希代の天才・モーレゴード「DNA」を語る

2017年世界ジュニア選手権で中国選手を次々になぎ倒し、決勝へ進んだスウェーデンのトルルス・モーレゴード。

この試合で「スウェーデンに再び天才が出現した」と世界が注目するようになったと言っても過言ではない。

 

独特なグリップから放たれるドライブ、そしてパンチのようなバックプッシュは彼独自の特徴で、次代のヨーロッパを担う選手のひとりになることは間違いないだろう。

 

現在はスウェーデンリーグ、そしてTリーグ(T.T彩たま)にも参戦し、腕を磨いている。

 

この動画はスティガが新開発した初のドイツラバー「DNA」についてモーレゴード本人が使用感を語っている。

シリーズで最もスポンジが硬い「DNA PRO H」をモーレゴードは19年から使用しているのだ。

 

世界で戦い、これからトップへ駆け上がろうとしているモーレゴード。

彼の言葉で「DNA」を語ってもらった。

画像をクリックで動画へ