卓球王国10月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
●男子1部プレーオフ準決勝第1戦  ※()内はレギュラーシーズン順位
<オクセンハウゼン(1位) 3-1 ベルクノイシュタッド(4位)>
○カルデラノ 8、9、8 ドリンコール
 ゴーズィ 8、-7、-9、8、-9 ロブレス○
○フェガール 8、9、4 ドゥダ
○カルデラノ 2、7、-9、10 ロブレス

<ザールブリュッケン(3位) 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ(2位)>
 ポランスキー 8、-6、-4、9、-3 ボル○
○フランチスカ 12、7、7 アチャンタ
 ヨルジッチ -7、-5、-7 K.カールソン○
○フランチスカ 8、6、11 ボル
○ヨルジッチ/ポランスキー 3、6、-9、9 アチャンタ/K.カールソン


 ドイツ・ブンデスリーガ1部はプレーオフ準決勝がスタート。準決勝は3試合制で開催される。
 レギュラーシーズン1位のオクセンハウゼンは、今シーズン躍進を見せてプレーオフに進んだベルクノイシュタッドから先勝。ゴーズィ(フランス)がロブレス(スペイン)に敗れる誤算も、カルデラノ(ブラジル)が2得点の活躍でベルクノイシュタッドを振り切った。
 昨シーズンまで5連覇中のボルシア・デュッセルドルフはザールブリュッケンに競り負け、後がなくなった。ザールブリュッケンはエースのフランチスカ(ドイツ)がシングルスで2点取り、若手のヨルジッチ(スロベニア)とポランスキー(チェコ)がラストのダブルスを締めて3選手全員でポイントを奪って勝利をあげた。
 準決勝第2戦はザールブリュッケンvs.ボルシア・デュッセルドルフが4月5日、ベルクノイシュタッドvs.オクセンハウゼンが4月7日に開催される。
  • 2得点で勝利に貢献したカルデラノ(写真は2018年ワールドツアー・グランドファイナル)

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
●女子準決勝第2戦
<タルノブジェク(ポーランド) 3-1 フロシュベルグ(オーストリア)>
○ハン・イン 4、7、1 ベリストロム
 顧若辰 13、-4、-5、-7 ポルカノバ○
○リー・チェン 5、11、10 蘇慧音
○ハン・イン 5、6、-7、7 ポルカノバ
※準決勝第1戦/タルノブジェク 3-1 フロシュベルグ
→2戦合計の結果、フロシュベルグが決勝進出

<Dr.チャッスル(クロアチア) 3-1 ベルリン・イーストサイド(ドイツ)>
○ユ・フ -6、3、6、9 エクホルム
○杜凱琹 -12、-4、9、7、7 ポータ
 倪夏蓮 -8、-9、-8 シャン・シャオナ○
○ユ・フ 6、-3、6、-10、13 ポータ
※準決勝第1戦/ベルリン・イーストサイド 3-1 Dr.チャッスル
→2戦合計の結果、Dr.チャッスルが決勝進出

 ヨーロッパチャンピオンズリーグは女子も準決勝第2戦が終了し、決勝のカードが決定。まずはタルノブジェクが2連勝で決勝進出。第1戦に続き、ハン・イン(ドイツ)が2得点の活躍を見せて過去2度の優勝を誇るフロシュベルグを退けた。
 準決勝もうひと試合は昨シーズンの覇者・Dr.チャッスルが決勝へ。第1戦を落としていたDr.チャッスルだったが、この日はベテランのユ・フ(ポルトガル)が2勝と奮闘。第1戦には出場していなかった杜凱琹(香港)もポータ(ハンガリー)から逆転勝ちを収め勝利に貢献。逆転で決勝への切符をつかみとった。2シーズンぶり5度目の王座を目指したベルリン・イーストサイドだったが、昨シーズンに続き準決勝でチャンピオンズリーグを去った。
 これで決勝戦はDr.チャッスルとタルノブジェクのカードに決定。昨シーズンも両チームはプレーオフ準決勝で対戦し1勝1敗。第1戦はタルノブジェクが3-2で勝利するも、第2戦を3-1で奪ったDr.チャッスルが逆転で決勝進出を決め、そのままクロアチアクラブ初のチャンピオンズリーグ制覇を達成した。タルノブジェクは2016/2017、2015/2016に2シーズン続けて準優勝があるものの、優勝はゼロ。昨シーズンのリベンジを果たし、初優勝をつかみ取れるか。
  • ポータに競り勝ち、貴重な得点をあげた杜凱琹(写真はTリーグでのプレー)

  • ハン・インは2得点の活躍で決勝進出に貢献(写真はTリーグでのプレー)

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
男子準決勝第2戦
<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-2 UMMC(ロシア)>
○K.カールソン 5、-7、5、5 グルーツ
○ボル 6、6、-5、-12、11 方博
 O.アサール -12、8、-4、-8 ガチーナ○
 K.カールソン 7、-6、-3、5、-9 方博○
○シェルベリ 9、-6、-7、12、9 グルーツ
※準決勝第1戦/UMMC 3-1 ボルシア・デュッセルドルフ
→2戦合計の結果、UMMCが決勝進出

<オレンブルク(ロシア)3-1 アンジェ(フランス)>
 オフチャロフ -6、-9、10、-8 ルンクイスト○
○フレイタス 11、11、8 Jon.パーソン
○サムソノフ -12、7、9、9 ジェラルド
○オフチャロフ -3、11、-7、1、11 Jon.パーソン
※準決勝第1戦/オレンブルク 3-2 アンジェ
→2戦合計の結果、オレンブルクが決勝進出

 ヨーロッパチャンピオンズリーグは準決勝第2戦が終了。決勝戦はUMMCとオレンブルクのロシア対決に決定した。
 昨シーズンのチャンピオン、ボルシア・デュッセルドルフは第2戦で勝利するも2戦合計の結果、準決勝で敗退。2番を終えて2-0とリードし、ストレートで勝利すれば逆転で決勝進出だったがUMMCはガチーナ(クロアチア)が競り勝ち、第1戦で2得点を叩き出した方博(中国)がK.カールソン(スウェーデン)を退け決勝進出を決めた。
 第1戦で苦しみながらもアンジェを振り切ったオレンブルクは2連勝で3シーズン連続の決勝進出を決めた。接戦を勝ち上がってきたアンジェだったが、惜しくも準決勝で敗退。とはいえ、第1戦ではオレンブルクを追いつめ、第2戦も好ゲームを展開するなどチャンピオンズリーグを盛り上げた。
【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<グレンツァオ 3-2 ブレーメン>
○ゲラシメンコ 10、8、9 ランビエ
○リンド 7、8、-9、5 シュテガー
 ボボチーカ -9、-6、-5 スッチ○
 ゲラシメンコ -3、-10、-5 シュテガー○
○ボボチーカ/リンド 10、12、7 ツボイ/スッチ

<ケーニヒスホーフェン 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ>
○及川 -8、9、11、-5、7 ボル
○マジョロス 7、-9、9、8 シェルベリ
 オルト -6、-8、-7 K.カールソン○
 マジョロス -9、-2、-5 ボル○
○及川/オルト -6、-6、2、12、3 K.カールソン/シェルベリ
★及川瑞基通算成績:単18勝9敗/複1勝1敗

<フルダ・マーバーツェル 3-2 オクセンハウゼン>
 王熹 9、-10、-10、7、-8 フェガール○
 プツァル 9、-5、-6、-10 ゴーズィ○
○フィルス 7、7、4 ディヤス
○プツァル 10、8、14 フェガール
○王熹/フィルス 8、8、14 ゴーズィ/ディヤス

<ザールブリュッケン 3-1 ベルクノイシュタッド>
○廖振珽 5、8、-5、15 シドレンコ
 ポランスキー -12、-3、6、12、-9 ロブレス○
○ヨルジッチ 6、-4、-6、9、11 ドリンコール
○ポランスキー 8、6、6 シドレンコ

<ミュールハウゼン 3-1 ユーリッヒ>
○メンゲル 3、5、6 アレグロ
 イオネスク -10、5、-7、-4 クレイン○
○Da.ハベソーン 11、7、-5、3 デヴォス
○イオネスク 5、-9、-11、8、6 アレグロ


◆男子1部順位表(全日程終了)
1位:オクセンハウゼン(16勝4敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(15勝5敗)
3位:ザールブリュッケン(15勝5敗)
4位:ベルクノイシュタッド(14勝6敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフ進出~~~~~~
5位:フルダ・マーバーツェル(12勝8敗)
6位:ミュールハウゼン(11勝9敗)
7位:グリューンヴェッターズバッハ(8勝12敗)
8位:ケーニヒスホーフェン(7勝13敗)
9位:グレンツァオ(7勝13敗)
10位:ブレーメン(5勝15敗)
11位:ユーリッヒ(0勝20敗)

◆男子個人成績TOP5
1位:フランチスカ(ザールブリュッケン/23勝4敗)
2位:シュテガー(ブレーメン/23勝10敗)
3位:K.カールソン(ボルシア・デュッセルドルフ/16勝6敗)
4位:Da.ハベソーン(ミュールハウゼン/19勝10敗)
5位:及川瑞基(ケーニヒスホーフェン/18勝9敗)


 2018/2019シーズンのドイツ・ブンデスリーガ男子1部はレギュラーシーズン全日程が終了。最終戦に出場した及川瑞基(専修大)はボル(ドイツ)を下す殊勲の勝利。ラストのダブルスでも今シーズン初勝利をあげ、単複2得点でチームを最終戦勝利に導いた。及川の今シーズンの最終成績はシングルス18勝9敗で個人成績5位にランクイン。1部初挑戦となった昨シーズンは9勝に留まったが大きく勝ち星を伸ばし、ドイツでの成長ぶりをアピールした。
 前節終了時点でプレーオフに進む4チームは決定済みだったがレギュラーシーズン1位はオクセンハウゼン。昨シーズンのチャンピオン、ボルシア・デュッセルドルフは2位からの6連覇を目指す。プレーオフ準決勝は3試合制で行われ、3月23日のオクセンハウゼンvs.ベルクノイシュタッド、3月24日のボルシア・デュッセルドルフvs.ザールブリュッケンからスタートする。
  • 18勝をあげて2年目のシーズンを終えた及川(写真は2018年度全日本選手権)

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆女子準決勝第1戦
<ベルリン・イーストサイド(ドイツ) 3-2 Dr.チャッスル(クロアチア)>
○シャン・シャオナ 3、3、8 リー・ジエ
○エクホルム 5、8、11 劉高陽
 ミッテルハム -7、-10、9、-7 ユ・フ○
 シャン・シャオナ 8、-4、-6、-9 劉高陽○
○エクホルム 9、13、-5、9 リー・ジエ

<タルノブジェク(ポーランド) 3-1 フロシュベルグ(オーストリア)>
○リー・チェン -12、6、6、3 蘇慧音
 ハン・イン -9、-7、-6 ベリストロム○
○サマラ -6、7、-6、9、6 ポルカノバ
○ハン・イン 7、5、1 蘇慧音

 ヨーロッパチャンピオンズリーグは男子に続き、女子も準決勝第1戦が行われた。2連覇を目指すDr.チャッスルと2シーズンぶりの王者を狙うベルリン・イーストサイドの対戦はベルリン・イーストサイドが先勝。エクホルム(スウェーデン)が2014年ユース五輪金メダルの劉高陽(中国)を破る殊勲の勝利。エクホルムはラストでもリー・ジエ(オランダ)のカットを打ち抜き、Dr.チャッスルに競り勝った。
 もうひと試合は昨シーズン3位のタルノブジェクがフロシュベルグを下す。フロシュベルグはこの日2点起用の蘇慧音(香港)がカット2人に敗れる誤算。3番でサマラ(ルーマニア)がポルカノバ(オーストリア)を接戦で下したポイントも大きかった。タルノブジェクが2シーズンぶりの決勝進出に王手をかけた。ちなみにタルノブジェクのハン・イン(ドイツ)とサマラ、Tリーグのトップおとめピンポンズ名古屋でもチームメイト。

 準決勝第2戦は3月22〜24日に開催される。
  • 今シーズン加入のエクホルムが2得点(写真は2018年世界選手権)

  • 蘇慧音を下して試合を決めたハン・イン(写真はTリーグでのプレー時)

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<グレンツァオ 3-1 ミュールハウゼン>
○リンド 9、-8、6、-7、7 Da.ハベソーン
○ゲラシメンコ 8、-8、8、9 ヤンカリク
 ボボチーカ -1、12、-7、-12 メンゲル○
○ゲラシメンコ 7、-10、-9、9、9 Da.ハベソーン

<ザールブリュッケン 3-0 ユーリッヒ>
○廖振珽 7、7、8 クレイン
○ラスムッセン 7、3、7 デヴォス
○フランチスカ 5、9、6 アレグロ

<グリューンヴェッターズバッハ 3-0 ベルクノイシュタッド>
○トキッチ 5、-10、7、7 ドゥダ
○チウ・ダン 4、7、-6、6 ロブレス
○ワルサー 3、8、9 ドリンコール

<オクセンハウゼン 3-1 ケーニヒスホーフェン>
 フェガール -11、7、-8、-5 及川○
○カルデラノ 6、4、8 オルト
○ディヤス -8、5、2、-9、2 ゼリコ
○カルデラノ 9、6、-9、-8、5 及川
★及川瑞基通算成績:単17勝9敗/複0勝1敗

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 ブレーメン>
 O.アサール -11、-9、9、-2 シュテガー○
○K.カールソン 3、-6、6、-5、8 ランビエ
○シェルベリ -8、5、10、13 スッチ
 K.カールソン -6、-7、-6 シュテガー○
○O.アサール/シェルベリ 6、1、6 ランビエ/スッチ

◆男子1部順位表(3月10日時点)
1位:オクセンハウゼン(16勝3敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(15勝4敗)
3位:ザールブリュッケン(14勝5敗)
4位:ベルクノイシュタッド(14勝5敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフ進出~~~~~~
5位:フルダ・マーバーツェル(11勝8敗)
6位:ミュールハウゼン(10勝9敗)
7位:グリューンヴェッターズバッハ(8勝12敗)
8位:ケーニヒスホーフェン(6勝13敗)
9位:グレンツァオ(6勝13敗)
10位:ブレーメン(5勝14敗)
11位:ユーリッヒ(0勝19敗)


 レギュラーシーズンも残りわずかとなったドイツ・ブンデスリーガ。グリューンヴェッターズバッハは今節を持って全20試合を消化し、他チームも残り1試合を残すのみとなった。プレーオフに進む4チームはすでに決定済みで、これまでなかなか上位に絡めないでいたベルクノイシュタッドがプレーオフ進出と躍進を見せている。今シーズンより1部に復帰したユーリッヒは19節を終えて全敗。最終戦で何とか勝利したところだ。
 1部2シーズン目のプレーとなった及川瑞基(専修大)はこの日もフェガール(オーストリア)に勝利し、カルデラノ(ブラジル)相手にもフルゲームと善戦。昨シーズンは7勝19敗に終わったが、今シーズンはすでに17勝をあげ、昨シーズンの勝ち星を大きく上回っている。現在の個人成績順位は7位。最終戦の結果次第では3位も見えてくる。
【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆男子準決勝第1戦
<UMMC(ロシア) 3-1 ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)>
○方博 5、8、2 シェルベリ
○グルーツ 10、10、-9、10 ボル
 シバエフ -6、9、-9、-9 K.カールソン○
○方博 -11、-7、4、6、4 ボル

<オレンブルク(ロシア) 3-2 アンジェ(フランス)>
 閣安 9、-10、-7、13、-6 Jon.パーソン○
 オフチャロフ -9、4、-8、9、-7 ルンクイスト○
○フレイタス 9、-10、6、10 ジェラルド
○オフチャロフ -5、8、-11、5、2 Jon.パーソン
○閣安 6、14、4 ルンクイスト


 昨シーズン優勝のボルシア・デュッセルドルフはUMMCに敗戦。K.カールソン(スウェーデン)を3番に置き、ボル(ドイツ)の2得点にかけたが、そのボルが2失点。UMMCは今シーズンからチームに加入したグルーツ(デンマーク)が2番で競り勝ち、2シーズンぶりに復帰の方博(中国)が2得点と新戦力が活躍を見せた。後がなくなったボルシア・デュッセルドルフ。3月21日にホームで行われる第2戦での逆転を目指す。
 準決勝もうひと試合は優勝候補のオレンブルクを伏兵・アンジェが追いつめた。Jon.パーソンとルンクイスト、スウェーデンのベテラン2人が閣安(中国)、オフチャロフ(ドイツ)を下す活躍で前半で2-0とリード。しかし3番のポルトガル対決をフレイタスが制すとオフチャロフが逆転勝利、ラストは閣安が地力を見せてルンクイストに完勝し、オレンブルクが何とか初戦を勝利で飾った。下馬評は高くない中、グループリーグを4勝2敗で何とか通過し、準決勝まで勝ち上がったアンジェの健闘は見事。ちなみに2014/2015シーズンには松平賢二(協和発酵キリン)もアンジェでプレー。
  • 2点取りの方博。4番でボルに勝利(写真は2017年ジャパンオープン)

  • Jon.パーソンは閣安を下し、オフチャロフにも迫った(写真は2018年世界選手権)

 昨週末、欧州各国では国内選手権ウィーク。日本とは違い国家代表クラスが欠場することも多いが、やはりナショナルチャンピオンの座をかけた戦いは熱く、各国で盛り上がりを見せた。主要国の優勝者は下記のとおり。

【ドイツ】
●男子
優勝:ボル
準優勝:フランチスカ
3位:シュテガー、チウ・ダン
●女子
優勝:ミッテルハム
準優勝:P.ゾルヤ
3位:ヴィンター、ラング

【オーストリア】
●男子
優勝:ガルドス
●女子
優勝:リウ・ユアン

【スウェーデン】
●男子
優勝:モアガルド
●女子
優勝:ベリストロム

【フランス】
●男子
優勝:アックズ
●女子
優勝:ユアン・ジャナン

【ベルギー】
●男子
優勝:ニュイティンク
●女子
優勝:デグラーフ

【ルーマニア】
●男子
優勝:イオネスク
●女子
優勝:モンテイロ-ドデアン

【ポーランド】
●男子
優勝:チョイノウスキー
●女子
優勝:バヨル

【クロアチア】
●男子
優勝:ガチーナ
●女子
優勝:ペテク

【チェコ】
●男子
優勝:シルチェク
●女子
優勝:マテロバ

【スロベニア】
●男子
優勝:ヨルジッチ
●女子
優勝:トファント

【ハンガリー】
●男子
優勝:シューディ
●女子
優勝:ペルゲル

【イングランド】
●男子
優勝:ピチフォード
●女子
優勝:ツァプチノス

【ポルトガル】
●男子
優勝:カルバリョ
●女子
優勝:サントス

【ベラルーシ】
●男子
優勝:ハニン
●女子
優勝:トリゴロス

【ロシア】
●男子
優勝:ガディエフ
●女子
優勝:クレキナ

【デンマーク】
●男子
優勝:リンド
●女子
優勝:クリステンセン


 ドイツではボルが自身の持つ最多優勝記録を更新する13回目の優勝。ITTFの大会スケジュールの過密化、所属するボルシア・デュッセルドルフでのプレーとの兼ね合いもあり、今大会を最後のドイツ選手権出場と語っていたボルだが、見事有終の美を飾った。ドイツ選手権は最後とはいえ、モチベーションは2020年の東京オリンピックに向いており、ボルシア・デュッセルドルフとはオリンピック後の2022年まで契約を結んでいる。3月8日に37歳の誕生日を迎えるボルだが、そのプレーと情熱はまだまだ衰えない。

 また、ドイツの女子シングルスでは22歳のミッテルハムがP.ゾルヤに勝利して初の女王に輝いた。スウェーデンでは男子シングルスでモアガルドが準決勝でファルク、決勝でK.カールソンを下して優勝。ロシアの女子シングルスでは37歳のベテラン、クレキナが驚きの初優勝を果たしている。
  • 13回目の優勝を飾ったボル(写真は2018年ジャパンオープン)

 終盤戦に入ったドイツ・ブンデスリーガ。男子1部の試合に及川瑞基(専修大)、2部の試合に金光宏暢(大原学園)が出場した。試合の結果は下記のとおり。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ>
○フェガール 8、4、7 ゲラシメンコ
○ゴーズィ 5、7、8 リンド
○ディヤス -8、3、4、8 ボボチーカ

<ベルクノイシュタッド 3-2 ブレーメン>
○ドゥダ 4、6、5 ランビエ
 ドリンコール -6、-3、4、14、-7 シュテガー○
○ロブレス 8、8、9 ツボイ
 ドゥダ -8、-7、-9 シュテガー○
○ドリンコール/ロブレス 10、-2、-5、3、3 ツボイ/スッチ

<ケーニヒスホーフェン 3-2 ユーリッヒ>
○オルト 11、-9、6、-8、7 アレグロ
 及川 -11、11、8、-12、-8 デヴォス○
 マジョロス -7、10、9、-5、-2 クレイン○
○及川 7、8、9 アレグロ
○オルト/マジョロス -5、-7、7、7、7 デヴォス/クレイン
★及川瑞基通算成績:単15勝7敗/複0勝1敗

<フルダ・マーバーツェル 3-1 ミュールハウゼン>
 ムン・チンユ -7、-15、6、-9 Da.ハベソーン○
○プツァル 8、6、9 メンゲル
○フィルス -4、7、11、-5、10 イオネスク
○プツァル 6、9、-7、6 Da.ハベソーン

<ザールブリュッケン 3-1 グリューンヴェッターズバッハ>
○フランチスカ 6、10、6 チウ・ダン
○ポランスキー -9、-8、7、11、6 トキッチ
 ヨルジッチ -8、11、6、-6、-17 ワルサー○
○フランチスカ -9、4、4、-6、9 トキッチ

◆男子1部順位表(2月12日時点)
1位:オクセンハウゼン(13勝3敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(13勝3敗)
3位:ベルクノイシュタッド(12勝4敗)
4位:ザールブリュッケン(11勝5敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフへ~~~~~~
5位:ミュールハウゼン(10勝6敗)
6位:フルダ・マーバーツェル(10勝7敗)
7位:ケーニヒスホーフェン(6勝11敗)
8位:グレンツァオ(5勝11敗)
9位:グリューンヴェッターズバッハ(5勝12敗)
10位:ブレーメン(5勝12敗)
11位:ユーリッヒ(0勝16敗)

 ブンデスリーガ1部は全22節のうち第18節までを消化。オクセンハウゼンが勝利し、18節でゲームのなかったボルシア・デュッセルドルフと勝敗で並び、得失点差でオクセンハウゼンが首位に躍り出た。プレーオフ出場権争いは昨シーズンまで下位に甘んじていたベルクノイシュタッド、ミュールハウゼンが健闘中。プレーオフ常連のザールブリュッケン、フルダ・マーバーツェルと上位争いを演じている。


男子2部
<ザールブリュッケンⅡ 6-4 バート・ハム>
 金光 -7、7、-2、-10 ラスムッセン○
 金光 -5、-6、-12 セメノフ○
★金光宏暢通算成績:単2勝6敗/複1勝3敗
 2018/2019シーズンのヨーロッパチャンピオンズリーグは男女ともに準々決勝の第2戦が行われ、ベスト4が出揃った。昨シーズン優勝のボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)、Dr.チャッスル(クロアチア)などが準決勝へと進んだ。

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
男子準々決勝第2戦
<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-1 ボゴリア(ポーランド)>
○ボル -9、8、9、5 シルチェク
 シェルベリ -9、-10、-4 吉田海偉○
○K.カールソン 7、5、7 バドウスキー
○ボル 5、8、9 ギオニス
★2戦合計の結果、ボルシア・デュッセルドルフが準決勝進出

<オレンブルク(ロシア) 3-2 ポントワーズ(フランス)>
 閣安 7、-10、-12、9、-9 ファルク○
○オフチャロフ 8、4、4 アックズ
○サムソノフ 5、11、7 フロール
 フレイタス -7、-9、8、-6 アックズ○
○オフチャロフ 7、8、8 ファルク
★2戦合計の結果、オレンブルクが準決勝進出

<ミュールハウゼン(ドイツ) 3-2 UMMC(ロシア)>
 ヤンカリク -9、-4、-13 方博○
○Da.ハベソーン -12、9、-10、9、10 ガチーナ
○イオネスク 6、12、3 シバエフ
 Da.ハベソーン 9、-7、6、-9、-4 方博○
○ヤンカリク 6、11、8 ガチーナ
★2戦合計の結果、UMMCが準決勝進出

<アンジェ(フランス) 3-0 ウォルターヴェルス(オーストリア)>
○ランドリエ 11、9、6 シューディ
○ジェラルド 4、5、5 コズル
○Jon.パーソン 7、7、3 フリードリッヒ
★2戦合計の結果、アンジェが準決勝進出

女子準々決勝第2戦
<ベルリン・イーストサイド(ドイツ) 3-0 ホドニーン(チェコ)>
○ポータ 10、-9、7、-5、4 パルティカ
○シャン・シャオナ -3、11、6、-10、8 バチェノフスカ
○ミッテルハム -9、9、6、9 郭芮辰
★2戦合計の結果、ベルリン・イーストサイドが準決勝進出

<フロシュベルグ(オーストリア) 3-2 メス(フランス)>
○ポルカノバ 2、5、6 グルンディシュ
 蘇慧音 -9、-9、6、-2 ディン・ヤピン○
○ベリストロム -6、11、8、-5、3 シャスラン
 ポルカノバ -4、9、13、-5、-4 ディン・ヤピン○
○蘇慧音 5、6、8 グルンディシュ
★2戦合計の結果、フロシュベルグが準決勝進出

<タルノブジェク(ポーランド) 3-1 スポルティング>
 ハン・イン 7、-9、-7、8、-3 リー・フェン○
○顧若辰 9、4、5 モンテイロ-ドデアン
○リー・チェン 1、6、3 バーテル
○ステファンスカ 11、-7、-5、8、12 モンテイロ-ドデアン
★2戦合計の結果、タルノブジェクが準決勝進出

 男子は昨シーズン王者のボルシア・デュッセルドルフ、準優勝のオレンブルクが準決勝進出。第1戦を落としたミュールハウゼンは第2戦で勝利するも、得失ゲームでUMMCが準決勝へ。UMMCは2シーズンぶりに復帰の方博(中国)の活躍が光った。アンジェは準々決勝2試合ともストレート勝ちでベスト4に進んだ。ボゴリア所属の吉田海偉(東京アート)は第1戦に続いて勝利するも、またもやボル(ドイツ)に2得点を奪われて準々決勝で終戦となった。準決勝の対戦カードはボルシア・デュッセルドルフ対UMMC、オレンブルク対アンジェとなった。
 女子はすでに準決勝進出を決めた前回女王のDr.チャッスル(クロアチア)に続き、4度の優勝を誇るベルリン・イーストサイドがベスト4入り。第1戦は1-3で敗れていたが、第2戦は1、2番が競り勝ち逆転で準決勝進出となった。フロシュベルグは第1戦に続き3-2で勝利。タルノブジェクは主軸のハン・インが敗れる中、層の厚さを見せてベスト4進出を決めた。女子準決勝の対戦はDr.チャッスル対ベルリン・イーストサイド、タルノブジェク対フロシュベルグ。
 男女ともに準決勝第1戦は3月6〜10日、第2戦は3月20〜24日に開催される。