卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 8月7〜11日に香港で開催されたITTFジュニアサーキット・香港ジュニア&カデットオープン。日本からは男子3選手、女子6選手が参加し、ジュニア女子シングルスで小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)が決勝でチョイ・ハウン(韓国)をゲームオールでくだし優勝を決めた。小塩は横井咲桜(ミキハウスJSC)、赤江夏星(貝塚二中)とのジュニア団体でも決勝で香港Aをくだし優勝。カデットダブルスでも張本美和(木下グループ)とのペアで優勝し、大会3冠を獲得した。
 また、7月の全日本(ホープス・カブ・バンビの部)で大会6連覇を達成した松島輝空(木下グループ)はジュニア男子シングルスでは2回戦でパナギトグン(タイ)に破れたものの、カデット男子シングルス決勝では張佑安(チャイニーズタイペイ)とのゲームオールの接戦を制しタイトルを獲得した。
 
 大会の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。 

■香港ジュニア&カデット記録
●ジュニア男子シングルス優勝:アーマディアン(イラン)
● ジュニア女子シングルス優勝:小塩遥菜 
● ジュニア男子ダブルス優勝:アーマディアン/パナギトグン(イラン/タイ)
●ジュニア女子ダブルス優勝:簡彤娟/于修婷(チャイニーズタイペイ) 3位:赤江夏星/横井咲桜
● ジュニア男子団体優勝:シンガポール   
● ジュニア女子団体優勝:日本(小塩遥菜、赤江夏星、横井咲桜) 
●カデット男子シングルス優勝:松島輝空
●カデット女子シングルス優勝:キム・ナヨン(韓国) 2位:張本美和 
● カデット男子ダブルス優勝:荘家権/高承睿(チャイニーズタイペイ)
●カデット女子ダブルス優勝:張本美和/小塩遥菜
● カデット男子団体優勝:タイペイ/香港/イラン混成チーム 
● カデット女子団体優勝:日本(張本美和、青木咲智、高森愛央)