卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 東京五輪を目指す全日本チャンピオンの水谷隼(木下グループ)の新しい専任コーチに、オランダ人のG.C.フォレスター氏が就任した。

 フォレスター氏は1999年の世界選手権個人戦で、オランダ代表として男子ダブルスに出場。水谷が中学生時代にドイツ・デュッセルドルフに卓球留学し、ブンデスリーガ2部のホルトハウゼンでプレーしていた時のチームメイトで、水谷とはダブルスも組んでいた。2017年1月の平成28年度全日本選手権では、水谷のベンチコーチも務めた。

 フォレスター氏の所属は木下グループ。今後、練習や遠征で水谷に帯同することになる。水谷はリオ五輪前に邱建新氏(現・木下グループ卓球部監督)と専任コーチの契約を結んでいたが、リオ五輪後は個人の専任コーチを置いていなかった。