卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
1月6日正午、東京北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターにて、2020年東京五輪に内定された選手が発表された。

注目の3人目は男子は水谷隼、女子は平野美宇。男女3名ずつ計6名、この選手たちで東京五輪を戦うことになる。

男子代表候補選手
張本智和(木下グループ) WR5 シングルス/団体
丹羽孝希(スヴェンソン) WR15 シングルス/団体
水谷隼(木下グループ) WR16 団体/混合ダブルス

女子代表候補選手
伊藤美誠(スターツ) WR3 シングルス/団体/混合ダブルス
石川佳純(全農) WR9 シングルス/団体
平野美宇(日本生命) WR11 団体

混合ダブルス代表候補選手
水谷隼/伊藤美誠(木下グループ/スターツ)

シングルス枠は男子は張本智和、丹羽孝希、女子は伊藤美誠、石川佳純。
混合ダブルスは水谷/伊藤のペアが選出された。

※WR=世界ランキング(2020年1月現在)

【団体戦に出場する3人目の選考の理由】

水谷隼の理由 倉嶋洋介監督のコメント
「全日本選手権ダブルスで7度の優勝、世界選手権でも2度のメダルを獲得しているダブルスの名手。右利きとのペアはもちろん、たとえ左利きとのペアでも五輪で戦える戦力になる。シングルスにおいてもリオ五輪銅メダルの実績があり、近年の世界選手権団体戦でも日本のエースとして幾度となくメダル獲得に貢献。団体戦に強さを発揮できる選手。世界ランキングでも日本人3位。チームワールドランキング2位以内を目標としてきました。
1月のチームランキングは3位ではありますが、日本人上位3選手であれば目標達成が期待できる。そして長年日本のエースとして世界と戦ってきた選手であります。数多くの厳しい戦いを乗り越えてきました。チームの精神的支柱としてチームに最大限貢献してほしい」

平野美宇の理由 馬場美香監督のコメント
「昨年出場した国際大会でのダブルスで石川と組み、アジア選手権で銅メダル、ワールドツアーで準優勝、3位など好成績を残し、ダブルスで団体戦に貢献できると判断。また2017年アジア選手権で中国3選手を破り金メダル、2017年世界選手権で銅メダルを獲得。19年世界選手権シングルスでベスト8。2020年1月の世界ランキング11位と日本選手上位3番目の成績を残しており、団体戦のシングルスでも活躍ができる。平野が団体戦メンバーに入ることでオーダーを対戦国によって変えやすくなると考えた」

混合ダブルスの理由 倉嶋監督のコメント
「ワールドツアーグランドファイナル準優勝をはじめ、各ワールドツアーで安定した実績を残した。中国の世界チャンピオンペアに対しても僅差の戦いをし、想定するライバルペアに対しても実績を積んだということ。伊藤の変幻自在なプレーと水谷の安定性がペアとしてマッチし、高い安定感と爆発力を生み出し、日本人ペアとして実力・実績・ランキングからも最もメダルに近いペアであると判断した」