リベンジ! 琉球の超攻撃卓球が王者を呑み込む!

木下マイスター東京 2-3 琉球アスティーダ
1勝1敗 1勝1敗
1 田添健汰 8-11 11-8 10-12 吉村和弘
及川瑞基 宇田幸矢
2 水谷隼 11-5 11-7 11-10 戸上隼輔
3 及川瑞基 10-11 11-9 8-11 10-11 吉村真晴
4 大島祐哉 11-2 11-9 11-8 有延大夢
5 水谷隼 8-11 宇田幸矢

昨日の開幕戦で、木下マイスター東京に4試合すべて0−3の「0−4」という完敗を喫した琉球アスティーダが、見事にリベンジ。ビクトリーマッチまでもつれ込む熱戦を、全日本王者・宇田幸矢が締めて3−2で木下を破った!

「席替えしようぜ、席替え!」。試合の開始直前、琉球ベンチに吉村真晴の声が響いた。昨日の完敗をリセットすべく、変えられるものは変えて良い流れを呼び込もうというその姿勢。オーダーも大幅に入れ替え、試合の出足から全力で王者・木下に襲いかかった。

トップのダブルスは吉村/宇田がゲームオール12−10で勝利。田添/及川は昨日に続き、巧みな緩急とコース取りで得点を重ねたが、吉村/宇田は吉村が冷静沈着なプレー。3ゲーム目も回転量の多いチキータで相手のミスを誘い、10−7から10−10に追いつかれながらも12−10で競り勝った。

トップのダブルスで、琉球の吉村和弘(手前左)/宇田幸矢が勝利

しかし、2番では木下の「勝利の方程式」が発動。水谷隼がすぐさま1点を取り返す。攻撃の威力だけなら戸上のほうが上だが、水谷はサービスの配球のうまさと、ミスを誘う長短自在なレシーブを見せ、攻めても守っても得点できていた。「ぼくは攻めるプレーしかないけれど、水谷選手は攻めるプレーも守るプレーも相手によって変えることができる。自分自身まだまだ未熟だなと痛感しました」(戸上)。

戸上に対し、経験と戦術の差を見せた水谷隼
剛球は健在の戸上だが、打たされてミスをする場面も多かった

そして勝負のポイントとなったのは、3番の吉村真晴対及川瑞基。回転量の多いフォアのループドライブ、ミスの非常に少ない連続バックドライブで得点を重ねた試合巧者の及川だが、吉村も得意のサービスや、得点の準備打となる台上プレーでうまさを見せた。「今日はサービスのコントロールはちょっと良くなかったけど、1ゲーム目10−10からは大きいラリーに持ち込むためにアップ系のサービスを使ってしっかり取れたのが良かった」(吉村)。

キャプテン真晴、「相性は良くなかった」という及川に競り勝つ

4番の有延対大島は、有延が2ゲーム目の5−5から2本連続でサービスをミスするなど、最後までサービスのコントロールに苦しんだ。また体を絞り込んできた感のある大島が両ハンドで有延を圧倒し、勝負はビクトリーマッチへ。

サービスのコントロールに苦しんだ有延を、大島(手前)がストレートで下す

ビクトリーマッチは宇田幸矢対水谷隼。1カ月前の明治大卓球部90周年・ドリームゲームでは、宇田が3−0のストレートで勝利。これはエキシビションマッチなのであまり参考にならないと感じたが、宇田は試合後に「戦い方に関してはイメージが良い状態で入ることができて、出足からそのイメージどおりのプレーで先手を取れました」とコメント。攻守で圧倒したドリームゲームでのプレーは、やはり宇田に自信を与えていた。

出足、強烈なチキータと両ハンドのカウンターで宇田が4−0、7−3とスタートダッシュ。ここから水谷が7−7に追いついたが、「そこまで効いていたYGサービスを変えてしまった。YGをあまり練習していなかったので、自信がないサービスをしっかり出せなかったのは反省点」と試合後の水谷。宇田が最後までチキータで攻め切って11−8で勝利を収め、ベンチは歓喜の大歓声に沸いた。

声援を送ってくれたチームのメンバーとタッチを交わす宇田

「昨日はチームとしてこれ以上ないくらいボコボコにされたので、これ以上下はないと。良いイメージを持って、それぞれがそれぞれの仕事をしっかりこなすことをテーマとしていました。昨日よりは必ず良くなるとみんな知っていたし、本当に今日はチーム一丸となって試合に臨むことができました」。琉球のキャプテン吉村真晴は、そう試合を振り返った。若き全日本王者が単複2点を挙げた琉球、うれしい今季初勝利だ。

第2戦で今季初勝利を挙げた琉球アスティーダ

一方、敗れた木下もビクトリーマッチまで持ち込み、2試合で勝ち点「5」を獲得。「ダブルスは最後ジュースで負けて、3番で負けた及川も1ゲーム目や4ゲーム目はリードしていたところから逆転された。ビクトリーマッチは、1ゲームマッチなので(どういう結果になっても)しょうがないですね」。そう語る邱建新監督の口調にも、あまりショックは感じられなかった。爆発力のある琉球に対しても、最後まで食い下がった一戦だった。

2番水谷にアドバイスを送る木下の邱建新監督