ブルガリアから〜( ;∀;)

どうも

もっている男の中の男、松平です。

やばいっす。
今、日本にいます。笑

何こいつ当たり前のこと言ってんだ?
とお思いの方、僕のツイッターを見てください( ;∀;)

いや、見なくても解説しますね。笑

どこから話せばいいかな?

ええ〜
僕はブルガリアで試合をしていました。

「そこからかい!!!∑(゚Д゚)」
って思いましたよね?
じゃあ省きます。

ブルガリアからドーハ経由で成田に帰国予定の松平はスタートでつまずきます。

並んでる人がめちゃめちゃ少ないのに全然チェックインカウンターが進まないなーと思っていたら飛行機が1時間遅れで出発するとのこと( ˙-˙ )

そして松平のドーハでの乗り継ぎ時間は1時間40分…1時間遅れ…残り40分…( ˙-˙ )

ダッシュすれば全然間に合うと思い、人ごとのように聞いてたらまさかの「乗れません」とのこと…( ˙-˙ )

「ホテルを用意するので24時間後の同じ便で帰れ」とのこと…( ˙-˙ )

(Twitterには12時間と書きましたがその後確認したら僕が間違えてました。あぶねー笑)

「ホテル、フード、ドリンクは無料」とのこと…( ˙-˙ )

そんなことどうでもいいんだよ!!o(`ω´ )o
いち早く日本に帰りたいんだよ!٩(๑`^´๑)۶
卓球したいんだよ!!笑
うまいご飯が食べたいんだよ!!笑

と思いつつもブルガリアからドーハまでの機内ではドーハのホテル暮らしを24時間満喫してやろうかな〜とポジティブに考えている自分もいました。

なんならほぼ腹をくくってました。
(唯一の不安材料は着替えがなかったこと)

がしかし!!!

天は松平を見放さなかった!

ドーハに飛行機が着いた時刻は夜中の1時40分。
成田行の飛行機の出発時刻は夜中の2時35分。

松平は望みをかけて機内でスタートダッシュをかける!

幸運にもビジネスクラスの2つ後ろの座席!

シートベルトサインのランプが消えた瞬間にビジネスクラスの手前までするりと動く!

ビジネスクラスの人たちが降りたらカーテンが開く!

そのカーテンがまだ開ききるかきらないかのところで松平が飛び出す!(※良い子はマネしないでね)

すぐさま搭乗口と繋がっていることを確認しエスカレーターを無視して階段をダッシュ!(飛行機を降りてバス移動だったら完全にタイムロスでアウト)

するとそこに女神はいた!!!

「NARITA」の紙を持って立っていた女神(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その女神とともに空港内をダッシュ!

荷物検査もビジネスクラスのとこを通り一瞬!

20分後の2時には成田行の機内にいた。笑

こんな早い乗り継ぎは初めてだ。笑

本当に僕はもっている。
もっている男の中の男なのだ。

ただ…
当初通路側だった席が…
ど真ん中に移動されていた…( ˙-˙ )

11時間、ど真ん中の旅…( ˙-˙ )

なんなら1度も休憩したり伸びたりせずに機内から機内に数十分移動しただけなので約15時間座りっぱなし状態も同然…( ˙-˙ )

無になった( ˙-˙ )

無になり寝れたはずだったが食べたくない機内食で添乗員さんに叩いて無理矢理起こされる( ˙-˙ )

隣にいるなんちゃって読モ系男子みたいな人が全開で脚を開きスネ毛を当ててくる( ˙-˙ )

無になりたい( ˙-˙ )

やっぱり最後、勝ちきれないのがこういうところなんだな。と改めて痛感させられた松平でした。笑

しかし結果、予定より24時間遅れのはずが逆に予定より1時間も早く日本に帰ってこれました。
やっぱり僕はもってます。笑
最高に幸せです!笑

皆さん、乗り継ぎは……

「諦めないで」

でも長時間移動でのむくみは……

「諦めて…」

くるぶし消えた( ˙-˙ )笑
怪物の足みたい。笑
じゃあね!

ブルガリアから〜( ;∀;)” への 10 件のコメント

  1. お疲れさまでした
    早く帰国できたとのこと☆ホッとしました〜
    よかったですね
    もってますよ(*´∀`*)

    それから、けんじさん応援してる人たくさんいますよ。みんなと一緒にこれからも応援しますね

  2. 賢二さん、ブルガリアオープンお疲れ様でした!Twitterも拝見していましたが、無事に帰国されたようで安心しました(^-^) 賢二さんはアクシデント?の女神様にも愛されているのでしょうか(笑)
    試合ももちろんPC画面の向こうからですが応援していましたよ!日本時間では深夜の試合もありましたが、眠気も吹き飛ぶような熱戦を見せていただけてシビれました( ´∀`)
    奥様の美味しいご飯で英気を養ってくださいね!

  3. ブルガリアオープンお疲れ様でした。
    対外試合の賢二さんを見るのが久し振りな気がしてついつい優先して見てしまいました(๑°ㅁ°๑)
    無事に帰国出来たのは良かったですね( ・ㅂ・)و
    ̑̑早く帰国出来たのは良かったのか悪かったのか分かりませんが…(笑)
    とにかくお疲れ様でした!日本では奥様と一緒にゆっくり過ごして下さいませ(´ω`)

  4. ごめんなさい途中でした。
    ドーハの悲劇かと思いましたが、さすが賢二さん!
    サンダルでダッシュですか?すごいですね!
    ど真ん中はツラすぎ・・・
    美味しいものたくさん食べてください。

  5. ソフィアの搭乗口でお話をさせていただいた者です。
    その際は、お名前を存じ上げずに失礼しました。(ブルガリアの卓球記事を探してこちらのブログに辿りつきました。)
    松平さんは無事に機上の人となり、成田には1時間装着だったんですね。
    当方は予定通り?成田便には乗せて貰えず、ソフィアで変更した羽田行きの便に乗るために、ドーハで5時間を過ごし、夜が明けて明るくなってから帰国の途に着きました。羽田到着は23時過ぎで、自宅着は午前2時過ぎになりました。
    松平さんの今後のご活躍を祈念しております。

  6. 長旅お疲れ様です^_^
    私なら乗り継ぎ諦めるな〜。
    そして振替え便をビジネスにアップグレードしてもらうようにお願いするかな。
    奥様が待ってますものね。
    ゆっくり休んでね。

  7. 賢二さんこんばんは。
    優勝、、のすぐ後にそんなトラブル、外国で戦う選手ならではですね。
    気が休まらなくて大変だったでしょう、でもアスリートなので乗り越え
    られるのですね!

    オリンピックの後も、ネットでいろいろな卓球選手の動画を見たり
    するうちに、本物を見たいと思うようになりました。
    運よく、近いうちに電車でいける距離の大会があることがわかりました。
    大学生だけのもののようです。

    行きたい、実際に見てみたい、反射神経抜群の動きを。
    。。。でも、選手たちの親族でもないし、先輩というわけでもない。
    自分が経験者というわけでもない。。。
    邪魔になってしまうかな?動画で配信されるのを見たほうが、、、

    などと考えてしまいます。

    やはり、箱根駅伝や野球を見に行くような、気軽な感覚では
    ありませんね。。。

    でも、スポーツを実際に見たいと本気で思ったのは久しぶりです。
    会場を調べて、地図を見て、とても懐かしい感覚です。
    賢二さんをはじめ、日本国内の卓球選手たちに
    本当に感謝しています。

    これからも、応援しております!!

  8. 賢二さん、こんばんは。
    どうしてもお礼を申し上げたくてコメントいたします。
    (ブログと関係なくて恐縮です、
    もちろん、承認いただかなくて結構です。)

    上記の大会に足を運び、(関東学生リーグ戦という大会でした。)
    実際の試合を見ることができました。
    もし、賢二選手からコメントに丁寧な返事を頂いていなかったら、
    「実物を見に行こう!」
    とまでは思わなかったと思います。

    経験したことのない自分にとって、卓球はやはり遠いスポーツ。
    ですが、賢二選手のように見に来てくれたほうが嬉しい、
    会場に足を運んでほしい、もっと知ってほしい
    という選手がいるのだとわかりました。
    ならば、行ってみようかなと。

    実際に見たのは、幸運にも名門校同士の戦いでした。
    明治VS専修 です。
    配信ではわかりませんでしたが、サーブのときの
    足音はあんなに響くものだったのですね。
    9点、10点から先は、なぜあんなに点が取れなくなるのでしょう。
    明治、専修だけでなく、そのほかの大学の試合でも、
    追いつかれて苦しんでいる選手をたくさん見ました。

    そして、酒井選手は、始まる前、審判に台が水平でないことを
    指摘していたようです。
    調整の後、ピンポン玉を四隅に置いて、転がらないことを
    確認していました。
    卓球台も生き物のようですね、何度も試合が続くと
    バランスが崩れるのでしょうか。
    三部選手が相手だったのですが、練習で何度か打ち合っただけで
    水平でないことに気付くほど、酒井選手の感覚は
    研ぎ澄まされているのだと、驚かされました。

    。。。その後の試合が、まるでほかの選手たちの試合と
    ちがって、遊び心?あふれる試合内容で、
    3-0で相手を圧倒してしまったのにも驚きましたが。
    3セット目、10点の後の11点目もするっと
    とってしまったように思えました。

    もちろん酒井選手の普段の練習の賜物だと知っていますが、
    他の選手たちの試合とあまりにかけ離れて、
    あっけにとられてしまいました。。。

    親族でも記者でもない自分がずっといてはおかしいと、
    途中で帰りましたが、帰ってから、あの後渡辺選手は逆転した!
    と知りました。

    卓球は、本当に素晴らしいスポーツですね。
    精密さと、読みの正確さと、闘志。

    うるさい郡山選手よりも、静かに、歯を食いしばって
    あきらめなかった渡辺選手のほうが、熱い闘志を持っていた
    ということでしょうか。
    (もちろん郡山選手を悪く言っているのではありません。)

    渡辺選手はインターハイの準優勝者なのに、大学でのシングルスが
    伸びなくてとても苦しんでいたと知りました。
    大舞台で復活して見せるなんて、誰もができることではありませんね。

    。。。長々とすみませんでした。
    卓球選手たちは、こんなにも熱くて、シビアな戦いを
    続けて、その中で一番になろうと必死なのだ、と伝わってきました。
    背信やテレビもとてもよいものですが、やはり実際に
    目にするのは特別なことですね。
    会場に実際に向かう大きなきっかけとなった
    賢二選手のブログに、感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です