卓球王国3月号 好評発売中!
写真表示不具合のお詫び
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス

●男子シングルス1回戦
林高遠(中国) 8、9、10、−9、4 ファルク(スウェーデン)

 打ちまくるファルクに対して、中陣からのドライブで粘った林高遠。両ハンドのカウンターを浴びせ、スマッシュチャンスを奪った。世界選手権2位のファルクは1回戦で沈んだ。
 
●女子シングルス1回戦
孫穎莎(中国) 9 、2、−9、6,1   鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

 女子は第1シード、世界ランキング3位の孫穎莎が登場。東京五輪の中国女子の代表は、現時点で五輪金メダリストの丁寧、世界ランキング1位の陳夢、同2位の劉詩ウェンの3人が有力視されている。
 しかし、先のチームワールドカップの決勝で日本の伊藤美誠を逆転で下した孫穎莎の存在感は大会ごとに増している。19歳の孫穎莎は、ベテランの丁寧に故障とかの不安があれば、すぐにでもその座を引き継ぐだけの強さをすでに備えている。
 世界11位の鄭怡静を圧倒した孫穎莎の両ハンド強打。恐るべしだ。

●男子シングルス1回戦
鄭栄植(韓国) 5、10、−7、3、−4、−2、3   梁靖崑(中国)   

 世界7位の梁靖崑に、世界21位の鄭栄植が挑んだ。韓国の貴公子とも言われるイケメンの鄭栄植は、昨シーズンはTリーグのT.T彩たまでプレーし、日本にもファンが多い。
 出足から飛ばしたのは鄭栄植。バックドライブが次々と梁靖崑を襲い、先に勝利に鄭栄植が王手をかけた。しかし、FAST5で梁が息を吹き返し、勝負は最終ゲームへ。5−3で鄭が梁を破り、雄叫びを上げた。ワールドチームカップのリベンジを果たした。

●女子シングルス1回戦
丁寧(中国) 8、−8、6、7、2 何卓佳(中国)

 10代の時から中国女子を支えてきた丁寧も29歳。今月上旬のチームワールドカップでは準決勝で腰を傷め、今大会への出場も危ぶまれたが、動きは悪くない。リオ五輪のシングルスと団体で2個の金メダルを獲得した彼女のモチベーションは、来年の東京五輪で有終の美を飾ることだろう。
 しかし、孫穎莎がすぐ後ろに迫っている。チームの精神的な支柱でもある丁寧の存在感は大きく、大舞台での経験を買われて3度目の五輪の舞台を踏む準備を彼女はしている。
 そんなスーパースターに襲いかかったのは21歳の何卓佳。中堅にさしかかる年齢の何卓佳は勝つことでしか、自分を証明できないはずだ。前陣からの両ハンドの異質攻撃を、丁寧は前・中陣でしのぎつつ、カウンターで狙う展開。打球点を変えたり、回転の変化をつけながら何卓佳を崩していった。4−1で丁寧がベテランの巧みなプレーで下し、準々決勝進出を決めた。
  • 強烈なフォアとバックのコンビネーションで梁靖崑を沈めた鄭栄植

  • 韓国ベンチは選手が交代で入る。昨日敗退した李尚洙がサポート

  • 林高遠は落ち着いて表ソフトのファルクを攻略

  • 動きの良い孫穎莎。次は丁寧と対戦だ

  • 昨年のグランドファイナルでは丁寧に勝利していた何卓佳だが今回は力の差を見せつけれられた

  • 厳しい両サイドのボールを放った丁寧が勝利