卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
●男子決勝第2戦
<オレンブルク(ロシア) 3-2 UMMC(ロシア)>
○サムソノフ 3、7、8 グルーツ
 オフチャロフ -8、-4、-9 方博○
○閣安 3、11、9 ガチーナ
 サムソノフ -9、-8、8、-5 方博○
○オフチャロフ 7、9、10 シバエフ
★オレンブルクが2シーズンぶり5度目の優勝

 ヨーロッパチャンピオンズリーグ、男子優勝はオレンブルク! 第1戦に続き同じロシアのUMMCをラストまでもつれた接戦で下し、2シーズンぶりの王座に登り詰めた。
 逆転優勝を狙うUMMCは第1戦を欠場したグルーツ(デンマーク)を起用するも、サムソノフ(ベラルーシ)が完勝でオレンブルクが先取点。2番は方博(中国)がオフチャロフ(ドイツ)に第1戦のリベンジを果たし、前半は1-1のタイ。オレンブルクがこの日3番に起用した閣安(中国)がきっちりとポイントを奪うと、4番では方博がこの日2得点目を上げてUMMCも食らいついたが、ラストを締めたのは第1戦に続きオフチャロフ。シバエフ(ロシア)をストレートで下し、大熱戦に終止符を打った。
 オレンブルクはグループリーグから決勝まで、12試合全勝でチャンピオンに。5度の優勝すべてを経験しているサムソノフ、オフチャロフに、今シーズンからフレイタス(ポルトガル)、閣安が加入し、水谷隼(木下グループ)の抜けた穴をしっかりとカバーした。ちなみサムソノフは今回が自身13度目のチャンピオンズリーグ制覇(ボルシア・デュッセルドルフ/ドイツで3度、シャルロワ/ベルギーで5度、オレンブルクで5度)となった。
  • トップで勝利したサムソノフ。優勝に貢献し、自身13度目のECL制覇を達成(写真は2019年世界選手権)