サイト内検索

速報・現地リポート

トップニュース 速報・現地リポート
>> 速報トップ

平成24年度全日本選手権大会

●男子シングルス5回戦
丹羽孝希(青森山田高・青森) 4 (10,-9,2,-7,7,-11,3) 3 松下海輝(明治大・東京)

男子シングルス5回戦で、明治大の松下が丹羽に挑んだ。強烈なチキータレシーブから果敢に攻め込んだ松下は丹羽と互角の展開。ミート気味のバックハンドでも丹羽のフォアサイドを突き、気迫のプレーで最終ゲームに持ち込んだ。しかし、松下の歯車が狂ったのか、丹羽の本気が出始めたのか、最終ゲームは6-0と丹羽が一気にリードし、そのまま逃げ切った。
大魚を逃した松下は悔しい表情。「自分から攻めることだけを心がけて、レシーブも全部チキータで狙うつもりだった。6ゲーム目まではうまくいったが、最後は自分が崩れてしまって、やろうと思ってたことができなかった。今大会は、ダブルスもシングルスも全部ランク決定で負けてしまったが、手応えは感じられた大会でした」(松下)


 「引退を決めて試合に出るのはだめですね。試合中にいろいろ考えてしまうから」と試合後、表情は柔らかいが、目にいっぱいの涙をためて、田勢邦史(協和発酵キリン)は語った。全日本選手権では男子ダブルスと混合ダブルスで優勝を重ね、シングルスでも表彰台に上がった男だ。
「ペン表ソフトのプライドを持って戦いました。大会前の1,2か月前は早くこの大会が終わってほしいと思っていたけど、2,3日前からは卓球を楽しむ子供のようでした。今は寂しいです。でも、いい思い出がたくさんありますから、すっきりとラケットを置きます」。
 長く、日本の卓球界に貢献した男はコートを去った。奇しくもその10分ほど前に同僚の坂本も最後のシングルスを終えた。二人とも、引退後は指導者の道を歩む予定になっている。


 2002年にドイツに渡り、岸川聖也とともに日本の若手の卓球を変えた坂本竜介(協和発酵キリン)が5回戦で高校の後輩になる松平健太(早稲田大)にストレートで敗れた。この大会で第一線を退く坂本はさばさばとした表情で、「悔いはないです。長年苦しめられたサービスのイップスも今大会は出なかった。まだ28歳で若いけれども、新しいことにチャレンジしたい。最後は、健太か聖也とやりたかったから、健太が相手でよかった」とコメントした。
 最後まで、得意のバッククロスのドライブ、鋭いバックドライブは健在だった。


●男子シングルス5回戦
水谷(beacon.LAB) 6,9,-8,-4,3,11 森薗(青森山田高)
岸川(スヴェンソン)7,5,-5,5,6 有延(野田学園高)
丹羽(青森山田高) 10、-9、2、-7、7、-11、3 松下(明治大) 

男子シングルス5回戦。
水谷、岸川、丹羽の五輪代表がそろってベスト16入りを決めた。


●女子シングルス準々決勝
福原(ANA) 8、-8、5、9、8  小野(日立化成)
藤井寛(日本生命)7、5、8、7 岡本(サンリツ)
松澤(淑徳大) 6、-9、4、4、12 田代(日本生命)
石川(全農) 10、4、9、3 藤井優(日本生命)

ベスト8入りを決めた福原

福原に敗れた小野