Tリーグが、NTTドコモとのトップパートナー契約、NTTぷららとの映像配信の契約締結を発表

3月18日、一般社団法人Tリーグは、株式会社NTTドコモと2020年4月1日を契約開始日とする「トップパートナー契約」を締結したことを発表した。あわせて、Tリーグは株式会社NTTぷららと、ノジマTリーグ2019-2020シーズンに引き続き、映像配信に係る契約締結を発表した。

スポーツ観戦における新たな体験価値の創造と、スポーツ業界のエコシステム構築などを通じたファン拡大を目的としており、契約期間は両契約ともに2020-2021シーズンから2023-2024シーズンまでの4シーズン。

ドコモとNTTぷららは、Tリーグの開幕当初から、映像配信サービス『dTVチャンネル』および『ひかりTV』で、公式戦全試合の映像や、AI技術を活用したダイジェスト映像などを配信。
今回の契約により、Tリーグの各種プロモーション活動への協賛に加え、さまざまな先端技術を活用した公式映像の高度化と観戦体験の最大化、Tリーグの会員IDとドコモの「dアカウント」との連携によるデジタルマーケティングの推進、公式デジタルサービスの企画・開発などをTリーグと共同で取り組むことになる。

 

左より、株式会社NTTドコモ 吉澤和弘・代表取締役社長 、一般社団法人Tリーグ 松下浩二・チェアマン、株式会社NTTぷらら 永田勝美・代表取締役社長

 

■詳細は下記(Tリーグ公式ホームページ内)

https://tleague.jp/news/article/3997/