卓球王国7月号 好評発売中 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
〝まるごと1冊、グッズの本〟『卓球グッズ2019』は、本日発売!

主な内容は
●ディグニクス登場!
●今、売れているラバーはコレだ
● 激動の平成用具ヒストリア
●打てる粒高を探せ!
●シューズは第3の用具だ!
●ブランド別・2019新製品大カタログ〈イチオシギア試打付き!〉
●中国式ペンの選び方
●こだわりすぎた男たち2019
●奥深きハンドメイドラケットの世界

詳細はこちら『卓球グッズ2019』 定価800円(税込)

 世界の卓球界の中でのリーディングカンパニーはタマス社だ。バタフライのブランドで過去に『ブライス』『テナジー』というヒットラバーを発売し、ラケットでも水谷隼や張本智和が使用するラケットを作り、販売している。
 日本では人気スポーツの一つに数えられるようになった卓球だが、業界の特殊事情のためにメジャーなスポーツブランド、例えば、ナイキ、アディダス、プーマ、アンダーアーマーなどが卓球市場には参入してこない。
 それは卓球市場ではラバー、ラケットという用具が重要な部分を占め、その用具の特殊性と専門性が高いために、用具に関しての知見がないと市場に入れないし、入ったとしてもそこでの利益を生むことが難しいからだろう。かつて、アディダスが卓球の専門部隊(外部の会社だったが)で卓球市場に入ろうとしたが、数年後に撤退したケースがある。

 さて、卓球を知らない一般の方は卓球の用具の価格をどう考えているのだろう。
卓球のラケットは、木材を主としたラケットとゴムが材料のラバーは別々に売られていることからまずは説明しなければいけないだろうし、そのラバーが今や1万円近いものもある。そのラバーは卓球愛好者は数週間で替えるし、トップ選手は数日で替えるといったら驚くだろう。

 2008年に卓球界では揮発性有機溶剤の入った接着剤(ラケットとラバーを貼る)が禁止となった。わかりやすく言えば、シンナー系の接着剤だった。この接着剤でラバーを膨張させて、トップ選手から一般愛好者までが試合に出ていた。
 禁止されて以後は、ラバーそのものの性能が問われ、前述した『テナジー』が大ヒットした。ボールをつかむ感覚、回転力が卓越した商品で、多くの選手たちはこのラバーを使った。
 そして、それから11年後の今年の4月にバタフライは『ディグニクス』というラバーを出した。毎年のように新製品をリリースする他メーカーを尻目にバタフライはじっくりと研究開発に努め、11年かけて市場に送り込んだ。しかも市場価格が9000円を超える高価なモノだ。発売前から、水谷、張本などが使用し、バタフライの多くの契約選手がこの新商品に替えている。

 9000円を超えるラバーを簡単に買うことは卓球愛好者でもできない。ましてや中高校生にとっては高嶺の花かもしれない。
 そこで明日発売する「卓球グッズ2019」(別冊卓球王国)では、上級者、中級者の試打の感想を掲載する。そして,その開発の裏側にも迫ってみた。
 卓球ファンの皆様、「卓球グッズ2019」を読んでから『ディグニクス』を買うのでも遅くはない。 

詳細はこちら『卓球グッズ2019』 定価800円(税込)

●【世界卓球】2019世界選手権ブダペスト大会〈個人戦〉
 日本、3つのメダル獲得!
 詳細報道&インタビュー
 〈女子複・銀〉早田ひな・伊藤美誠
 〈混合複・銀〉吉村真晴・石川佳純
 〈女子複・銅〉橋本帆乃香・佐藤瞳
 男女監督コメント/ブダペストの舞台裏
●【技術特集】世界選手権ブダペスト大会から〜ダークホースメダリストの“超技”
●【大会報道】日本リーグ・ビッグトーナメント
●【技術特集】邱建新伝授〜試合は戦術で勝つ・最強的Q兵法〈Vol.5〉
●【技術特集】御内健太郎 カットマンの攻撃
●【グッズ特集】ザ・ブランド 第3回[バタフライ]
●【グッズ特集】卓球ゲームシャツコレ2019
●【Book in Book】よーいドン!卓球〈Vol.2〉
●【別添付録】日本卓球リーグ選手名鑑2019
ほか、お楽しみに!!

 卓球王国2019年7月号(5月21日発売)定価785円(税込) 表紙などはこちら↓
毎年恒例となっている〝まるごと1冊、グッズの本〟『卓球グッズ2019』が5月16日に発売。

主な内容は
●ディグニクス登場!
●今、売れているラバーはコレだ
● 激動の平成用具ヒストリア
●打てる粒高を探せ!
●シューズは第3の用具だ!
●ブランド別・2019新製品大カタログ〈イチオシギア試打付き!〉
●中国式ペンの選び方
●こだわりすぎた男たち2019
●奥深きハンドメイドラケットの世界

詳細はこちら『卓球グッズ2019』 定価800円(税込)

近年の卓球用具の動向や数々のこだわりのグッズ話など、最新グッズ情報を読む前の予備知識を得たい方やもっとディープに知識を得たい用具マニアにはコチラ(「卓球グッズ」バックナンバー)も!
〈卓球王国2019年7月号別冊〉
まるごと1冊、グッズの本

●ディグニクス登場!
●今、売れているラバーはコレだ
● 激動の平成用具ヒストリア
●打てる粒高を探せ!
●シューズは第3の用具だ!
●ブランド別・2019新製品大カタログ〈イチオシギア試打付き!〉
●中国式ペンの選び方
●こだわりすぎた男たち2019
●奥深きハンドメイドラケットの世界

詳細はこちら
『卓球グッズ2019』 5月16日発売/定価800円(税込)
 表紙などはこちら↓
 卓球王国2019年6月号の内容に誤りがありました。
以下のように訂正させていただきます。

◆p.67 下段本文13行目(世界選手権〈個人戦〉ブダペスト大会 完全ガイド)

誤:カタールオープンでは0-11で
 ↓↓↓
正:カタールオープンでは1-11で

ここに訂正し、関係者および読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
 4月27日(土)~5月6日(月祝)のゴールデンウイーク期間中は商品の発送(出荷)をお休みさせていただきます。
この期間のご注文の商品は5月7日(火)から順次発送いたします。

●WEB通信販売でのゴールデンウイーク前出荷のご注文は、4月26日(金)午前中で締切らせていただきます。
●郵便振替でのゴールデンウイーク前出荷のご注文は、4月25日(木)で締切らせていただきます。

 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようよろしくお願い申し上げます。  卓球王国
 トップ選手の得意技を紹介する人気ページ『強者のスーパーテク』。6月号に登場してくれたのは、長身から繰り出すバックドライブを武器に全日本選手権でベスト8に入った田添響(木下グループ)。
 前陣での両ハンドプレーが旺盛の中、「前陣で戦っても格上に勝てない試合が多い」という経験から「他の選手を上回るものはなにか」と考えた田添選手は、体格を生かした中陣プレーに活路を見出した。
 中陣からのバックドライブの打ち方と使い方を田添選手本人がわかりやすく紹介。『逆襲のバックドライブ』で得点力を高めよう!
 4月発売の卓球王国2019年6月号からBook in Book の「よーいドン! 卓球」が連載をスタートした。
 Book in Book とは雑誌の中に入れ込む別の雑誌という意味で、広告の入った28ページの小冊子を入れている。内容は春から卓球を始める人に向けた入門書。もちろん、そのまま読むこともできるし、切り取って、部室に置いたり、ラケットケースに入れて持ち歩くこともできる。
 
 28ページの中に、卓球のおもしろエピソード、ビギナーに必要な卓球用具、基本の卓球用語、半年で基本技術をマスターするための技術ページ、などを紹介している。この「よーいドン! 卓球」は1年間連載するので、毎月、自分の技術力アップと卓球の知識力アップに役立ててほしい。
 ひと大会で数百~数千枚の写真を撮影する卓球王国取材班。しかし、本誌に掲載されるのはごくわずか。中には「お蔵入りにはもったいない!」という会心の写真もあったりします。そんな多くの写真をTリーグ・T.T彩たまのゴールドスポンサーでもある株式会社ハッピースマイル(本社・埼玉県さいたま市)の運営する写真のネット販売サービス「みんなのおもいで.com」で閲覧&購入できるようになりました。

 今月は卓球王国2019年6月号に掲載した全国ホープス選抜(3月23~24日・岐阜県岐阜市)、全国中学選抜(3月23〜24日・新潟県新潟市)、全国高校選抜(3月25〜28日・福岡県北九州市)で撮影した写真をウェブ上で展示中。下記URLにアクセスし、各大会の展示会コードを入力することで閲覧できます。今後も各種大会で撮影した写真を展示予定なのでお楽しみに!

★みんなのおもいで.com
http://minnanoomoide.com

●展示会コード
全国ホープス選抜→94MD2JJ3
全国中学選抜→1TMDJ3WP
全国高校選抜→M5MD8A16