卓球王国2月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

★大会第8日目・12月1日のタイムテーブル ※カッコ内は現地時間

12:00〜(10:00〜) ●女子シングルス準決勝
長崎美柚 vs. 呉洋晨(中国)
小塩遥菜 vs. キム・ウンソン(北朝鮮)

13:00〜(11:00〜) ●男子シングルス準決勝
戸上隼輔 vs. 向鵬(中国)
モーレゴード(スウェーデン) vs. 馮翊新(チャイニーズタイペイ)

14:00〜(12:00〜) ●女子ダブルス準決勝
木原美悠/長崎美柚 vs. Ca.ルッツ/パヴァデ(フランス)
蒯曼/石洵瑶(中国) vs. A.ヴェグジン/K.ヴェグジン(ポーランド)

14:30〜(12:30〜) ●男子ダブルス準決勝
劉夜泊/徐英彬(中国) vs. チュア・シャオハン/パンイエウエン(シンガポール)
向鵬/曾蓓勲(中国) vs. シドレンコ/ティホノフ(ロシア)

17:00〜(15:00〜) ●混合ダブルス決勝
宇田幸矢/木原美悠 vs. 徐英彬/石洵瑶(中国)

18:00〜(16:00〜) ●女子シングルス決勝
18:45〜(16:45〜) ●男子シングルス決勝
19:30〜(17:30〜) ●女子ダブルス決勝
20:00〜(18:00〜) ●男子ダブルス決勝

 大会もついに最終日。12月1日のタイムテーブルは上記のとおり。男女シングルス決勝の後、男女ダブルス決勝が行われる。日本勢は男子ダブルスを除く4種目でメダルが確定。悔いを残さないよう、ベストのプレーをしてほしい。

 それにしても、男女シングルスのベスト4に中国選手がひとりずつしか残らないというのは、団体戦を終えた時点では予測できなかった。これまでの中国の世界ジュニア代表は、ジュニアの枠を越えてシニアで活躍している選手はエントリーせず、それでも上位を独占してきた。しかし、今大会の代表メンバーは、女子ではカデットの年代の選手がふたりいるものの、ほぼベストメンバーと言っていい。第一目標である団体戦を制したとはいえ、中国にとってもショックが大きいのではないか。

 さあ、2016年ケープタウン大会の張本智和以来となる、世界ジュニアチャンピオンは誕生するのか。今からドキドキが止まりません!
  • 試合終了後に大型ビジョン用の写真を撮影する小塩サン

  • 向鵬を応援する中国男子チーム。さすがに元気がない