卓球王国 グッズWEB 2020年 5月18日発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
グッズWEBインフォメーション

海外でバズってる? ラケットを削るだけの動画

本誌連動で毎月公開されている「我ら、ペンホルダーズ」の動画

9月にアップされた「大畑編①」が、他の動画とは違う動きを見せていることが判明した

 

 

この動画は、3万7000回の再生数(12月18日現在)で人気も高い。

そしてアナリティクスを見ると、意外な事実が判明した。

 

なんと、アクセスの40%が海外だったのだ。

 

通常、多言語字幕のない動画はその国のユーザーにしか見られない。王国の動画も例に漏れず、通常ほぼ9割が日本からのアクセスだ。

しかし、この握り方&削り方の動画は日本6割、海外4割という異常事態。

 

その内訳は

台湾6% インドネシア5% 韓国4% 香港2%

その他、ロシア・マレーシア、ベトナム、アメリカ、ブラジルなどなど

 

まだペンホルダーユーザーがいるであろう地域からのアクセスだったのだ。

 

技術は習う。でも削り方は習ったことがない。

という人も多いだろう。

ペンにとってラケット削りは非常に重要な項目だ。なにせ削らないと握れないからだ。

しかし教わらない。だから見られる。再生数が上がる。

これは世界共通の悩みだったのかもしれない。

 

ラケット削りに関しては、十人十色であり、いろいろな需要がありそうだ。

この削りが正解というわけではないので、ペンホルダーのYou Tuberにとっての登竜門的なコンテンツになるかもしれない。