卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
【2018/19 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
●女子決勝第2戦
<タルノブジェク(ポーランド) 3-2 Dr.チャッスル(クロアチア)>
○ハン・イン 5、9、7 杜凱琹
○サマラ 3、-7、10、-11、4 ユ・フ
 リー・チェン -5、-6、-7 倪夏蓮○
 サマラ 2、-8、-7、-8 杜凱琹○
○ハン・イン 4、8、9 ユ・フ
★タルノブジェクが初優勝

 ヨーロッパチャンピオンズリーグ女子決勝第2戦は、ハン・イン(ドイツ)が2得点を叩き出しタルノブジェクが2連勝。これまで準優勝が2度と頂点まで足踏みが続いていたタルノブジェクだったが、3度目の正直で初優勝を達成した。

 タルノブジェクは第1戦で2得点をあげた顧若辰(中国)が欠場するも、トップでハン・インが快勝すると2番ではサマラ(ルーマニア)がフルゲームの末にユ・フ(ポルトガル)に勝利し、王手。しかし、連覇を狙うDr.チャッスルも55歳の大ベテラン・倪夏蓮(ルクセンブルク)がリー・チェン(ポーランド)を完封、杜凱琹(香港)も意地の勝利で第1戦に続き5番までもつれ込む。しかし、最後はハン・インがユ・フをストレートで突き放し、タルノブジェクが勝利。過去2度の決勝では苦杯が続いていたハン・インが2得点でチームに念願のタイトルをもたらした。
  • 2得点のハン・イン。チームに悲願のタイトルをもたらした(写真はTリーグでのプレー時)

  • サマラは2番で競り勝ち、大きな勝利(写真はTリーグでのプレー時)