『ティバー』が田添響選手とアドバイザリー契約締結

ヨーロッパブランドのティバー(TIBHAR)は、Tリーグで活動中の田添響選手(木下マイスター)とアドバイザリー契約を締結したことを、12月1日に発表した。
サムソノフやスッチ、陳建安、ドリンコールなど世界のトッププレーヤーとアドバイザリー契約を結んでいるティバーだが、田添選手は初めての日本人単独契約となる。
以下は田添選手のコメント。
「このたび、ティバーさんからサポートしていだたくことになりました。ティバーのラバ−、ブレードは自分のプレースタイルにすごくマッチしていると感じます。まずは実力をつけてTリーグでの出場機会を増やし、プロアスリートとしてもっと活躍していけるように挑戦します。応援宜しくお願い致します」

<田添 響(たぞえ ひびき)選手プロフィール>
所 属:木下グループ
生年月日:1996年6月2日(23歳)
出身地:福岡県北九州市
学 歴:中間東中学→希望が丘高校→専修大学
戦 型:右シェーク攻撃型
ラバー:(表)TIBHAR EVOLUTION MX-S (裏)TIBHAR EVOLUTION MX-P
ブレード:TIBHAR FORTINO Pro(予定)

また、ティバーは水谷隼選手のパーソナルコーチで、日本ナショナルチームにも帯同するG.Cフォースター氏とも、コーチ兼コンサルタント契約を締結。フォースター氏は元ドイツブンデスリーガーで、彼の豊富な経験や知識を生かし、日本でのティバー製品の紹介・日本向け製品開発・選手の発掘、育成などの活動をともに行っていく予定。

※ちなみに、ティバーの日本代理店は、卓球台で知られる株式会社三英(写真提供:株式会社三英 広報事務局)