知商業)
準優勝:針生凛(利府)
3位:永井祐衣(星野)、高橋のりか(宇短大附属)