卓球王国1月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 7月25~27日、兵庫県・グリーンアリーナ神戸にて全日本選手権(ホープス・カブ・バンビの部)が行われ、未来の日本を背負って立つであろう、きらりと光る選手たちがしのぎを削った。

 ホープス男子はカットマンの村松雄斗(平野卓研)が優勝。この優勝で04年バンビ、06年カブに続いての3階級制覇となった。元世界選手権3位で本誌でもおなじみの高島規郎氏も絶賛するその才能が、世界で開花する日も近いかもしれない。女子は今年の全日本選手権で旋風を巻き起こした前田美優(高瀬ク)が2連覇を達成。こちらは05~06年にカブの部で連覇を飾っており、同世代では敵なしの強さだ。
 小学2年生ながら1階級上のカブの部に出場した注目の平野美宇(平野卓研)は決勝で、加藤美優(美鷹ク)に敗れて惜しくも準優勝だった。

 各種目の優勝者は以下の通り

●ホープス男子:村松雄斗(平野卓研/山梨)
●ホープス女子:前田美優(高瀬ク/香川)
●カブ男子:松山祐季(卓伸ク/愛知)
●カブ女子:加藤美優(美鷹ク/東京)
●バンビ男子:金光宏暢(六番卓球ク/岡山)
●バンビ女子:伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団/静岡)