卓球王国9月号 7/20発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
 世界選手権ブダペスト大会の女子ダブルス決勝5ゲーム目の9-9での出来事。伊藤美誠と早田ひなは金メダルに限りなく近づいた。しかし、その手から優勝というタイトルはするりと離れていった。
 卓球の試合では何でも起こりえる。
 会場にいてスクリーンのリプレーを観た人は「あれはネットインじゃない」と思った。
しかし、このハプニングさえも卓球という試合なのだ。「たられば」が許されるなら、日本ペアは金メダルに手が届いたと言える。

 決勝直後の記者会見でのインタビューと、その後のホテルでのインタビューを卓球王国最新号で掲載する。以下は、インタビューの一部抜粋である。

伊藤「私もそうだし、全員がネットじゃないと思っている。仕方ないことだけど、私は絶対違うと思う。審判にも何度も言ったけど変わらなかった。ビデオも見てほしかった。審判にもっと言うべきだった。負けたので言い訳にはできないけど、あれは大事な1本だったし、10−9になって、タイムアウトも取らないでそのまま勝てた試合だった。そこで中国選手がラッキーな部分を勝ちにつなげた。精神的にも中国選手は強かった」

伊藤「言いたいことはたくさんあります。でも決勝は悪くはなかった。自分たちは2ゲーム目までは自分たちらしいプレーはできたけど、全部が全部うまくはいかないので、3ゲーム目から相手も対応してきたし、緩急をつけてきました。2-2になってしまったのがもったいなかったし、3ゲーム目か4ゲーム目を取りたかったですね」

早田「2ゲームを取ったということは相手が替わってもうまくいっていること。どちらに対しても私たちは嫌な感じはなかった。そこから相手二人の連係プレーが良かったので、そこをサービスから崩していく、レシーブから崩していくことができれば良かったです」

——9-9でのネットインサービスはとても重要な1本ではあったけど、試合全体を見ていけば、もちろんそこだけで決まったわけでもないですね。
伊藤「(その1本は)大きいけど、2-0から2−2になってしまった。そして9-9までいってしまったところかな」

*インタビューの全文は卓球王国最新号で。本日発売!
  • 女子ダブルス決勝での早田/伊藤

  • サービスのネットイン判定に抗議する早田/伊藤