卓球王国11月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 4月21日に開幕する世界選手権ブダペスト大会(個人戦)。
 それに先だって4月13日に、世界選手権日本代表の公開練習と記者会見が行われた。その席上で、マイクを向けられた全日本チャンピオンの水谷隼(木下グループ)は「世界選手権の個人戦はこれが最後です」と多くのメディアの前でそう語った。以前から、「日本代表として東京五輪が自分の最後の大会」と語っていただけに、最後の世界選手権個人戦、と彼が言っても驚きはない。
 しかし、全日本選手権で優勝した直後の「最後の全日本」発言に始まり、ここに来て「最後の世界選手権個人戦」と続いた。それは彼自身の決意表明だったのか、世界戦(個人戦)への決別だったのか……。

 その会見の1時間半前に行われた記者のための囲み取材で、記者の質問は水谷の目のことに集中した。

 「会場にもよるけど、国際大会で暗い中でやる時にはボールはほとんど見えない。18年1月からこんな状態です」と語り始め、15分間の囲み取材のうち、12分間は目のことに質問が集中した。全日本チャンピオンの水谷であれば、もっと卓球に関する質問があってもいいし、本人もそういう質問に誘導すべきではないのか。
 個人的にはそういう水谷を取り巻く雰囲気には辟易している。最後の世界選手権個人戦であれば、その決意や卓球への思いの強さをもっと語ってほしかった。それが全日本チャンピオンとしての矜持ではなかったのか。

 1月に全日本優勝を決めた直後の卓球王国へのインタビューで、彼の目に関するコメントを拾ってみた。
「ボールが見えなかったし、1球のストレスがすごくて、どんなチャンスボールでもミスをしそうだった」「目の病気ではないので原因がわからない。光が反射して、ザワザワした感じでクリアに見えない」 
目が改善されなくて、オリンピックに行くのはしんどくない?
「オリンピックと言うよりは、これからのワールドツアーだと会場が暗くて本当にボールが見えない。手術もしたけど、いまだにボールが見えなくて、これからどうしていいのかわからない」

 全日本選手権で優勝したからこそ、水谷は目のことを正直に語ったのかもしれない。今回の合同の囲み取材でもそうだが、堰を切ったように目のことを語った水谷。今まで言いたくてもそれが言い訳に聞こえてしまうために、言えない苦しみを自ら口に出しているということなのだろう。

 しかし、今のままでは世界選手権でも、水谷が戦ったあとには常に目の質問が集中するだろう。暗い会場でスポットライトが入るようなコートでの見えにくさは、彼だけではなくほかの選手も感じている。それを口に出すかどうかは選手次第。もちろん、その目の不調の苦しみは彼にしかわからない。
「目のことは水谷しかわからないので、彼に寄り添っていくし、できるだけのことはしていく。ただ、なるべく卓球に集中する環境をつくってあげたい」と男子NTの倉嶋洋介監督は語った。

 その通り、今回の世界選手権で水谷は卓球に集中しなければならない。彼が戦う前に目のことが気になって集中力が落ち、最後の世界選手権個人戦で力を発揮できないことが心配だ。最後の世界個人戦で水谷隼という、日本卓球界の顔ともいうべき選手に後悔を残してほしくない。
 ブダペストで水谷が戦うべき相手は二人いる。ひとりはコートの向こうの相手であり、もうひとりは目の問題に逃げ込もうとする水谷自身なのだ。今はただ、ブダペスト大会のプレー環境が、彼にとって良好なものであることを願うばかりだ。(今野)
  • 2月のジャパントップ12でサングラスをかけてプレーする水谷

 4月10〜14日にフランス・メスでITTFジュニアサーキットプレミア・フランスジュニア&カデットオープンが開催。日本からは男子5選手、女子3選手が参加し、5種目で優勝と活躍を見せた。
 カデット男子シングルス決勝では愛工大名電中の同士討ちとなり、鈴木颯が吉山僚一を破って優勝。カデット女子では準決勝で赤江夏星(貝塚市立第二中)との同士討ちを制した横井咲桜(ミキハウスJSC)が決勝でもパバデ(フランス)をゲームオールでくだし頂点に立った。横井は赤江と組んだダブルスでも優勝し、今大会2冠を獲得した。

 ジュニア種目では男女ともに団体戦で優勝。シングルスでは頂点には届かなかったが、篠塚大登(愛工大名電中)と赤江がそれぞれ3位に入賞した。

 大会の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。 

■フランスジュニア&カデット記録
●ジュニア男子シングルス優勝:カツマン(ロシア) 3位:篠塚大登
●ジュニア女子シングルス優勝:パバデ(フランス) 3位:赤江夏星 
●ジュニア男子ダブルス優勝:グレブネフ/カツマン(ロシア)
●ジュニア女子ダブルス優勝:エイミー・ワン/クリスタル・ワン(アメリカ)  3位:赤江夏星/横井咲桜
● ジュニア男子団体優勝:日本(篠塚大登・鈴木颯・横谷晟) 
● ジュニア女子団体優勝:日本(小塩遥菜・赤江夏星・横井咲桜) 
● カデット男子シングルス優勝:鈴木颯 2位:吉山僚一
● カデット女子シングルス優勝:横井咲桜 3位:赤江夏星
●カデット男子ダブルス優勝:ベリク/ホーロ(チェコ/ドイツ) 
● カデット女子ダブルス優勝:赤江夏星/横井咲桜 
● カデット男子団体:フランスA 
● カデット女子団体:フランスA 
 03年世界選手権準優勝で、驚異的な守備範囲と鋭い攻撃で活躍した「カットの鉄人」、朱世爀(チュ・セヒュク)選手がTリーグ男子の琉球アスティーダに加入することが発表された。

 朱世爀は17年に一度現役を引退し、三星生命女子チームのコーチを務めていたが、韓国国内で新設されるKRA(韓国馬事会)男子卓球部の一員として現役に復帰することが伝えられていた。今季のTリーグ男子では、カット型の登録は同じ琉球の村松雄斗選手と、シーズン途中から木下に加入した侯英超選手のふたりだけ。すでに韓国NT(ナショナルチーム)からは外れている朱世爀選手だが、琉球にとっては貴重な戦力になると同時に、往年のカットプレーでファンを大いに沸かせてくれるだろう。

【朱 世赫選手コメント】
https://www.youtube.com/watch?v=zGBFsPl-uN0&feature=

沖縄のファンの皆様、こんにちは!チュ セヒョクです。
Tリーグでプレイし、皆さんにお会いできることになりました。
8月からの試合で期待してもらえると嬉しいです。
私とチームを応援をおねがいします。
全力を尽くして戦います。沖縄でお会いしましょう!
  • 17年のT2リーグでプレーする朱世爀選手

 4月13日、東京・赤羽のNTC(味の素ナショナルトレーニングセンター)で、世界選手権(個人戦)ブダペスト大会に出場する日本選手団の練習が公開され、記者会見が行われた。

 例年にも増して多くの報道陣が集結する中、最も注目が集まったのがアジアカップで右手薬指を傷めた張本智和の状態。4月8日に検査を受けた結果、診断は腱鞘炎(けんしょうえん)で、昨日から練習を再開している。
 「アジアカップの時よりは良くなっている。無理したら少し痛くなってしまいますが、練習は普通にできています。まだまだ感覚とかは足りないんですけど、練習できることがまず一番。これからもっと調整していきたい。規定練習以外はあまりやらないようにしています」(張本)

 この4月に高校1年になったばかりで、男子NT・NT候補選手の中でも最年少の張本だが、昨年計測した握力の数値はNTでもナンバーワン。利き手である右手の握力は57キロあるのだという。「ラケットをずっと強く握って振っていたので、その積み重ねだったり、強く握りすぎる部分もあるみたいです。世界選手権が終わってから、対策も考えたい」(張本)。

 8大会目の世界選手権個人戦となる水谷は、2020年東京五輪を最後に第一線を退くことを表明している。記者会見でも「世界選手権個人戦は今大会が最後になると思うので、最後の一球まで悔いのないプレーをしたいと思います」と抱負を語った。

 女子では、3種目に出場する伊藤が早田とのダブルス練習を中心に汗を流していた。好プレーには満面の笑顔でガッツポーズを決め、凡ミスには顔をしかめて自らを叱咤する。五輪前年のプレッシャーは少なからずあるはずだが、コートの中では全力で目の前の一球に取り組んでいる。
 
 「ミックスの試合をやった後に、練習せずに女子ダブルスの試合をやったりして、(3種目出場に備えて)1日の中で種目をいろいろ切り替えたりしています。
 カタールオープンで3種目出させてもらって、体はすごく元気なんですけど、頭がボーッとして動かなくなることがあった。まずは目の前の種目ごとの切り替えを早くして、自分の実力を出せるようにしたい。世界選手権は今年では一番大きい大会でもありますし、五輪選考にも絡む大会ですが、一大会として世界選手権に集中したい」(伊藤)

 日本選手団は4月15日に日本を出発。ドイツでの直前合宿を経て、19日にブダペストに入る予定だ。中国を筆頭に強力なライバルが揃うが、1枚でも多くのメダルを日本に持ち帰ってもらいたい。
  • 昨日から練習を再開した張本。練習の虫もスローペースで調整

  • 「最後の世界選手権個人戦」に臨む水谷

  • 笑顔が絶えない伊藤(右)/早田も、練習中はビシッと締める

  • 石川は7大会目の世界選手権個人戦となる

  • いざニッポン、出陣の時は来た!

 4月21日にスタートする世界選手権ブダペスト大会(個人戦)に日本からエントリーしていた混合ダブルスの張本智和・石川佳純組(木下グループ・全農)がエントリーを取り消し、前回の世界チャンピオンペア、吉村真晴(名古屋ダイハツ)・石川佳純組で再エントリーしたことが国際卓球連盟のWEBサイトで判明した。
 7日に終わったアジアカップの準々決勝のあと、右手薬指に違和感を訴えた張本智和。順位決定戦ではプレーしたものの、力の入らない状態となった。ブダペスト大会では3種目にエントリーしていた張本だが、本人への負担を軽くするためのエントリー取り消しと見られる。
 
 吉村・石川の混合ダブルスは、先の全日本選手権では早くに敗退したが、4年前の世界選手権では銀メダル、2年前に優勝している実績のあるペアだ。来年の東京五輪では初めて混合ダブルスが採用されるため、中国はじめ、各協会が混合ダブルスに力を入れている。
  • 前回チャンピオンの吉村真晴・石川佳純ペア

  • 17年世界選手権より

 4月6日(土)に香川県高松市のトキワテーブルテニス・タクティブ トキワ高松で「若宮三紗子さん講習会」が開催。当日は約120名が参加し、若宮さんのデモンストレーション、技術講習、トークショー、サイン会が行われた。

 若宮さんは地元香川県の出身ということもあり、「昔一緒に練習をしていた」という高齢の方も多く、5~90歳代という幅広い年齢層の方が参加。現役引退後に地元で初の講習会を行った若宮さんは「香川県にもTACTIVEができ、地元でも卓球が盛り上がっていることが嬉しい。小さいころはたくさんの方に練習していただきましたので、その恩を返せるように頑張ります!」と今後の意気込みも語ってくれた。

 技術講習後には、参加者全員が若宮さんから直接指導を受け、アドバイスを頂いた。「とてもわかりやすかった」「丁寧におしえてくれた」「入るようになった」など、指導も好評で盛り上がりをみせる講習会となった。
韓進グループ会長、韓国卓球協会会長を務める趙亮鎬(チョ・ヨンホ/70歳)が肺疾患の治療を受けていたアメリカで死去した。
趙氏は韓進グループの大韓航空社長、会長を歴任していたが、先月の大韓航空の株主総会で取締役再任案が否決されていた。

趙氏は2008年に韓国卓球協会会長に就任していた。来年に世界選手権釜山大会を控える韓国卓球界にとって、大きな痛手になるかもしれない。
  • 12年ロンドン五輪表彰式での趙亮鎬会長(写真中央)

アジアカップ横浜
●女子決勝
朱雨玲(中国)4(13、-4、5、8、-7、6)2陳夢(中国)

朱雨玲は世界ランキング2位でありながら、2週間後に迫った世界選手権のシングルスの出場から外れている。だからこそ、勝ちたいという気持ちがあふれ、自分の力を首脳陣に見せたかったのか。
ジュニア時代からともに国家チームの中核に成長した陳夢を決勝で、見事なラリー戦の末に制した。

「アジアカップで3連覇できるとは思っていませんでした。それよりもワールドカップのことを考えていました。陳夢とは小さい頃からずっと一緒にやってきているので、手の内はわかっています。今回は私のほうが勝ちたいという気持ちが少し強かったのでしょう。
(世界ランキング2位なのに世界選手権のシングルスにはでれませんが?)それはレベルの高い質問ですね。私は選手としてプレーに集中するしかありません」と優勝した朱雨玲のコメント。

●男子決勝
樊振東(中国)4(-9、10、-9、7、8、10)2 馬龍(中国)

故障による長い戦線離脱を余儀なくされた五輪金メダリスト、世界チャンピオンの馬龍。3月末のカタールオープンで見事な復活を果たし、このアジアカップでも見事なパフォーマンスを発揮。そのチャンピオンを迎え撃つのは世界ランキング1位の樊振東。この二人は2年前の世界選手権の決勝でも対戦し、馬龍が4-3で勝っている。

お互いが一歩も譲らない激しい打撃戦を展開。バック対バックでは両者のミスがなく、最後の勝負球はフォアハンドで決める。勝敗をかけた6ゲーム目、馬龍が強烈なフォアドライブを連打すれば、樊振東はバックドライブで対抗。8-7から馬龍がレシーブドライブで9-7にするもすぐに樊振東は9-9に追いつく。次の1本では樊振東が素晴らしい回り込みのフォアドライブを決めて、マッチポイントを奪う。
しかし、馬龍も回り込みのドライブを決め10-10。ここで樊振東はチキータを馬龍のフォアに決め、再びマッチポイント。最後は強烈なバック対バックのラリーから、樊振東がバックハンドでストレートに打ち抜き、2連覇を達成した。まるで世界選手権の前哨戦のような見事な決勝。樊振東が先輩の馬龍を下した。

樊振東のコメント
「去年も優勝して、今年も優勝できたことがとてもうれしい。決勝の3ゲーム目まではあまりプレーが良くなかったが、4ゲーム目から良いプレーができて、挽回することができた。馬龍はとても強い選手、最後は自分はとても良い状態だった。今まで負けているけど、過去の試合は考えないでどうやって勝つかだけを考えて、臨んだ。
2年前の世界選手権は2位だったが、今年はシングルスとダブルスで優勝を狙います。東京五輪にはでたいが、今は世界選手権のことに集中している」

●詳細は4月21日発売号で紹介
  • 3大会続けてアジアカップの栄冠を手にした朱雨玲

  • 馬龍との壮絶なラリー戦を制した樊振東

アジアカップ横浜2019
●3、4位決定戦
丹羽孝希(日本)4(7、3、-3、5、-9、8)2張本智和(日本)

 意外な結末だった。出足から丹羽がリードを奪い、3-1で丹羽がゲームを取った後に、張本がインジャリータイムを要求し、指を治療。5ゲーム目を張本が奪い返すも、4-2で丹羽が勝利した。
「出足が良くてゲームを2-0にして、3-1のところで張本がケガをしたらしく、ぼくも気を遣いました。張本らしいプレーがなかったので、残念な終わり方でした。試合前から張本の映像を見て、コース取りを考えていました」(丹羽)。

「カタールオープンの準々決勝が終わってから右手の薬指に痛みが出て、その後、病院には行かずマッサージや電気治療をしていた。準々決勝までは痛みがなかったけど、準決勝の樊振東戦の後に痛みが来て、今日は練習のフォア打ちの時から痛かった。5ゲーム目に入る時も倉嶋監督に、無理しなくてもいいと言われたけど、リードされている状態で棄権はしたくなかった。丹羽さんには万全な状態でも勝てるかどうかわからない。世界選手権までの2週間で良くなるかどうかはわからない。

(指が痛くて)チキータにも威力がでないし、打ち合いでも力が出ない状態。生活では大丈夫だけど、ラケットを握ると痛い状態。過去に肩を傷めたことはあるけど、指ははじめてです」(張本)。

 世界ランキング4位の張本は世界選手権シングルスでのシードを考えれば、メダル最短距離の選手だった。その選手にまさかの故障のアクシデント。大会まであと2週間という中で、どこまで回復できるだろうか。すでに3種目にエントリーしている張本だが、試合に出場できるのか、場合によってはシングルスのみに種目を絞ることも考えられる状況となった。
  • 丹羽はアグレッシブなプレーで張本を攻め込んだ

  • インチャージタイム中の張本

アジアカップ横浜2019
●女子5,6位決定戦 
杜凱琹(香港)4(-7、-10、8、7、-8、3、7)3 平野美宇(日本)
●女子3、4位決定戦
石川佳純(日本)4(10、12、-15、15、8 )1 馮天薇(シンガポール)

出足から世界10位の馮天薇を攻め続ける石川。1ゲーム目をジュースで取り、2ゲーム目も接戦。ジュースになり、13-12からロングサービスを馮天薇のミドルに思い切りだし、馮のレシーブがオーバーとなり、ゲームを連取した。
3ゲーム目は馮がリードを続け6-3。そこから石川はジリジリと追い上げ、7-7に追いつく。ゲームは三度ジュースになり、激しいラリーの末に17-15で馮天薇が取り返した。
4ゲーム目も一進一退が続く。このゲームもジュースにもつれこみ、強攻する石川としのぎまくる馮天薇。戦術と言うよりもメンタルの勝負になった試合。最後は石川が攻めきり17-15で取り、勝利に王手をかける。
5ゲーム目は石川の流れだった。ラリー戦での思い切りよいひと振りが冴え渡り、11-8で勝利。両手を挙げて観客に応えた。
「ずっと厳しい展開でタフな試合でした。昨日の試合よりも自信を持ってできたし、3位に入ってうれしい。馮天薇には一昨日負けていて、逆に思い切ってできました。作戦も思い切り変えました。それはコース取りだったり、ボールの緩急です。負けた前回はバックハンドで自分のフォアを攻められたが、今日は逆に相手のフォアを攻めていけたし、先に先に攻めていけた」(石川)。
  • 予選グループの借りを返して3位入賞を決めた石川