卓球王国9月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 アジアカップ2日目は、男女のチャレンジと準々決勝が行われた。

 男子の準々決勝は張本智和が李尚洙(韓国)に勝ち、丹羽孝希が黃鎮廷(香港)を下して、2選手とも準決勝進出を決めた。

 女子はチャレンジで陳思羽(タイペイ)に快勝した平野が準々決勝で朱雨玲(中国)と対戦。好調の平野は両ハンドの快速プレーで朱雨玲と互角のラリーを繰り広げたが、最後は地力に勝る朱雨玲が押し切った。
 石川は杜凱琹(香港)のチキータと重いフォアドライブに苦戦したが、勝負所で思い切った攻撃を仕掛けるなど強気のプレーを見せて、4対2で勝利。準決勝に進んだ。

【男子シングルス準々決勝】
張本智和(日本) 6、7、-7、5、9 李尚洙(韓国)
丹羽孝希(日本) 10、-6、9、10、10 黃鎮廷(香港)
馬龍(中国) 5、5、-6、6、3 グナナセカラン(インド)
樊振東(中国) 9、7、8、-9、8 林昀儒(タイペイ)

【女子シングルス準々決勝】
石川佳純(日本) 9、-9、13、-9、10、7 杜凱琹(香港)
朱雨玲(中国) -9、7、2、-10、7、8 平野美宇(日本)
馮天薇(シンガポール) 2、7、9、7 田志希(韓国)
陳夢 キケン 鄭怡静(タイペイ)