卓球王国10月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

中国リポート

トップニュース中国リポート
 7月23日から8月2日まで、中国・天津では『2019 中体産業杯 全国卓球選手権』が開催される。会場は17年全中国運動会の舞台となった武清体育センターだ。

 4年に1度の全中国運動会に比べ、注目度が低くなりがちな全中国選手権だが、今年はちょっと様子が違う。大会前半に男女シングルスと混合ダブルス、後半に男女団体が進行するスケジュール。いわば「ミニ・オリンピック」として大会が行われるのだ。1952年から続く伝統ある大会で、男女ダブルスをスパッと開催種目から外すあたり、いかにも「合理的」な中国らしい。

 そして、五輪を想定した日程で行われる以上、トップ選手も欠場するわけにはいかない。近年にないほどワールドツアーに連続して出場し、T2ダイヤモンドが終わってようやくひと息つけるというところで、なんともハードなスケジュールだ。

 さて、前置きが長くなりました。この全中国選手権で、会場の武清体育センターを運営・管理する中体場館運営管理(天津)有限公司が、「撮影大賽」なる取り組みをしている。大会期間中、プロ・アマのカメラマンや撮影愛好家、つまりあらゆる人を対象に大会に関するベストショットを募集するというもの。選手の迫力あるプレーでもいいし、観客席のファンの熱い応援でもいい。作品には作者の名前と連絡先を付記してメールで応募。8月20日に入選作が発表される。

 ちなみに一等は奨金500元(約7850円)と、大会スポンサーである『MIHOU』のスキンケアセット、そして選手のサイン入りラケット。二等は奨金300元、三等は奨金100元にそれぞれスキンケアセットがついてくる。……奨金としては「ゼロがひとつ少ない?」くらいシブい金額だが、大会の良い記念にはなりそう。発表される入選作に、ちょっとだけ注目したい。
  • 全中国選手権の会場となる武清区体育センター