卓球王国2月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

中国リポート

トップニュース中国リポート
 今日11月24日、タイ・コラートで開幕した世界ジュニア選手権。17回大会の開幕を記念して、2003年の第1回サンチアゴ大会から今大会までの中国の世界ジュニア代表メンバー、男女各4名をひたすら掲載します。それでは、どうぞ!

2003 第1回 チリ・サンチアゴ
[男子]李虎・鄭長弓・張継科・馬龍
[女子]李茜・彭陸洋・曹臻・李暁霞

2004 第2回 日本・神戸
[男子]馬龍・李虎・周斌・林晨
[女子]常晨晨・劉詩ウェン・范瑛・王シュアン

2005 第3回 オーストリア・リンツ
[男子]楊策・劉ミャオ・方力・石磊
[女子]丁寧・彭雪・曹麗思・劉凱倫
※北京市ジュニアチームを派遣

2006 第4回 エジプト・カイロ
[男子]徐克・呉ハオ・姜海洋・許鋭鋒
[女子]馮亜蘭・文佳・木子・武楊

2007 第5回 アメリカ・パロアルト
[男子]許鋭鋒・宋時超・閻安・張聖伍男
[女子]楊揚・文佳・木子・李暁丹

2008 第6回 スペイン・マドリッド
[男子]閻安・宋鴻遠・程靖チィ・方博
[女子]曹麗思・王大琴・陳夢・熊欣芸

2009 第7回 コロンビア・カルタヘナ
[男子]方博・閻安・林高遠・宋鴻遠
[女子]武楊・顧玉ティン・陳夢・曹麗思

2010 第8回 スロバキア・ブラチスラバ
[男子]宋鴻遠・林高遠・周雨・呉家驥
[女子]朱雨玲・易芳賢・趙岩・顧玉ティン

2011 第9回 バーレーン・マナーマ
[男子]林高遠・鄭培峰・宋鴻遠・呉家驥
[女子]陳夢・朱雨玲・顧玉ティン・顧若辰

2012 第10回 インド・ハイデラバード
[男子]樊振東・林高遠・范勝鵬・徐晨皓
[女子]朱雨玲・顧玉ティン・顧若辰・劉高陽

2013 第11回 モロッコ・ラバト
[男子]周愷・孔令軒・周啓豪・梁靖崑
[女子]顧玉ティン・劉高陽・王曼昱・劉㬢

2014 第12回 中国・上海
[男子]于子洋・薛飛・劉丁碩・呂翔
[女子]王曼昱・朱朝暉・何卓佳・陳可

2015 第13回 フランス・ヴァンデ県
[男子]劉丁碩・薛飛・朱誠・王楚欽
[女子]王曼昱・王芸迪・陳可・陳幸同

2016 第14回 南アフリカ・ケープタウン
[男子]楊碩・徐海東・于何一・徐英彬
[女子]石洵瑤・孫芸禎・劉ウェイ珊・袁媛

2017 第15回 イタリア・リーヴァデルガルダ
[男子]薛飛・王楚欽・牛冠凱・徐海東
[女子]孫穎莎・王曼昱・石洵瑤・銭天一

2018 第16回 オーストラリア・ベンディゴ
[男子]徐海東・向鵬・徐英彬・于何一
[女子]銭天一・石洵瑤・郭雨涵・黄凡真

2019 第17回 タイ・コラート
[男子]徐英彬・向鵬・曾蓓勲・劉夜泊
[女子]蒯曼・陳熠・石洵瑤・呉洋晨

 ……こうして振り返ってみると、現在の中国代表の主力選手は、必ずといっていいほど世界ジュニアを経験している。唯一と言っていい例外が許シンで、2006年に北九州で行われたアジアジュニアには出場したが、世界ジュニアに出場することはなかった。

 2006年大会のジュニア男子シングルス決勝で、松平健太に敗れた「モヒカン少年」徐克。2007年大会のジュニア男子団体決勝で、勝利を決めた後に台に乗って物議をかもした宋時超などは懐かしい名前。宋時超は腰を傷め、20歳でラケットを置いて学業の道に戻った。2008年マドリッド大会で、シェークフォア表ソフトの攻守で4冠に輝いた女王・曹麗思は、シニアではほとんど活躍できず。チャンピオンクラスでも、決して将来が約束されているわけではないのが中国代表の厳しさだ。