卓球王国12月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
●【インタビュー&技術】待ってろ、五輪 張本智和
●【インタビュー&技術】神巧也 フルスイング2球目フォアドライブ
●【報道】卓球ワールドカップ団体戦/女子ワールドカップ/全日本カデット/全日本クラブ/全日本マスターズ/全日学/全日本団体/後期日本リーグ
●【技術特集】海津富美代 粒高攻守の極意〈Vol.1〉
●【技術特集】「脱・手打ち」のスイング改造術〈Vol.2〉
●【インタビュー】O.アサール
●【Tリーグ】Tリーグダイジェスト
●【技術特集】邱建新伝授〜試合は戦術で勝つ・最強的Q兵法〈Vol.11〉
●【グッズ特集】練習効率向上アイテム
●【Book in Book】よーいドン!卓球〈Vol.8〉
ほか、お楽しみに!!

 卓球王国2020年1月号(11月21日発売)定価 800円(本体727円+税) 表紙などはこちら↓
スマホやタブレットで卓球王国を読みたい方には、「富士山マガジンサービス」(外部)サイトでお求めいただける「デジタル版の定期講読」や「最新号のデジタル版」がオススメ!
https://www.fujisan.co.jp/product/12796887/

持ち運びに便利で電車での移動中や練習場でも手軽に読めるので、技術向上にも◎!
卓球王国を読むための選択肢が広がったので、さらに多くの方々にお読みいただきたいデス。
卓球王国定期購読キャンペーンとして、10月31日までに弊社に直接「定期購読」お申し込みの方に、スペシャルプレゼント( Tシャツ/XIOM製)を差し上げることになっておりますが、「プレゼントの発送時期」が11月上旬頃から順次発送に変更となりましたのでお知らせいたします。
お待たせしている方には大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

卓球王国
 もしアナタが卓球に関する悩みについて、有名なコーチに幾つか質問する機会を与えられたとしたら、一体何について尋ねるだろうか?
 技術についての悩み、 試合で勝つための戦術、それとも日々の練習メニュー……。私、編集部タローは「ぜひ聞いてみたい」と常々思っていることがあった。それは卓球のスイングでの「体の使い方」だ。

 巷(ちまた)のゴルフ雑誌を手に取ると、この「体の使い方」についての特集がビックリするほど多い。しかし、今まで卓球王国では、フォアドライブやバックハンドなどの技術特集で少し触れることはあっても、「体の使い方」の基礎や根本的な考え方について、取り上げたことはほとんどない。

 「いつかはやらねば」と思いつつ、未知のジャンルのままだった「体の使い方」。その特集が、10月21日発売の卓球王国2019年12月号からスタートする。題して「『脱・手打ち』のスイング改造術」。監修を務めるのは、JOCエリートアカデミー女子監督の中澤鋭さん。平野美宇選手をはじめ、多くのトップ選手のスイングを見直し、好成績に導いてきたプロフェッショナルだ。

 9月下旬、東京・多摩市にある中澤さんの卓球場『タクスター卓球クラブ』で撮影を行ったのだが、中澤さんのフォアドライブの迫力には圧倒された。下半身から生み出されたパワーが、リラックスした上半身に伝わり、抜群のスイングスピードを生み出す。

 「ミスの原因は腕のスイングではなく、下半身にあるんですよ」と言い切る中澤さん。より強く、より連続で打てる体の使い方を、できるだけわかりやすく紹介する『脱・手打ち』ページ。体にガチガチに力が入って、思い切り振っている割にはボールが遅いというアナタ(僕です)、このページは必見です!
  • まさに「全身を使った」中澤さんのフォアドライブのフォーム

  • この足も……基本姿勢のひとつ? 合い言葉は「大地のパワー」!

  • テーマ別に、体の使い方を詳しく紹介します!

●【インタビュー&技術】世界6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が語る
●【インタビュー】[ジャン-ロネ・モウニー]という男
●【技術特集】サムソノフの「鉄壁ブロック術」
●【技術特集】「脱・手打ち」のスイング改造術
●【インタビュー】戸上隼舗/出雲美空
●【インタビュー&技術】黄鎮延
●【技術特集】3カ月で変わる!ダブルス超上達法〈Vol.3/最終回〉
●【報道】茨城国体/秋季関西&関東学生リーグ
●【Tリーグ】Tリーグダイジェスト
●【潜入ルポ】関西大学
●【技術特集】邱建新伝授〜試合は戦術で勝つ・最強的Q兵法〈Vol.10〉
●【グッズ特集】ザ・ブランド 第7回[JUIC]
●【グッズ特集】注目!秋の目玉新製品
●【トピックス】東京五輪への道〈Vol.3〉
●【好評連載】俺のラージ/モンダイは指導者だ/もうメンタルで悩まない!/ルール早わかり/奇天烈逆も〜ション/用具のこだわり/王国タイムアウト/ひとりピンポン外交
●【Book in Book】よーいドン!卓球〈Vol.7〉
ほか
詳細・購入はこちら
卓球王国定期購読キャンペーンとして、弊社に直接「定期購読」お申し込みの方に、ステキなプレゼント( Tシャツ/XIOM製)を差し上げています。
今月末までの期間限定のお得なサービスです。

↓詳しくはこちら
https://world-tt.com/ps_book/koudoku.php
●【インタビュー&技術】世界6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が語る
●【インタビュー】[ジャン-ロネ・モウニー]という男
●【技術特集】サムソノフの「鉄壁ブロック術」
●【技術特集】「脱・手打ち」のスイング改造術
●【インタビュー】戸上隼舗/出雲美空
●【インタビュー&技術】黄鎮延(香港)
●【技術特集】3カ月で変わる!ダブルス超上達法〈Vol.3/最終回〉
●【報道】茨城国体/秋季関西&関東学生リーグ
●【Tリーグ】Tリーグダイジェスト
●【潜入ルポ】関西大学
●【技術特集】邱建新伝授〜試合は戦術で勝つ・最強的Q兵法〈Vol.10〉
●【グッズ特集】ザ・ブランド 第7回[JUIC]
●【グッズ特集】注目!秋の目玉新製品
●【トピックス】東京への道
●【好評連載】俺のラージ/モンダイは指導者だ/もうメンタルで悩まない!/ルール早わかり/奇天烈逆も〜ション/用具のこだわり/王国タイムアウト/ひとりピンポン外交
●【Book in Book】よーいドン!卓球〈Vol.7〉
ほか、お楽しみに!!

 卓球王国2019年12月号(10月月21日発売)定価 800円(本体727円+税) 表紙などはこちら↓
卓球王国で「パートを募集」します。

■募  集:パート(長期)若干名
■仕事内容:商品(雑誌・書籍・DVDほか)発送作業ほか雑務・軽作業、パソコン入力(Excel、Accessの簡単な操作できると歓迎)、事務補助など
■時  間:10時から16時(平日週2〜4日程度)
■時  給:1,020円〜(交通費別途)
■勤 務 地:東京・渋谷区幡ヶ谷(最寄り駅:京王新線 幡ヶ谷駅)
 ※開始日・曜日・時間は応相談


応募方法:下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。
https://world-tt.com/ps_footer/footer_toiawase.php

●「内容」(「その他のお問い合わせ」を選択してください)
●「お名前」
●「メールアドレス」を入力して
●「本文」に下記の項目を記載して送信してください。

パート募集2019
・郵便番号:
・ご住所:
・電話番号:
・自宅の最寄り駅:
・勤務の曜日などの希望:
・その他:

(メール受付後、数日のうちに受付した旨のメールをお送りいたします。)

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-1-1 ニッコービル3F
 (株)卓球王国   TEL:03-5365-1771 FAX:03-5365-1770
 低迷しているヨーロッパ若手の中で、久しぶりに世界に躍り出る才能を持った選手が現れた。
 独創的なプレーで、同年代の中国、日本選手にも強さを発揮しているモーレゴード(スウェーデン)のプレーを9月21日に発売された卓球王国11月号に掲載。

 特集では、モーレゴードの型破りなテクニックに焦点を当て、
●サービステクニック
●台上フォアドライブ
●バックハンドミート打法
を本人のコメントと、今季からプレーするTリーグ「T.T彩たま」の坂本竜介監督の監修のもとカラー11ページで紹介している。

 「モデルにしている選手はいません。いろいろなアイデアで新しいサービスを作り出している」とモーレゴードは語ったが、サービスに限らず、他の誰にも真似のできない斬新なプレーを追求していることで、ヨーロッパのみならずアジア勢に対しても結果を出している。

 個性を活かしたモーレゴードのプレーからは、強くなるためのヒントが詰まっている。

上記記事が掲載されている「卓球王国2019年11月号」の詳細・購入はこちら↓
https://world-tt.com/ps_book/back.php?lst=2&mcd=AZ271
  • 右足前の「逆足」で出すサービスもモーレゴードの特徴だ

  • 相手のドライブを狙い打つバックミートも紹介している

卓球王国2019年11月号の内容に誤りがありましたので、以下に訂正させていただきます。

■p.119 関東学生チームカップ
女子Bブロック 山梨大A

<正>
女子Cブロック 山梨大A

■p.119 関東学生チームカップ
関東学生チームカップの説明文
「Bブロック以下(6〜8チームごとのトーナメント戦」

<正>
「Bブロック以下(8〜10チームごとのトーナメント戦」

ここに訂正し、関係者および読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。