卓球王国3月号 好評発売中!
写真表示不具合のお詫び
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

●男子シングルス・予選グループ第2戦
篠塚 6、4、5、8 マルチネス(チリ)
戸上 2、8、10、6 ザレービン(アメリカ)
ドリアン・チェン(フランス) 12、11、9、8 曽根

●女子シングルス・予選グループ第2戦
出澤 5、2、5、2 エルハケム(エジプト)
木原 3、8、4、9 レイチェル・ヤン(アメリカ)

 男子シングルス予選グループは第2戦まで進行。日本勢は篠塚、戸上、出澤、木原が2連勝で明日の第3戦に進んだが、曽根がフランスのドリアン・チェンにストレートで敗れた。

 堂々たる体躯を誇るドリアン・チェンは、90年代に中国女子代表としてプレーし、後にフランスに渡ってプロ選手として活躍した鄭源の息子さん。団体戦ではチームが3位に入る中、出場機会を与えられなかったが、長身から放つパワードライブは強烈。曽根はジュースにもつれた1、2ゲーム目を奪うことができず、勢いづく相手に呑まれてしまった。団体準決勝の中国戦で劉夜泊から勝利を挙げた曽根だが、伏兵によもやの敗戦となった。他の4選手は、いずれもストレート勝ちで2連勝している。
  • 曽根をストレートで破ったドリアン・チェン