卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<グレンツァオ 3-2 ブレーメン>
○ゲラシメンコ 10、8、9 ランビエ
○リンド 7、8、-9、5 シュテガー
 ボボチーカ -9、-6、-5 スッチ○
 ゲラシメンコ -3、-10、-5 シュテガー○
○ボボチーカ/リンド 10、12、7 ツボイ/スッチ

<ケーニヒスホーフェン 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ>
○及川 -8、9、11、-5、7 ボル
○マジョロス 7、-9、9、8 シェルベリ
 オルト -6、-8、-7 K.カールソン○
 マジョロス -9、-2、-5 ボル○
○及川/オルト -6、-6、2、12、3 K.カールソン/シェルベリ
★及川瑞基通算成績:単18勝9敗/複1勝1敗

<フルダ・マーバーツェル 3-2 オクセンハウゼン>
 王熹 9、-10、-10、7、-8 フェガール○
 プツァル 9、-5、-6、-10 ゴーズィ○
○フィルス 7、7、4 ディヤス
○プツァル 10、8、14 フェガール
○王熹/フィルス 8、8、14 ゴーズィ/ディヤス

<ザールブリュッケン 3-1 ベルクノイシュタッド>
○廖振珽 5、8、-5、15 シドレンコ
 ポランスキー -12、-3、6、12、-9 ロブレス○
○ヨルジッチ 6、-4、-6、9、11 ドリンコール
○ポランスキー 8、6、6 シドレンコ

<ミュールハウゼン 3-1 ユーリッヒ>
○メンゲル 3、5、6 アレグロ
 イオネスク -10、5、-7、-4 クレイン○
○Da.ハベソーン 11、7、-5、3 デヴォス
○イオネスク 5、-9、-11、8、6 アレグロ


◆男子1部順位表(全日程終了)
1位:オクセンハウゼン(16勝4敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(15勝5敗)
3位:ザールブリュッケン(15勝5敗)
4位:ベルクノイシュタッド(14勝6敗)
~~~~~~上位4チームがプレーオフ進出~~~~~~
5位:フルダ・マーバーツェル(12勝8敗)
6位:ミュールハウゼン(11勝9敗)
7位:グリューンヴェッターズバッハ(8勝12敗)
8位:ケーニヒスホーフェン(7勝13敗)
9位:グレンツァオ(7勝13敗)
10位:ブレーメン(5勝15敗)
11位:ユーリッヒ(0勝20敗)

◆男子個人成績TOP5
1位:フランチスカ(ザールブリュッケン/23勝4敗)
2位:シュテガー(ブレーメン/23勝10敗)
3位:K.カールソン(ボルシア・デュッセルドルフ/16勝6敗)
4位:Da.ハベソーン(ミュールハウゼン/19勝10敗)
5位:及川瑞基(ケーニヒスホーフェン/18勝9敗)


 2018/2019シーズンのドイツ・ブンデスリーガ男子1部はレギュラーシーズン全日程が終了。最終戦に出場した及川瑞基(専修大)はボル(ドイツ)を下す殊勲の勝利。ラストのダブルスでも今シーズン初勝利をあげ、単複2得点でチームを最終戦勝利に導いた。及川の今シーズンの最終成績はシングルス18勝9敗で個人成績5位にランクイン。1部初挑戦となった昨シーズンは9勝に留まったが大きく勝ち星を伸ばし、ドイツでの成長ぶりをアピールした。
 前節終了時点でプレーオフに進む4チームは決定済みだったがレギュラーシーズン1位はオクセンハウゼン。昨シーズンのチャンピオン、ボルシア・デュッセルドルフは2位からの6連覇を目指す。プレーオフ準決勝は3試合制で行われ、3月23日のオクセンハウゼンvs.ベルクノイシュタッド、3月24日のボルシア・デュッセルドルフvs.ザールブリュッケンからスタートする。
  • 18勝をあげて2年目のシーズンを終えた及川(写真は2018年度全日本選手権)