卓球王国10月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 7月18〜21日、マレーシア・ジョホールバルのパインウッドスタジオで行われる『T2ダイヤモンド』の第1ステージ(Event1)。ITTFワールドツアーのスタンディング(獲得ポイントのランキング)上位15名と招待選手1名、男女各16名によって優勝が争われる。その出場選手が、今日6月24日に正式に発表された。出場する選手のリストは下記のとおり。

【男子】馬龍(中国)、林高遠(中国)、許昕(中国)、張本智和(日本)、ファルク(スウェーデン)、梁靖崑(中国)、樊振東(中国)、水谷隼(日本)、黃鎮廷(香港)、林昀儒(チャイニーズタイペイ)、王楚欽(中国)、フランチスカ(ドイツ)、カルデラノ(ブラジル)、丹羽孝希(日本)、オフチャロフ(ドイツ)、ボル(ドイツ/招待選手)

【女子】王曼昱(中国)、陳夢(中国)、劉詩雯(中国)、朱雨玲(中国)、丁寧(中国)、伊藤美誠(日本)、孫穎莎(中国)、馮天薇(シンガポール)、鄭怡静(チャイニーズタイペイ)、平野美宇(日本)、陳思羽(チャイニーズタイペイ)、杜凱琹(香港)、ポルカノバ(オーストリア)、石川佳純(日本)、加藤美優(日本)、スッチ(ルーマニア/招待選手)

 男子では、ワールドツアー・スタンディングでも出場資格を持っていたボルが、主催協会であるマレーシアからの招待選手となったため、ワールドツアー・スタンディングで15位で並んでいた丹羽孝希とオフチャロフが揃って選出された。

 一方、女子は中国オープンが終了した時点で、上位16名の中に中国選手が9名入っていたが、陳幸同・王芸迪・何卓佳の3選手は出場せず、代わりにポルカノバ、石川佳純、加藤美優が出場。一昨年のT2グランドファイナル女子優勝のスッチが招待選手として追加され、ヨーロッパ選手を加えたバランス重視の人選となった。

 T2ダイヤモンドの優勝賞金は優勝10万ドル(約1070万円)、準優勝5万ドル(約540万円)という高額なものだが、日本選手にとってより重要なのは、世界ランキングのポイントだ。こちらは優勝者は1000ポイント、準優勝800ポイント、3位700ポイントなどとなっており、初戦敗退(ベスト16)でも400ポイントを獲得する。これらのポイントは世界ランキングを算出する上位8大会とは別枠で、ボーナスポイントとして加算されるため、トップ選手の世界ランキングへの影響はかなり大きい。

 7月の国際大会の予定を見てみると、2〜7日に釜山でITTFワールドツアー・韓国オープン(レギュラー)が行われたあと、9〜14日にITTFワールドツアー・オーストラリアオープン(プラチナ)、そして18〜21日にマレーシアでT2ダイヤモンドが行われる非常にハードなスケジュール。東京五輪の代表選考レースは、早くも大きなヤマ場を迎えようとしている。
 愛知県のスカイホール豊田で行われた前期日本リーグ豊田大会。男女の優勝争いは最終日までもつれる混戦になった。

 男子1部は東京アートとシチズン時計が優勝をかけて激突。東京アートは新人の吉村和弘が4番で勝利し、シチズン時計を3−1で下した。東京アートが4期ぶり24回目の優勝を飾った。

 女子1部は最終戦を前にして、十六銀行と中国電力が1敗で並んだ。最終戦では中国電力が日立化成に敗れて2敗になると、十六銀行がサンリツに勝利し、1敗を守って2期ぶり5回目の優勝を決めた。

【男子1部】最終順位
①東京アート②シチズン時計③協和発酵キリン④愛知工業大学⑤日鉄物流ブレイザーズ⑥日野自動車⑦リコー⑧原田鋼業

【女子1部】最終順位
①十六銀行②中国電力③デンソー④日立化成⑤サンリツ⑥愛媛銀行⑦豊田自動織機⑧広島日野自動車

【男子2部】最終順位
①クローバー歯科カスピッズ②信号機材③JR北海道④朝日大学⑤琉球レオフォルテ⑥トヨタ自動車⑦藤ミレニアム⑧協和発酵バイオ

【女子1部】最終順位
①エクセディ②神戸松蔭女子学院大学③JR北海道④愛知工業大学⑤朝日大学⑥オークワ⑦MACHIDA BEATS⑧百十四銀行
  • 男子1部優勝の東京アート

  • 女子1部優勝の十六銀行

 ラバーの代わりにフエルト生地を貼ったラケットでプレーする無回転卓球の大会が、7月15日(月・祝日)に東京・大久保スポーツプラザにて開催される。
硬式、ラージとは違う無回転卓球にチャレンジしてみよう。

★無回転卓球「JAPAN CUP 2019」
日時:7月15日(月・祝) 9:00〜12:00
会場:東京都新宿区・大久保スポーツプラザ
種目:無回転卓球・男女混合シングルス
参加費:一般1500円(会員は1050円)
※大会終了後に懇親会あり

お申込みは以下のリンクをご確認ください↓
https://www.mukaiten.com/news/japan-cup-2019/
 6月12〜16日に中国・太倉で行われたITTFジュニアサーキット・中国大会。日本からは男子15名、女子6名が参加し、日本はジュニア男子シングルスの篠塚大登(愛工大名電中)、カデット女子シングルスの張本美和(木下グループ)、ジュニア女子団体、カデット女子団体の4種目で銀メダルを獲得。銅メダルも6個獲得し、日本は合計10個のメダルを獲得した。
 今大会、圧倒的な強さを見せたのは、やはり開催地元の中国勢。大会10種目中9種目で優勝を果たした。

 大会の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。 

■中国ジュニア&カデット記録
●ジュニア男子シングルス優勝:全開源(中国) 2位:篠塚大登 3位:横谷晟
●ジュニア女子シングルス優勝:袁媛(中国) 
● ジュニア男子団体優勝:中国 3位:日本3(柏竹琉、鈴木颯、吉山僚一)  
● ジュニア女子団体優勝:中国 2位:日本(横井咲桜、赤江夏星) 
●カデット男子シングルス優勝:陳亜軒(中国) 3位:吉山僚一
●カデット女子シングルス優勝:陳熠(中国) 2位:張本美和 3位:横井咲桜、赤江夏星
● カデット男子団体:中国 
● カデット女子団体:中国1 2位:日本1(張本美和、面手凛)
● ミニカデット男子シングルス:オウ・ジュンサン(韓国)
●ミニカデット女子シングルス:張静蕾(中国) 3位:張本美和
LIONジャパンオープン荻村杯最終結果

男子シングルス
優勝:許昕(中国)
準優勝:林昀儒(チャイニーズタイペイ)
3位:樊振東(中国)、孫聞(中国)

女子シングルス
優勝:孫穎莎(中国)
準優勝:劉詩雯(中国)
3位:平野美宇(日本)、陳夢(中国)

男子ダブルス
優勝:樊振東/許昕(中国)
準優勝:ドゥダ/チウ(ドイツ)
3位:梁靖崑/林高遠(中国)、陳建安/荘智淵(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス
優勝:陳夢/劉詩雯(中国)
準優勝:孫穎莎/王曼昱(中国)
3位:木原美悠/長崎美柚(日本)、陳思羽/鄭先知(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス
優勝:許昕/朱雨玲(中国)
準優勝:張本智和/早田ひな(日本)
3位:樊振東/丁寧(中国)、林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

詳しい報道は卓球王国9月号(7月20日発売)に掲載予定です
  • 中国が全種目を制覇。許昕は三冠に輝いた

最終日のコートに立った平野美宇は無念、劉詩雯の執拗なフォア前へのサービスに対応できず。準決勝で敗退した。

1ゲーム目、平野は「対策を練ってきた」という言葉どおり、劉詩雯と互角の展開を見せる。しかし、2ゲーム目から劉詩雯はサービスの立ち位置を変え、ミドルから平野のフォア前に集めていき、流れは一気に劉詩雯へ傾いた。

このミドルからフォアへの巻き込みサービスに平野は体を入れることができず、チキータで打ち返せない。フォアフリックで持ち上げても次のボールを劉詩雯が狙ってくる。一発強打のフリックも見せたが、ミスも多かった。
後半はガツンと劉詩雯のバックへツッツキを送り、持ち上げさせてからの展開にして活路を見出そうとした平野。しかし、5ゲーム目の10−10で、劉詩雯はそのツッツキをしっかり回り込んでフォアドライブで打ち込み、勝負あり。女王の勝負勘が冴えた1本だった。

「2ゲーム目から相手のサービスが変わった時に対応できなかった」と敗退後に悔やんだ平野。
それにしても、2ゲーム目からは劉詩雯のサービスは徹底していた。まるで「あなたはこのサービスにどれくらいの種類のレシーブができるの?」と問うているかように、フォア前へ出し続けた。

その劉詩雯は決勝で孫穎莎と激戦を展開。序盤はスピードに押されて2ゲームを失うがそこから立て直し、3ゲームを連取。4ゲーム目からは孫穎莎のコースを完全に読み切り、ラリーで優位に立った。
しかし、そこから負けん気を発揮し、ギアを上げたのは孫穎莎。
パワーで押し切り、強打を打ち続けた孫穎莎が逆転勝利。彗星のごとく現れて優勝した17年大会に続き、2度目の優勝を果たした。

男子シングルスは準決勝で樊振東をフルゲームの末に破った許昕が優勝。
天才と称される林昀儒との対戦は注目を集めたが、さすがに経験値では許昕のほうが上だった。
林昀儒の必殺のサービスに戸惑う場面もあったが、要所で3球目攻撃を的確に決めた許昕が優勝をつかんだ。
負けはしたが、非凡な才能を見せた林昀儒。1年前とはまるで別人に成長し、まだまだ底が見えない。今大会は林高遠、孫聞というふたりの中国選手、そしてカルデラノにも勝利。五輪まであと1年ある。一気にメダル候補に名乗りを上げる気がしてならない。

大会日最終日の結果は以下の通り

●女子シングルス準決勝
孫穎莎(中国) −5、8、7、12、6 陳夢(中国)
劉詩雯(中国) −9、5、4、3、10 平野美宇

●女子シングルス決勝
孫穎莎(中国) 4、9、−4、−6、−7、8、3 劉詩雯(中国)

●男子シングルス準決勝
林昀儒(チャイニーズタイペイ) −6、2、4、9、4 孫聞(中国)
許昕(中国) −5、4、7、−5、−6、8、3 樊振東(中国)

●男子シングルス決勝
許昕(中国) 9、12、−8、3、8 林昀儒(チャイニーズタイペイ)

●女子ダブルス決勝
陳夢/劉詩雯(中国) 9、6、−7、9 孫穎莎/王曼昱(中国)

●男子ダブルス決勝
樊振東/許昕 10、9、7 ドゥダ/チウ(ドイツ)
  • 徹底的にフォア前を突かれた平野

  • 威力・スピードともに成長した孫穎莎が優勝

  • 曲がって跳ね上がる。許昕のドライブが唸る!

  • 恐ろしい存在になった林昀儒。日本にとっても怖い存在だ

LIONジャパンオープン荻村杯
●女子シングルス準々決勝
平野美宇 10、6、5、8 佐藤瞳

なんと見事なカット打ちなのか。力をつけた平野が地元の声援を受けて勝ち上がってきた佐藤を力でねじ伏せて完封。
まるでカット打ち名人・劉詩雯を彷彿とさせる鋭い打球を連発し、佐藤の粘りを封じた。

昨日の丁寧戦は相手がループから入ってきて、ラリーの展開にしてくれたから佐藤は自分の得意のフィールドに持ち込めた。しかし、今日の平野は打球点の早さで、一発目から強烈な打球を打ち込んできた。

「相手の打球タイミングが早くて、十分な体勢でのカットができなかった。カットが浅く入ってしまい、そこからワイドに打たれた。パワーとタイミングの早さに圧倒されて、何もできずに終わってしまいました」と佐藤は悔しさあふれるコメント。

早い打球点でとらえるには、打つ方にもリスクがある。打球点が落ちて持ち上げるほうが安定し、ラリーの起点は作りやすい。しかし、平野はリスクをおかしてもスピードを追求した。1ゲーム目こそ平野に打ちミスがあったが、その後は打球点を譲らず。「手も足も出なかった」と佐藤は完敗の弁。

また、中国選手との用具の違いにも戸惑ったという。「中国選手とは違った威力がありました。用具が違うので、平野選手のほうが重くて台についてから伸びるというか浮き上がる打球なって対応できなかった」(佐藤)

ミキハウスの選手は中国ラバーとドイツラバーが多いので、平野が使うテナジーのボールを受ける機会が減っていることもあるだろう。強烈な回転量で台についてからホップするような打球にラケット角度が合わない場面も多く見た。
プレーの対策はもちろんだが用具の対策も必要になるだろう。

勝利した平野は明日の準決勝で劉詩雯と対戦予定だ。
最終日に大きな花火をあげてほしい。

大会4日目の後半戦結果は以下の通り

●女子シングルス準々決勝
平野美宇 4−0 佐藤瞳
孫穎莎(中国) 4−0 王曼昱(中国)

●男子シングルス準々決勝
樊振東(中国)4−1 馬龍(中国)
許昕(中国)4−0 張禹珍(韓国)
  • 一発目から打ち込まれて、粘りが活かせなかった佐藤

  • 平野のカット打ちは目に見えて進化していた

  • 馬龍は樊振東のバックに押され、力なく敗れる

  • 次世代女王対決は孫穎莎が圧倒した

LIONジャパンオープン荻村杯
●混合ダブルス決勝
許昕/朱雨玲(中国)10、6、5 張本/早田

混合ダブルス決勝に臨んだ張本智和/早田ひなは惜しくも準優勝。
またもダブルスキング・許昕が行く手を阻んだ。混合ダブルスにおいて、許昕はまさにジョーカー的な存在だ。

「許昕選手のボールを初めて取りました。今までにないボールでした」と試合後に語った早田。それでも早田は前陣でよく対応していたが、ゴムまりのように高く跳ね上がる許昕のボールをすべてシャットアウトすることは難しい。ブロックミス、カウンターミスの1〜2点が後半じわじわと効いてくる。
許昕とはシングルスでの対戦経験がある張本だが、混合ダブルスでは男子選手の立ち位置が変わるため、ボールの印象も違うのだろう。やや台から距離を取ってしまうと、伸びてくるボールをとらえることが難しく、ラリーでのミスを重ねた。

東京五輪で新種目に登録された混合ダブルス。金メダルを目指すには許昕攻略が必須だろう。
「今日は初めてだったから難しかったですが、1度取ったボールなので次はもっと対応できると思います」(早田)。

また、女子ダブルス準決勝では木原美悠/長崎美柚が孫穎莎/王曼昱(中国)と対戦。ふたりの速攻がよく効き、ゲームオールまで持ち込んだが、最後はレシーブのコースを読まれた。

大会4日目のここまでの結果は以下の通り
●混合ダブルス準決勝
張本智和/早田ひな 3−1 樊振東/丁寧(中国)
許昕/朱雨玲 3−0 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

●混合ダブルス決勝
許昕/朱雨玲(中国)3−0 張本/早田

●女子ダブルス準決勝
孫穎莎/王曼昱(中国) 3−2 木原美悠/長崎美柚
陳夢/劉詩雯(中国) 3−1 陳思羽/鄭先知(チャイニーズタイペイ)

●男子ダブルス準決勝
樊振東/許昕(中国) 3−0 梁靖崑/林高遠(中国)
ドゥダ/チウ(ドイツ) 3−1 陳建安/荘智淵(チャイニーズタイペイ)

●女子シングルス準々決勝
陳夢(中国)4−3 顧玉婷(中国)
劉詩雯(中国) 4−1 劉斐(中国)

●男子シングルス準々決勝
孫聞(中国)4−2 梁靖崑(中国)
林昀儒(チャイニーズタイペイ)4−0 カルデラノ(ブラジル)
  • 悔しさ残る準優勝

  • 「幸運が味方をしてくれた。この幸運が東京五輪まで続くと良いね」と許昕

  • 攻めている時は良かったが、許昕の攻撃に対する守備に課題を残した

  • 優勝を決めた瞬間、中国首脳陣たちにアピール

  • 木原/長崎は3位。ペアリングの良さを感じる

  • 今大会の台風の目となっている孫聞は梁靖崑にも勝利した

LION卓球ジャパンオープン荻村杯も3日目に突入。土日のアリーナ席はすでに売り切れとの情報もあり、なんとかひとりでも多くの日本選手が勝ち残ってほしいところだが、中国選手の壁はやはり高い。

シングルスは1回戦で波乱が起こる。昨年、劇的な優勝を遂げ、今大会でも上位進出が期待されていた張本智和が中国の孫聞(中国)にストレート負けを喫した。これを皮切りに1〜2回戦で日本男子のシングルスは次々に敗退してしまう。明日の準々決勝にひとりも進むことができなかったというのは、かなり厳しい結果だろう。

女子も石川佳純が孫穎莎(中国)、伊藤美誠が顧玉ティン(中国)に敗退。五輪前だけあって中国の状態は良く、ライバル日本への対策はより細かくなっている。

しかし、不穏な空気を一変させたのは地元北海道出身の佐藤瞳だ。11・15・17年世界選手権優勝の丁寧(中国)を渾身のカットで粘りきり、金星を掴んだ。会場からはどの選手よりも大きな声援を受けた佐藤。最後の1本が決まった時には、今まで見たことがないほどの大きなガッツポーズを何度も見せた。

「信じられない気持ち。私にとって北海道は地元だし特別な場所です。とにかく粘る、丁寧選手にぶつかっていきました。観客席からの応援もすごかったし、ここで(北海道)なら勝てるんじゃないかと思いました」(佐藤)

彼女にとってのパワースポットが今までにない力をくれたに違いない。
日本選手は佐藤瞳に加え、平野美宇が勝ち上がっている。そのふたりが明日の準々決勝で対決することになった。

また、女子ダブルスでは木原美悠/長崎美柚が明日の準決勝に挑む。相手は世界チャンピオンの孫穎莎/王曼昱だ。
  • やった!ひとみ!丁寧超えだ!

  • 初戦敗退した張本。中国は張本対策も入念だ

  • これが五輪への試練か。伊藤は波に乗れぬまま敗退

  • もうひとりの中国超えは長崎。朱雨玲を下した

  • 鄭栄植は馬龍を追い詰めながらも逆転負け。惜しい試合だった

  • 持久戦と頭脳戦。頭をかかえた丁寧

大会2日目は混合ダブルスの予選から始まり、男女シングルスの予選3回戦へ。このラウンドで勝てば明日の本戦へと進むことができる。

日本のシングルス通過者は以下の通り。
男子:大島祐哉、平野友樹、吉田雅己、吉村和弘、神巧也、及川瑞基
女子:早田ひな、森さくら、長崎美柚、木原美悠

張本智和、水谷隼、丹羽孝希、石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、佐藤瞳、芝田沙季は世界ランキングによりシード。
46人いた日本選手は、予選の3ラウンドで18人(内8人がシード)まで絞られている。4月の世界選手権でベスト8に入った加藤美優も予選で姿を消すなど、例年以上のレベルの高さを感じた。

しかし、そこを抜けていく選手がいることも確かだ。今年からプロ宣言をした神巧也はワン・ヤン(スロバキア)、劉丁碩(中国)を連破して、本戦への切符を掴んだ。
「相手は中国選手だったが、負けてたまるかという気持ちだった」と神。今までは実業団に所属し、国内の舞台で戦っていた神だが、プロになることでTリーグとワールドツアーが彼のメインの舞台となる。

「正直、それまではトップ選手アレルギーというか、海外で強い選手とやると萎縮してしまっていました。Tリーグでの経験や、最近のワールドツアーで自分も意外とやれるんだという気持ちになって、そのフィルターを取り外せたのが大きな要因です。プラチナシリーズのトーナメントに出れることは大きい。世界ランキングを上げていきたい」(神)

勝って存在を証明した神。試合後には中国メディアも神にインタビューをしており、「これっていつも水谷さんとかが受けるやつですよね。ぼくでいいんですか?」と笑わせてみせたが、そこのアレルギーも次第に溶けていくだろう。

明日からはついに本戦が始まる。世界のトップはもちろんだが、そこにぶつかる神のような選手にも注目してもらいたい。
  • 神の「やってやる」という気持ちが中国超えを果たした

  • 今日も好調の平野。アポロニアを下した

  • 吉村和弘もしっかり勝利!

  • 若いがいぶし銀の及川、実力をつけている