卓球王国12月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

卓球王国ストーリ-

トップニュース卓球王国ストーリ-
 SPIN-OFF(スピンオフ)とは副産物、派生商品という意味だ。
 1997年1月に創刊した卓球王国は、その後月刊化を達成し、3年ほど経ってから別冊を考えた。スポーツ出版界で様々な別冊はあるが、まず考えたのは卓球王国ならではの「別冊卓球グッズ」。メーカーの枠を超えた用具マニアのための一冊だ。第1号は2001年1月だった。
 この辺から「転がりだしたボールは止まらない」状態だ。
 01年世界選手権大阪大会の前に大会ガイドブックとして「卓球世界戦」の別冊を出した。のちにこれは09年世界選手権横浜大会の大会公式ガイドブックにつながっていく。

 そして同年の秋には「卓球写真集」を出すことを決めた。世界戦での素晴らしい写真を収めた卓球写真集だ。世界選手権後、早速、ITTF(国際卓球連盟)シャララ会長と直接メールのやりとりで「ITTFの公式写真集として出版」という話を取り付けた。

 あれから13年経った。
 昨日、締め切り直後の編集会議を行った。4月、5月の SPIN-OFF(スピンオフ)を確認した。
 4月中旬に「写真集TABLE TENNIS FASCINATION」(150ページ)、同じく世界卓球直前に「公式プログラム」(150ページ)、4月21日発売号の卓球王国には60ページの「日本卓球リーグ選手名鑑」が付録(日本リーグではこれは公式の選手名鑑になります)として入る。
 そして5月下旬には「別冊卓球グッズ」が発刊。
 編集スタッフはなぜか無口(!)になり、下を向く人もいる。そうです。月刊誌以外にこの仕事をこなし、しかもほとんど外部スタッフなしでやる。まさに春の正念場! 
 編集長は鬼!と陰口をたたかれているに違いない。
 各自の担当割もほぼ終えた。手前味噌であるが、卓球王国のスタッフの仕事のスキルは相当に高い(おだてなければ・・でも、ホント)。
 「この仕事をこなしたらみんなで南の島でバケーション!」。もちろんこれは編集長の妄想ですが(笑)。
  • 第1号の別冊卓球グッズ

  • 2001年世界選手権前の別冊