卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
 世界選手権代表選考会、全日本選手権などで欠場していた及川瑞基(専修大)が久々に出場。この試合まで14勝を積み重ねていた及川だったが、イオネスク(ルーマニア)、Da.ハベソーン(オーストリア)に惜敗、連勝は6に途切れた。また2部の試合にも宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が出場している。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<グリューンヴェッターズバッハ 3-1 グレンツァオ>
 グナナセカラン -11、-8、9、-4 リンド○
○ワルサー 3、3、12 ゲラシメンコ
○チウ・ダン 12、6、5 ボボチーカ
○グナナセカラン 2、2、5 ゲラシメンコ

<フルダ・マーバーツェル 3-2 ザールブリュッケン>
 フィルス 5、-3、-9、-5 ヨルジッチ○
○プツァル -7、9、13、6 フランチスカ
○王熹 7、7、1 ポランスキー
 フィルス -10、10、-9、-8 フランチスカ○
○プツァル/ムン・チンユ 6、7、-6、7 ヨルジッチ/ポランスキー

<ミュールハウゼン 3-2 ケーニヒスホーフェン>
○イオネスク 4、10、-10、-11、9 及川
 Da.ハベソーン 9、-8、-9、6、-9 オルト○
 メンゲル -8、3、5、-10、-7 マジョロス○
○Da.ハベソーン -4、-9、9、10、7 及川
○イオネスク/ヤンカリク 10、13、12 オルト/マジョロス
★及川瑞基通算成績:単14勝6敗/複0勝1敗

<ブレーメン 3-0 ユーリッヒ>
○シュテガー 2、2、7 デヴォス
○ランビエ 8、6、10 アレグロ
○ツボイ -9、6、7、6 クレイン

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 ベルクノイシュタッド>
○ボル 7、10、-5、6 ドリンコール
○O.アサール 9、-4、8、9 ロブレス
○K.カールソン 6、4、6 ドゥダ

◆男子1部順位表(1月27日時点)
1位:ボルシア・デュッセルドルフ(13勝3敗)
2位:オクセンハウゼン(12勝3敗)
3位:ベルクノイシュタッド(11勝4敗)
4位:ザールブリュッケン(10勝5敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフへ~~~~~~
5位:ミュールハウゼン(10勝5敗)
6位:フルダ・マーバーツェル(9勝7敗)
7位:グレンツァオ(5勝10敗)
8位:グリューンヴェッターズバッハ(5勝11敗)
9位:ブレーメン(5勝11敗)
10位:ケーニヒスホーフェン(5勝11敗)
11位:ユーリッヒ(0勝15敗)


男子2部
<バート・ハム 6-2 ツェレ>
○宇田/エロワ 7、3、-8、-10、7 マイスナー/シュ・ジャニク
○宇田 -4、12、6、1 ヒップラー
○宇田 3、4、12 マイスナー
★宇田幸矢通算成績:単2勝1敗/複1勝1敗
  • 競り合いを落とした及川(写真は2018年度全日本)

 2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグは、準々決勝第1戦が欧州各地で開催。ボゴリア(ポーランド)所属の吉田海偉(東京アート)は前回王者のボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)に挑んだ。

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆男子準々決勝第1戦
<オレンブルク(ロシア) 3-0 ポントワーズ(フランス)>
○フレイタス -7、-7、12、9、9 ファルク
○オフチャロフ 5、-15、8、-4、6 フロール
○サムソノフ 5、4、4 アックズ

<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-1 ボゴリア(ポーランド)>
 K.カールソン -5、-3、-10 吉田○
○ボル 9、6、6 シルチェク
○シェルベリ -6、-8、7、4、8 ギオニス
○ボル 5、6、6 吉田

<UMMC(ロシア) 3-2 ミュールハウゼン(ドイツ)>
○ガチーナ 6、6、-8、8 Da.ハベソーン
○方博 -9、3、10、13 ヤンカリク
 グルーツ 8、-9、4、-7、-1 イオネスク○
 方博 7、-7、-10、-7 Da.ハベソーン○
○ガチーナ 6、-9、3、7 ヤンカリク

<アンジェ(フランス) 3-0 ウォルターヴェルス(オーストリア)>
○ルンクイスト 9、-7、6、4 コズル
○ジェラルド 8、9、5 シューディ
○ランドリエ 6、2、4 プラットナー

 吉田はトップで世界ランキング24位のK.カールソン(スウェーデン)に快勝するも、4番でボル(ドイツ)に敗戦。ギオニス(ギリシャ)が古巣相手に健闘を見せたが、チームも初戦を落とした。王座奪還を狙うオレンブルクは競り合いながらもアウェーでポントワーズにストレートで勝利。ブンデスリーガでも好調のミュールハウゼンはUMMC相手に好ゲームを展開するも惜敗。ロシアで行われる第2戦での逆転にかける。


◆女子準々決勝第1戦
<ホドニーン(チェコ) 3-1 ベルリン・イーストサイド(ドイツ)>
○ 郭芮辰 -6、10、9、11 ポータ
○バチェノフスカ 8、5、-3、5 シャン・シャオナ
 パルティカ -7、13、-12、-4 ミッテルハム○
○ 郭芮辰 -7、-8、9、4、8 シャン・シャオナ

<Dr.チャッスル(クロアチア) 3-0 クレールフォンテーヌ(フランス)>
○リー・ジエ 10、5、9 シャオ・ジエニ
○ユ・フ 3、4、7 ドルギフ
○杜凱琹 4、8、8 マテロバ

<フロシュベルグ(オーストリア) 3-2 メス(フランス)>
○蘇慧音 -7、9、3、7 ディン・ヤピン
○ポルカノバ 11、4、13 ディアコヌ
 ベリストロム -8、-4、13、-7 グルンディシュ○
 ポルカノバ -7、-9、-5 ディン・ヤピン○
○蘇慧音 8、6、9 ディアコヌ

<タルノブジェク(ポーランド) 3-1 スポルティング(ポルトガル)>
 サマラ 9、-5、-10、-2 モンテイロ-ドデアン○
○ハン・イン 6、-12、-9、7、6 リー・フェン
○リー・チェン 2、9、2 バーテル
○ハン・イン 7、9、8 モンテイロ-ドデアン

◆女子準々決勝第2戦
<クレールフォンテーヌ 3-1 Dr.チャッスル>
 イアコブ -10、-7、-8 倪夏蓮○
○シャオ・ジエニ 9、-6、-6、10、8 リー・ジエ
○ドルギフ 9、6、-9、-8、8 杜凱琹
○イアコブ 6、5、-8、7 リー・ジエ
→2戦合計の結果、Dr.チャッスルが準決勝進出

 準々決勝第1戦は各チームとも主力が出場。昨シーズン、クロアチアのクラブ初のECL優勝を果たしたDr.チャッスルは第1戦にストレートで勝利、第1戦の翌日開催された第2戦を1-3で落としたものの、2戦合計の成績で準決勝進出を決めた。昨シーズン3位のタルノブジェクは勝利を上げたものの、4度のECL優勝を誇るベルリン・イーストサイドはホドニーンに苦杯。出産から復帰のシャン・シャオナ(ドイツ)が2敗と精彩を欠いた。

 男女ともに残りの準々決勝第2戦は2月上旬〜中旬にかけて行われる。
  • まだまだ実力健在の吉田、K.カールソンに勝利

1月5、6日に2018/19 ドイツカップ・ファイナル4が行われ、男子はオクセンハウゼン、女子はコルバーモアが優勝を果たした。この試合はブンデスリーガに所属する各部のチームが混じってタイトルを争うカップ戦。優勝チームが決まるこのゲームには4000人を越える観衆が詰めかけた。男子は前回大会まで6連覇中だったボルシア・デュッセルドルフが準々決勝でグリューンヴェッターズバッハに敗れる波乱があった中、オクセンハウゼンが2004年以来のタイトル獲得。女子は5連覇を狙ったベルリン・イーストサイドを決勝で破ったコルバーモアが初優勝となった。

【男子】
●準決勝
<オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ>
○ゴーズィ -6、11、9、10 ボボチーカ
○カルデラノ 6、6、-10、9 ゲラシメンコ
○張禹珍 9、5、10 リンド

<ブレーメン 3-1 グリューンヴェッターズバッハ>
○シュテガー -8、8、-4、6、10 チウ・ダン
○ツボイ 10、13、-4、-5、8 ワルサー
 スッチ -7、-6、10、6、-9 トキッチ○
○シュテガー 6、9、5 ワルサー

●決勝
<オクセンハウゼン 3-1 ブレーメン>
○カルデラノ -9、5、6、6 スッチ
 張禹珍 7、-3、-5、6、-9 シュテガー○
○ゴーズィ -9、9、-9、9、4 ツボイ
○カルデラノ 11、8、3 シュテガー

【女子】
●準決勝
<コルバーモア 3-1 ミュンスター>
○ラング 7、7、5 ワン・ユアン
○リュウ・ジャ 5、2、5 マンツ
 ヴィンター -5、13、-9、7、-9 ピッコリン○
○リュウ・ジャ 2、6、5 ワン・ユアン

<ベルリン・イーストサイド 3-0 ドリブルク>
○シャン・シャオナ 4、5、-9、2 デヌッテ
○エクホルム 9、7、1 クレー
○ミッテルハム 8、-7、7、7 ボルマイヤー

●決勝
<コルバーモア 3-1 ベルリン・イーストサイド>
○ラング 6、11、-6、-7、7 ポータ
○リュウ・ジャ 7、-8、5、-13、5 シャン・シャオナ
 ヴィンター 8、-5、-2、-9 エクホルム○
○リュウ・ジャ 13、7、2 ミッテルハム
  • 準決勝、決勝で3得点をあげたカルデラノ(写真は2018年グランドファイナル)

 2018/19シーズンのヨーロッパチャンピオンズリーグはグループリーグ全試合が終了し、順位が決定。決勝トーナメントに進む8チームが決定した。

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<スポルティング(ポルトガル) 3-1 TTCオストラヴァ(チェコ)>
○カルバリョ 7、4、7 ベリク
 アルナ -9、4、-9、2 トレグラー○
○アビオドゥン 12、-9、8、7 コルダス
○アルナ 10、9、7 ベリク

<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-1 ポントワーズ(フランス)>
○ボル 6、6、7 アックズ
 K.カールソン -6、6、-8、-7 ファルク○
○O.アサール -7、7、9、-4、8 バウム
○ボル 6、1、-13、9 ファルク

グループA順位
1位:ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)/5勝1敗
2位:ポントワーズ(フランス)/4勝2敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:スポルティング(ポルトガル)/3勝3敗
4位:TTCオストラヴァ(チェコ)/0勝6敗


◆グループB
<UMMC(ロシア) 3-0 ジャウドヴォ(ポーランド)>
○方博 6、-9、4、7 ワン・ヤン
○シバエフ -2、-9、8、6、5 黃鎮廷
○グルーツ 6、3、11 ウラブリク

<ウォルターヴェルス(オーストリア) 3-2 ロマーニュ(フランス)>
○朴康賢 7、8、9 ゴラク
 コズル -8、-6、-7 陳天元○
 シューディ -9、-10、-11 クリサン○
○朴康賢 8、9、7 陳天元
○コズル 7、4、8 ゴラク

グループB最終
1位:UMMC(ロシア)/5勝1敗
2位:ウォルターヴェルス(オーストリア)/3勝3敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:ロマーニュ(フランス)/2勝4敗
4位:ジャウドヴォ(ポーランド)/2勝4敗


◆グループC
<アンジェ(フランス) 3-1 ロスキレ(デンマーク)>
 ランドリュー -7、-8、-4 ツァイ・ユージア○
○Jon.パーソン 8、3、9 メイス
○ジェラルド -10、7、7、-4、8 ラカトシュ
○Jon.パーソン 5、8、13 ツァイ・ユージア

<ボゴリア(ポーランド) 3-2 ザールブリュッケン(ドイツ)>
 吉田海偉 2、4、-6、-9、-9 フランチスカ○
○ギオニス 6、-6、6、12 ヨルジッチ
○シルチェク 5、3、8 ポランスキー
 ギオニス -9、-7、-5 フランチスカ○
○吉田海偉 -9、8、7、11 ヨルジッチ

グループC順位
1位:アンジェ(フランス)/4勝2敗
2位:ボゴリア(ポーランド)/4勝2敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:ザールブリュッケン(ドイツ)/3勝3敗
4位:ロスキレ(デンマーク)/1勝5敗


◆グループD
<オレンブルク(ロシア) 3-1 エンヌボン(フランス)>
○閣安 8、5、3 ギレン
○リヴェンツォフ 4、3、5 スタマトウロス
 イヴォニン 7、8、-9、-3、-9 ニュイティンク○
○閣安 6、5、2 スタマトウロス

<ミュールハウゼン(ドイツ) 3-2 エースレーブ(スウェーデン)>
○ヤンカリク -11、1、5、8 モアガルド
○Da.ハベソーン 9、7、11 チャン・フージョウ
 イオネスク 8、-9、9、-7、-3 スベンソン○
 Da.ハベソーン -9、-6、9、-8 モアガルド○
○ヤンカリク 7、-7、-3、9、3 チャン・フージョウ

グループD順位(第5試合終了時点)
1位:オレンブルク(ロシア)/6勝0敗
2位:ミュールハウゼン(ドイツ)/3勝3敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:エンヌボン(フランス)/2勝4敗
4位:エースレーブ(スウェーデン)/1勝5敗


 グループAは前回王者のボルシア・デュッセルドルフが1位通過。スポルティングに不覚を取ったものの、最終戦でポントワーズに勝利し、1位でグループリーグ突破を決めた。2度のECL優勝経験のあるポントワーズはスポルティング、TTCオストラヴァに勝利するも、ボルシア・デュッセルドルフから勝利を上げられず。昨シーズン3位のスポルティングはグループリーグ敗退となった。

 グループBはUMMCが5勝1敗でトップ通過。2015年世界選手権準優勝の方博(中国)が2シーズンぶりに復帰、決勝トーナメントでも期待がかかる。そして2位以下は第5試合を終えて3チームが並ぶ混戦となったが、5番までもつれた末にウォルターヴェルスがロマーニュに勝利して初の決勝トーナメント進出を決めた。ウォルターヴェルスは新加入のサウスポー・朴康賢(韓国)が大活躍。黃鎮廷(香港)、グルーツ(デンマーク)に勝利するなど存在感を見せた。

 グループCも第5試合を終えて、上位3チームが3勝2敗で並ぶ混戦。最終戦で勝利をあげたアンジェ、ボゴリアが決勝トーナメントに乗り込んだ。アンジェは今シーズン、ジェラルド(ポルトガル)が加わり戦力アップ。長くチームの主軸となっているJon.パーソン(スウェーデン)もポイントを量産し、グループ通過に貢献した。そして劇的な勝利でグループ突破を決めたのはボゴリア。ラストまでもつれた末に、吉田海偉(東京アート)がヨルジッチ(スロベニア)を下し、逆転で2位に滑り込んだ。前所属のグルジョンツ(ポーランド)ではチームをECL3位に導く活躍を見せていた吉田。再び大暴れなるか。

 グループDの1位は昨シーズン準優勝のオレンブルク。水谷隼(木下グループ)が抜けたが、フレイタス(ポルトガル)、閣安(中国)を補強し、全グループ通じて唯一の全勝で決勝トーナメント進出となった。そして2位通過はミュールハウゼン。最終戦でエースレーブに競り勝ち、初の決勝トーナメント進出。これまではドイツ・ブンデスリーガでも中位、下位のチームだったが、今シーズンは好調で、プレーオフ進出も狙える位置につけている。ダークホース的な存在で、決勝トーナメントを賑わせる存在となりそうだ。
  • チームをグループ通過に導いた吉田(写真は2018年日本リーグ・ファイナル4)

 ヨーロッパチャンピオンズリーグ・グループ第5戦が終了。グループリーグは残り1試合となり、決勝トーナメント進出を決めたチームも出てきた。
 グループAでは、連覇を目指すボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)がスポルティング(ポルトガル)に敗れて初黒星も、1位をキープし決勝トーナメント進出。TTCオストラヴァ(チェコ)に勝利したポントワーズ(フランス)も決勝トーナメント進出を決めている。
 グループBはグルーツ(デンマーク)、方博(中国)が加わったUMMC(ロシア)が4勝目を上げてグループリーグ突破。2位以下は3チームが2勝3敗で並ぶ混戦となっている。グループCも1〜3位が3勝2敗で並んでおり、グループ最終戦で決勝トーナメント進出チームが決定する。
 グループDはオレンブルク(ロシア)が唯一負け無しをキープしてグループ突破が決定。フレイタス(ポルトガル)、さらに閣安(中国)が加わり、より強力になった布陣で王座奪還を虎視眈々と狙う。


【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<ポントワーズ(フランス) 3-1 TTCオストラヴァ(チェコ)>
○バウム 4、-8、6、7 コルベル
○アックズ 3、-9、5、4 トレグラー
 フロール -8、10、-8、8、-8 ベリク○
○バウム -7、4、6、-9、9 トレグラー

<スポルティング(ポルトガル) 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)>
○アルナ -16、9、3、-5、6 シェルベリ
 カルバリョ -3、-5、-8 アチャンタ○
 アビオドゥン -8、-6、6、-7 ボル○
○アルナ 6、9、9 アチャンタ
○カルバリョ 2、-9、10、-8、8 シェルベリ

グループA順位(第5試合終了時点)
1位:ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)/4勝1敗
2位:ポントワーズ(フランス)/4勝1敗
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3位:スポルティング(ポルトガル)/2勝3敗
4位:TTCオストラヴァ(チェコ)/0勝5敗


◆グループB
<ウォルターヴェルス(オーストリア) 3-2 ジャウドヴォ(ポーランド)>
 シューディ -3、-7、-5 ワン・ヤン○
○朴康賢 7、-8、9、7 黃鎮廷
○コズル 6、5、9 ウラブリク
 シューディ -6、10、8、-8、-10 黃鎮廷○
○朴康賢 -9、9、-7、6、9 ワン・ヤン

<UMMC(ロシア) 3-0 ロマーニュ(フランス)>
○グルーツ 6、8、-7、6 クリサン
○方博 -5、-7、1、5、10 陳天元
○シバエフ -8、13、10、11 オリビエ

グループB順位(第5試合終了時点)
1位:UMMC(ロシア)/4勝1敗
2位:ウォルターヴェルス(オーストリア)/2勝3敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:ロマーニュ(フランス)/2勝3敗
4位:ジャウドヴォ(ポーランド)/2勝3敗


◆グループC
<ロスキレ(デンマーク) 3-1 ボゴリア(ポーランド)>
○メイス -8、10、-8、8、3 ギオニス
○ツァイ・ユージア 8、-9、9、7 シルチェク
 ラカトシュ -8、8、-9、4、-8 バドウスキー○
○ツァイ・ユージア -7、7、8、6 ギオニス

<アンジェ(フランス) 3-1 ザールブリュッケン(ドイツ)>
○Jon.パーソン 6、9、1 ヨルジッチ
○ランドリュー -8、10、-5、7、10 フランチスカ
 ルンクイスト 8、-9、-9、6、-9 廖振珽○
○ランドリュー 7、9、9 ヨルジッチ

グループC順位(第5試合終了時点)
1位:アンジェ(フランス)/3勝2敗
2位:ザールブリュッケン(ドイツ)/3勝2敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:ボゴリア(ポーランド)/3勝2敗
4位:ロスキレ(デンマーク)/1勝4敗


◆グループD
<エンヌボン(フランス) 3-0 エースレーブ(スウェーデン)>
○ファン・シェンペン 11、-11、8、12 スゴウロポウロス
○ニュイティンク 7、6、-8、11 モアガルド
○スタマトウロス 6、8、-5、4 チャン・フージョウ

<オレンブルク(ロシア) 3-0 ミュールハウゼン(ドイツ)>
○オフチャロフ -9、7、-11、2、7 Da.ハベソーン
○フレイタス -9、5、3、-7、9 イオネスク
○サムソノフ -11、5、-8、11、1 ヤンカリク

グループD順位(第5試合終了時点)
1位:オレンブルク(ロシア)/5勝0敗
2位:ミュールハウゼン(ドイツ)/2勝3敗
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3位:エンヌボン(フランス)/2勝3敗
4位:エースレーブ(スウェーデン)/1勝4敗
 昨日開催されたドイツ・ブンデスリーガ1部に及川瑞基(専修大)が出場。リーグ5連覇中のボルシア・デュッセルドルフとの対戦で2得点の活躍を見せたが、チームは惜しくも敗れた。また、スウェーデン・エリートリーグには木造勇人(愛知工業大)、ポーランド・スーパーリーグには吉田海偉(東京アート)が出場している。試合の結果は下記のとおり。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 ケーニヒスホーフェン>
 シェルベリ 4、-5、-8、-5 及川○
○K.カールソン 4、8、-6、9 マジョロス
○アチャンタ 7、12、9 オルト
 K.カールソン -10、-8、-6 及川○
○シェルベリ/アチャンタ -15、6、-7、2、9 オルト/マジョロス
★及川瑞基通算成績:単10勝4敗/複0勝1敗

<オクセンハウゼン 3-0 フルダ・マーバーツェル>
○フェガール 4、7、-8、10 フィルス
○ゴーズィ 4、5、-9、10 王熹
○ディヤス -5、11、9、7 プツァル

<ザールブリュッケン 3-1 ベルクノイシュタッド>
○フランチスカ -8、11、3、-7、8 ドリンコール
 廖振珽 -3、-5、-5 ドゥダ○
○ヨルジッチ 12、-10、7、-8、6 ロブレス
○フランチスカ 10、10、-5、9 ドゥダ

<ミュールハウゼン 3-0 ユーリッヒ>
○ヤンカリク 9、4、1 アカル
○Da.ハベソーン -9、7、4、-8、7 デヴォス
○メンゲル 8、7、9 アレグロ

<グレンツァオ 3-1 ブレーメン>
 ボボチーカ -11、-9、-9 シュテガー○
○ゲラシメンコ -9、-6、10、8、10 スッチ
○リンド 5、5、-11、8 ツボイ
○ゲラシメンコ 4、9、9 シュテガー


【2018/2019 ポーランド・スーパーリーグ】
男子1部
<ボゴリア 3-0 グルジョンツ>
○シルチェク 9、7、-9、8 パイコフ
○吉田 5、-6、-10、8、6 チョイノウスキー
○バドウスキー -6、12、7、7 ウェイ・シハオ
★吉田海偉通算成績:1勝0敗


【2018/2019 スウェーデン・エリートリーグ】
男子1部
<ハルムスタッド 4-0 リコード>
○木造 -9、11、4、5 ルーズ
○ラーネフール -8、8、6、5 チウ・リャン
○ジャーヴィス -4、7、4、8 アービッドソン
○木造 10、8、5 チウ・リャン
★木造勇人通算成績:9勝2敗
 ドイツ・ブンデスリーガ1部に及川瑞元(専修大)が出場。全日学出場のため、10月末の試合は欠場、およそ1カ月ぶりのブンデスリーガ出場となった。2部の試合にも金光宏暢(大原学園)が出場している。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<ミュールハウゼン 3-1 グレンツァオ>
○Da.ハベソーン 4、6、9 ゲラシメンコ
○イオネスク 6、-10、8、-9、8 リンド
 ヤンカリク 10、-10、-8、-9 ボボチーカ○
○イオネスク 3、4、-9、-6、10 ゲラシメンコ

<ザールブリュッケン 3-1 ユーリッヒ>
○廖振珽 -8、-8、8、6、4 デヴォス
○ヨルジッチ 10、7、7 アレグロ
 ポランスキー -9、7、-4、9、-4 クレイン○
○ヨルジッチ 10、8、9 デヴォス

<オクセンハウゼン 3-0 ケーニヒスホーフェン>
○ゴーズィ 5、9、8 マジョロス
○フェガール 8、7、-8、8 及川
○ディヤス 8、7、6 オルト
★及川瑞基通算成績:単8勝4敗/複0勝1敗

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 ブレーメン>
○K.カールソン 9、-11、-6、15、7 ツボイ
 シェルベリ -6、7、9、-5、-8 シュテガー○
○アチャンタ -5、7、13、-11、11 スッチ
 K.カールソン -3、-4、-10 シュテガー○
○アチャンタ/シェルベリ 7、-6、8、9 ツボイ/ランビエ

<ベルクノイシュタッド 3-2 グリューンヴェッターズバッハ>
○ドゥダ 3、6、-5、1 チウ・ダン
 ドリンコール 6、8、-9、-6、-6 ワルサー○
 ロブレス -6、7、-3、-9 グナナセカラン○
○ドゥダ 7、7、7 ワルサー
○ドリンコール/ロブレス -6、5、11、4 グナナセカラン/チウ・ダン

男子2部
<バート・ハム 6-1 ネッカーズルム>
○エロワ/金光 5、-10、3、9 モーア/ブルーム
 金光 -7、6、-7、9、-9 モーア○
★金光宏暢通算成績:単2勝6敗/複3勝2敗

  • 及川、9勝目はならず(写真は2018年全日学)

 週末に2018/19シーズンの男子ヨーロッパチャンピオンズリーグ、グループリーグ第4戦が開催され、吉田海偉、高木和卓(ともに東京アート)が出場。吉田はボゴリア移籍後、初の試合出場となった。

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-2 TTCオストラヴァ(チェコ)>
 シェルベリ -8、5、-3、9、-12 トレグラー○
○ボル 4、8、7 コルベル
 O.アサール -10、-7、5、-9 ベリク○
○ボル 8、2、3 トレグラー
○シェルベリ 8、6、-6、8 コルベル

<ポントワーズ(フランス) 3-2 スポルティング(ポルトガル)>
○ファルク 10、7、6 アビオドゥン
 アックズ -7、-10、9、-8 アルナ○
 フロール 9、-13、7、-5、-9 カルバリョ○
○ファルク 3、10、-7、-9、6 アルナ
○アックズ 16、9、3 アビオドゥン

◆グループB
<ジャウドヴォ(ポーランド) 3-0 ロマーニュ(フランス)>
○高木和 5、4、6 クリサン
○ワン・ヤン -9、9、14、8 陳天元
○ウラブリク 4、4、7 ゴラク

<ウォルターヴェルス(オーストリア) 3-1 UMMC(ロシア)>
○朴康賢 4、6、6 アブセク
 コズル -7、7、-6、10、-9 グルーツ○
○シューディ 4、9、-8、4 ジドコフ
○朴康賢 8、6、-7、3 グルーツ

◆グループC
<ボゴリア(ポーランド) 3-2 アンジェ(フランス)>
○ギオニス -7、3、6、5 ルンクイスト
 シルチェク 8、-3、-11、-7 Jon.パーソン○
○吉田 -6、7、-8、5、8 ジェラルド
 ギオニス 12 、-11、12、-4、-4 Jon.パーソン○
○シルチェク -5、7、8、6 ルンクイスト

<ザールブリュッケン(ドイツ) 3-0 ロスキレ(デンマーク)>
○フランチスカ -9、10、6、9 ツァイ・ユージア
○ヨルジッチ 8、-11、8、-6、6 メイス
○ポランスキー 5、-9、-10、7、8 ラカトシュ

◆グループD
<オレンブルク(ロシア) 3-0 エースレーブ(スウェーデン)>
○サムソノフ 6、10、7 モアガルド
○オフチャロフ 6、5、2 スゴウロポウロス
○フレイタス 14、-10、6、6 スベンソン

<エンヌボン(フランス) 3-0 ミュールハウゼン(ドイツ)>
○ピチフォード -5、6、7、7 イオネスク
○ニュイティンク 5、9、10 Da.ハベソーン
○ファン・シェンペン 7、5、8 メンゲル


 吉田はデビュー戦でジェラルド(ポルトガル)にフルゲームで勝利と健在ぶりをアピール。高木和もクリサン(ルーマニア)に快勝し、チームも勝利を収めた。吉田所属のボゴリアは第4戦を終えて3勝1敗の2位。現在同グループ1位のザールブリュッケンも3勝1敗ということもあり、1位通過も十分の狙える位置にいる。高木和所属のジャウドヴォは2勝2敗の3位。グループリーグ残り2戦での決勝トーナメント進出を目指す。グループリーグ第5戦は11月末に開催される。
  • ジェラルドに競り勝った吉田海偉(写真は2018年後期日本リーグ)

 ヨーロッパチャンピオンズリーグはグループリーグの折り返しとなる第3戦が終了。日本選手の出場はなかった。試合の結果は下記のとおり。


【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-0 TTCオストラヴァ2016(チェコ)>
○ボル 2、5、6 バジャー
○K.カールソン 6、9、7 トレグラー
○シェルベリ -10、10、11、6 コルベル

<ポントワーズ(フランス) 3-0 スポルティング(ポルトガル)>
○フロール 8、-10、-6、12、2 カルバリョ
○ファルク -5、8、9、-4、3 アルナ
○アックズ -8、6、-9、5、5 アビオドゥン

◆グループB
<ロマーニュ(フランス) 3-1 ジャウドヴォ(ポーランド)>
○陳天元 10、-3、8、-5、8 ワン・ヤン
 ゴラク -5、-8、-4 ウラブリク○
○オリビエラ -9、5、10、5 フェルティコウスキー
○陳天元 9、10、4 ウラブリク

<UMMC(ロシア) 3-0 ウォルターヴェルス(オーストリア)>
○グルーツ -3、-7、8、2、7 シューディ
○ガチーナ 8、8、9 コズル
○シバエフ 5、7、5 フリエドリッヒ

◆グループC
<ザールブリュッケン(ドイツ) 3-1 ロスキレ(デンマーク)>
○フランチスカ 6、8、6 ラカトシュ
○プレテア 8、11、-5、-7、7 ツァイ・ユージア
 ポランスキー -6、-5、-9 メイス○
○フランチスカ 5、7、-5、6 ツァイ・ユージア

<アンジェ(フランス) 3-0 ボゴリア(ポーランド)>
○Jon.パーソン 6、-7、9、-10、5 ギオニス
○ルンクイスト 5、9、6 シルチェク
○ジェラルド 7、4、3 バドウスキー

◆グループD
<オレンブルク(ロシア) 3-0 エースレーブ(スウェーデン)>
○フレイタス 9、7、5 スゴウロポウロス
○閣安 8、7、8 モアガルド
○サムソノフ 4、5、1 チャン・フージョウ

<ミュールハウゼン(ドイツ) 3-0 エンヌボン(フランス)>
○Da.ハベソーン 6、7、9 ファン・シェンペン
○ヤンカリク 8、8、-4、-10、5 ピチフォード
○メンゲル 9、10、-10、5 スタマトウロス

★グループ順位(第3戦終了時点)
◆グループA
1位:ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3勝0敗
2位:ポントワーズ(フランス) 2勝1敗
3位:スポルティング(ポルトガル) 1勝2敗
4位:TTCオストラヴァ2016(チェコ) 0勝3敗

◆グループB
1位:UMMC(ロシア) 3勝0敗
2位:ロマーニュ(フランス) 2勝1敗
3位:ジャウドヴォ(ポーランド) 1勝2敗
4位:ウォルターヴェルス(オーストリア) 0勝3敗

◆グループC
1位:アンジェ(フランス) 2勝1敗
2位:ザールブリュッケン(ドイツ) 2勝1敗
3位:ボゴリア(ポーランド) 2勝1敗
4位:ロスキレ(デンマーク) 0勝3敗

◆グループD
1位:オレンブルク(ロシア) 3勝0敗
2位:ミュールハウゼン(ドイツ) 2勝1敗
3位:エースレーブ(スウェーデン) 1勝2敗
4位:エンヌボン(フランス) 0勝3敗

 各グループとも、第4戦は11月中旬に開催される。
 昨日開催された男子ブンデスリーガ1部に及川瑞基(専修大)、2部に金光宏暢(大原学園)が出場。試合の結果は下記のとおり。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<オクセンハウゼン 3-0 グレンツァオ>
○ゴーズィ 2、6、9 アギーレ
○カルデラノ -10、1、7、6 ゲラシメンコ
○ディヤス 9、13、10 ボボチーカ

<ベルクノイシュタッド 3-1 ブレーメン>
 ドリンコール -7、10、-4、-8 シュテガー○
○ドゥダ 13、8、7 スッチ
○ロブレス 7、8、6 ランビエ
○ドゥダ 10、-6、11、6 シュテガー

<ミュールハウゼン 3-0 フルダ・マーバーツェル>
○Da.ハベソーン -8、8、-11、7、8 フィルス
○イオネスク 9、-10、-9、5、6 王熹
○メンゲル 12、6、-7、-11、9 プツァル

<ザールブリュッケン 3-2 グリューンヴェッターズバッハ>
 廖振珽 -10、-3、-4 グナナセカラン○
○フランチスカ 4、10、3 トキッチ
 ヨルジッチ 4、-7、-8、-9 ワルサー○
○フランチスカ 8、4、4 グナナセカラン
○廖振珽/ヨルジッチ 6、-6、9、-3、5 ワルサー/チウ・ダン

<ケーニヒスホーフェン 3-1 ユーリッヒ>
○及川 7、8、8 アレグロ
 ゼリコ -11、-3、-6 デヴォス○
○マジョロス 8、-11、-9、9、7 クレイン
○及川 -10、8、4、9 デヴォス
★及川瑞基通算成績:単8勝3敗/複0勝1敗

男子2部
<ザールブリュッケンⅡ 6-3 バート・ハム>
○ザトウカ/ラスムッセン 10、11、5 エロワ/金光
○ザトウカ -10、-5、3、8、7 金光
○ラスムッセン -12、7、10、6 金光
★金光宏暢通算成績:単2勝2敗/複1勝1敗


◆男子1部順位表(10月14日時点)
1位:ミュールハウゼン(5勝1敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(5勝1敗)
3位:オクセンハウゼン(5勝1敗)
4位:ベルクノイシュタッド(4勝2敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフへ~~~~~~
5位:ザールブリュッケン(4勝2敗)
6位:フルダ・マーバーツェル(3勝4敗)
7位:ケーニヒスホーフェン(3勝4敗)
8位:ブレーメン(3勝4敗)
9位:グレンツァオ(2勝4敗)
10位:グリューンヴェッターズバッハ(1勝6敗)
11位:ユーリッヒ(0勝6敗)


 好調の及川はこの日も2勝をあげて勝利に貢献。個人成績でもシュテガー(ドイツ)と並んで3位タイにつけている。10月14日の試合を終えて、個人成績のトップはフランチスカ(ドイツ)で9勝2敗、2位は7勝1敗のDa.ハベソーン(オーストリア)となっている。Da.ハベソーンの所属するミュールハウゼンは昨日の試合も強豪のフルダ・マーバーツェルに競り勝ち今季5勝目。勝敗数でボルシア・デュッセルドルフ、オクセンハウゼンと並んだが、得失試合数で抜け出し、首位に躍り出た。昨シーズンは6位、2016/2017シーズンは7位、2015/2016シーズンは8位、さらに2014/2015シーズンは10位(最下位)となかなか上位争いに絡めなかったミュールハウゼンだが、今シーズンは旋風を巻き起こせるか。
  • 首位ミュールハウゼンを引っ張るDa.ハベソーン(写真は2018世界選手権)