世界卓球男子単3位の用具考察

男子シングルス1〜2位につづき、3位の選手の用具について考察していこうと思います

 

3位に入ったのは梁靖崑と安宰賢

梁靖崑はヤサカ契約です。

ファルクといい、ヤサカの1本釣りの感性には恐れ入ります

梁靖崑は今大会、樊振東、丹羽に勝利し、実力を十二分にアピール。

大デブという愛称があるようですが、それだけパワーも乗ってました。

昨年のグランドファイナルからアルネイドを使用。

ラバーは両面キョウヒョウ(硬度違い)です。

 

今回、樊振東戦で勝った時に謎のパフォーマンスをしていました

 

足を上げて、シューズを指している

 

てっきりシューズの性能をアピールしているのかと思いましたが・・・

 

どうやらシューズにラッキーナンバーが入っており、それが彼女の誕生日らしい

色男です

 

 

もうひとりは安宰賢

世界ランキング157位が予選から勝ち抜いていき、メダルを獲得。

まさにシンデレラボーイ!

 

キョウヒョウ龍5の特注に

フォアはキョウヒョウ、バックはオメガ7プロ

このラバーの

組み合わせは最近の韓国選手のトレンドになっています

パワーがあるからこその組み合わせです。

 

異常なほど回り込みが速く、ストレートへのフォアドライブは恐ろしい精度と決定力がありました

また、中陣でも戦えるフットワーク力とパワーも魅力ですね

これからも注目の選手になるでしょう

 

 

書き手:編集部・ゆう