卓球王国3月号 好評発売中!
写真表示不具合のお詫び
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
【LEDに苦しむ水谷。勝負の3ゲームを落とし、勝機を逃す】

T2ダイアモンド3日目
●男子シングルス準々決勝
林高遠(中国) −3、7、10、4、2    水谷隼(日本)

1ゲーム目、水谷はLEDフェンスが見えない「サイド」を選択した。前日のオフチャロフ戦のようにボールが比較的見やすいほうでプレーして、1ゲーム目を先取したいからだ。3−3から一気に8本連取し、11−3とゲームを奪った。サービスが効いている。
 2ゲーム目、反対のサイドに行って、サングラスをかけた水谷。やはりボールが見にくいのだろう。「サングラス効果」(?)か、出足で3−0。4−2、5−3、台上強打で6−3とするも、6−7と逆転される。フォアドライブが決まり7−7としたが、7−11で2ゲーム目を落とした。ラリーになると得点できない展開だ。
 3ゲーム目、0−2からすぐに2−2に追いつく。4−4、カウンターブロックが決まり5−4。5−5から5−7、6−7から水谷のフィッシュを林がドロップショットで6−8、水谷がサービスエースで8−8に追いつく。9−9からバックの強打をミスして9−10。サービスエースで10−10。ジュースなしの1本勝負。最後は林のYGをチキータしたがミスして、11−10で林がゲーム連取した。
 4ゲーム目、出足から林がリード。水谷の見えにくいサイドでやや戦意喪失気味。4−11で落とす。
 5ゲーム目、5点勝負のFAST5に突入。5−2で林が水谷を下した。水谷はベスト8で今大会を終えた。

【「アンラッキーなことをぼくは受け入れるつもりだ」水谷】

・・・試合を振り返ってどうでしょう。
「2ゲーム目、6−3とリードした時にミスしてから一気に流れが相手に行ってしまった。自分から積極的に仕掛けなければ勝てない相手なので、最初は良いスタートが切れてプレーも良かった。このゲームを取れたら行けるかもと頭をよぎってから固くなってしまった。3ゲーム目も10−10から落としたのが悔やまれます」
・・・今大会でも得るものはありましたか?
「競った場面で自分が攻めている時には中国も脅威に感じていると思う。今の卓球は守るだけでは勝てないので、リスクを冒しても攻めなければいけない」
・・・このT2はどうでしたか?
「自分にとってこの環境は地獄ですね。雰囲気は素晴らしいので、複雑な思いです」
・・・2ゲーム目も惜しかったが、光の影響を受けにくいサイドだった3ゲーム目を落としたのが大きかったですね。
「作戦どおり、見えやすいサイドをまずとって、1ゲーム目が取れた。2ゲーム目は取られても良いと思ったけど、思いのほかリードもした。そこで落としたのは想定内。3ゲーム目は取りたかったのに取り切れなかった。取らなければいけないゲームでした。できる限り時間を稼いで4ゲーム目を5点勝負(FAST5)にしたかった。5本勝負のほうがチャンスはあるから。だけど、4ゲーム目も11点勝負で簡単に落とした。2−2になっていればチャンスはあったので、(勝負は)3ゲーム目ですね」
・・・昨日のコメントで、五輪は3番手でも・・という言葉がありましたが、改めてどうですか?
「その気持ちは変わってない。厳しいし、ほぼ(2番手になるのは)不可能ですね」
・・・グランドファイナルでの逆転も可能ですけど。
「(丹羽は)ワールドカップもあるし、カナダ(北米オープン)もあるし、現時点では状況によって変わる。でも、今回、9月のT2(丹羽はノミネートされず、水谷が参戦予定だった)がキャンセルされたり、今回も4人がキャンセルして丹羽が繰り上げって出るとか、自分はどうにもできないアンラッキーなことが起きて、これをぼくは受け入れるべきだと思っている。もがいて頑張ろうとしたけど、結果は苦しい状況になった。これでシングルスに出られなくても、もし団体に選んでもらえて、ミックスに出場できればそこでベストを尽くしたい。そのどれかでメダルを獲れれば、そのためにシングルスに出られなかったと前向きに考えることはできる」
・・・グランドファイナルのラストチャンスに懸けるけども、この状況に納得しているのかな。
「あまりにもアンラッキーなことが続いた。あるべきもの(T2)がなくなって、ないもの(丹羽の出場)が生まれてきたから、受け入れるしかない。これだけのことが起きたらしょうがない。それに、最近、自分のパフォーマンスもあまり良くないから、団体とミックスは自信があるからそこでメダルを獲れるように集中したい」
・・・もちろんグランドファイナルには気持ちを切らさずに向かっていきますよね。
「もちろんそうです。最後の試合ですから。家族やファンの皆さんからも応援してもらっているので、自分が落ち込むと周りも悲しむので、前向きにやっていきたい」
  • 2ゲーム目のみサングラスをかけてプレーした水谷

  • 中盤から気合全開、林高遠が勝利

  • ここを突破して、少しでも丹羽とのポイント差を詰めたかったが・・・

  • 大きなLEDとボールがかぶる。環境も水谷にとっては足かせとなった