卓球王国9月号 7/20発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 5月31日から6月2日にかけて大阪・池田市五月山体育館で開催された第88回関西学生選手権が終了。男子シングルスは李佳睿(龍谷大)、女子シングルスは鈴木理彩(神戸松蔭女子学院大)が優勝を果たした。

【男子シングルス】
優勝:李佳睿(龍谷大)
準優勝:西祥平(立命館大)
3位:高橋学斗(近畿大)、張博良(龍谷大)
◆決勝
李佳睿 2、7、-7、6、9 西祥平

【女子シングルス】
優勝:鈴木理彩(神戸松蔭女子学院大)
準優勝:宮脇千波(関西学院大)
3位:鈴木琴音(立命館大)、山本真由(同志社大)
◆決勝
鈴木理彩 -8、4、10、8、11 宮脇千波

【男子ダブルス】
優勝:上條晃希/割石佑介(立命館大)
準優勝:坂根翔大/福本卓朗(関西大)
3位:李佳睿/張博良(龍谷大)、馬場子龍/田中元樹(龍谷大)
◆決勝
上條晃希/割石佑介 -14、3、3、7 坂根翔大/福本卓朗

【女子ダブルス】
優勝:小脇瑞穂/村田咲紀(関西学院大)
準優勝:朝田茉依/塩見紗希(同志社大)
3位:麻菜々子/鈴木琴音(立命館大)、竹田彩乃/光根鈴香(関西学院大)
◆決勝
小脇瑞穂/村田咲紀 8、11、8 朝田茉依/塩見紗希

 男子シングルスは留学生の李佳睿が優勝。決勝では大西、重村と関西学院大勢を下して勝ち上がってきた1年生の西に勝利して優勝を決めた。龍谷大のシングルス優勝は昭和63年大会から平成3年大会まで4連覇を達成した王会元(現龍谷大監督)以来3人目。
 女子は異質攻撃型の鈴木がタイトル獲得。安定した勝ち上がりを見せた鈴木は準決勝で立命館大・鈴木との「鈴木対決」でやや苦戦するも4-2で勝利し決勝へ。春季リーグ大活躍を見せた宮脇を相手に1ゲーム目を先取されるも逆転で頂点に立った。昨年の後期日本リーグでも活躍を見せた鈴木、その成長ぶりをアピールした。神戸松蔭女子学院大のシングルス優勝は平成24年大会の鳥居夕華以来7年ぶり。

※写真提供:馬渡卓也/関西学生卓球連盟
  • 男子シングルス優勝:李佳睿(龍谷大)

  • 女子シングルス優勝:鈴木理彩(神戸松蔭女子学院大)

  • 男子ダブルス優勝:上條晃希/割石佑介(立命館大)

  • 女子ダブルス優勝:小脇瑞穂/村田咲紀(関西学院大)