世界卓球女子単2位(陳夢)の用具考察

女子シングルスで2位になった陳夢も円熟のプレーでした。

バックハンドの威力と精緻さ、回り込みの速さ、スイングの大きいフォアを連続で打てるフィジカルなど、選手として成熟しています。そしてとにかくミスが少ない。

スイングの大小のコントロールが素晴らしく、ボールに合わせてスイングを微調整できる感覚は天才的です。

 

グランドファイナルでも優勝し、今大会も優勝候補のひとりでした。

陳夢はスティガ契約で

カーボネード45を使っています

カーボネードはスティガの代表的な特殊素材ラケットで、特に45、145が人気があります。

45・145・245のレッドラインのグリップは弧線が高く、

90・190・290のブルーラインのグリップは弧線が低い

それぞれ数字が高いほうが弾みます。

つまり、陳夢は弧線重視で一番弾まないラケットを選んでいます。もともと木材ラケットや弾みを抑えているインナー系を使っていたので、選択肢としては不思議ではありません。

 

ただ、中国選手として珍しいのがアナトミックを使っているという点

 

女子はFL、中国選手はFLという常識を覆しています

グリップも太さや厚さなど、握ってみないとわからないので、同じラケットでもバリエーションを握るとより良いものに出合えるかもしれません

もしかしたら一時期、孔令輝が陳夢のコーチをしていたので、その影響では・・・・と推測してしまいます

 

ラバーは両面ともにキョウヒョウ(硬度違い)を使っています

昨年8月のアジア競技大会の時点ではバック側はテナジーでしたが、その後はバック面もキョウヒョウへ

 

変えた当初はバックに首を傾げる場面もありましたが、今大会は見事に使いこなしていました

 

優勝した劉詩雯の高速卓球も素晴らしかったですが、陳夢のプレーも迫力があって良いですね。

ちなみに

ベスト8に入った孫穎莎も同じ用具を使っています(グリップはFL)

 

編集部:ゆう