卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 今シーズンからITTF(国際卓球連盟)の大会カレンダーに組み込まれたT2ダイヤモンドの開催地が発表された。

●T2ダイヤモンド イベント1(7月18日〜21日) ジョホールバル(マレーシア)
6月3日時点(中国オープン終了)でのワールドツアースタンディング上位者15名が参加資格を得る

●T2ダイヤモンド イベント2 (9月26日〜29日)海口(中国・海南省)
7月15日時点(オーストラリアオープン終了)でのワールドツアースタンディング上位者15名が参加資格を得る

●T2ダイヤモンド イベント3(11月28日〜12月1日)シンガポール
10月14日時点(ドイツオープン 終了)でのワールドツアースタンディング上位者15名が参加資格を得る

 現在、2019年はITTFが主催するワールドツアーはプラチナ6大会、レギュラー6大会の合計12試合が開催される予定で、それ以外に、このT2ダイヤモンドが3大会組み込まれることになる。
 しかも、東京五輪の前年に、世界ランキングに関係する大会となる。選ばれる15名というのは、世界ランキングでほぼ五輪には出場可能な選手だが、日本のようにシングルスの2名枠を争うような国や、オリンピックでのシード権に関係し、かつ高額賞金となると、世界のトップ級は出場せざるをえない。

 T2ダイヤモンドとはITTFのワールドツアーのスポンサーとなっている「シーマスター」(上海・シンガポール/フランク・ジー社長)が2年前の2017年にに立ち上げた卓球イベント。独自のルールや卓球の見せ方を追求したもので、今回は電通アジア、そしてITTFと提携して、T2のシーズン2として展開しようとしている。

T2のCEO&コミッショナーのジェフ・チューのコメント
「T2ダイアモンドに対して、様々なパートナーや都市が興味を示してくれたことを大変嬉しく思っています私達は、T2の革新的な幕開けの瞬間に、ジョホールバル、海口市、シンガポールが参加してくれることに心から感謝しています。開催都市での既存アセットを最大限活用することで、商業的に実行可能な国際スポーツイベントを開催できることを証明したいと思っています。また、スポーツツーリズムの促進、スポーツを通じたコミュニティーエンゲージメントの向上など、各都市の長期的なゴールに貢献するために、T2ダイアモンドのコンセプトを啓蒙してまいります」

 現在の世界ランキングのシステムは、常に過去1年間のワールドツアーや世界選手権などの国際大会から、獲得ポイントの高い8大会の合計によって決まる。ところが、このT2ダイヤモンドに関しては、その8大会と別のボーナスポイントとして選手の獲得ポイントに加算されていくために、このT2ダイヤモンドに参加できる参加できないということが世界ランキングに大きく影響を与える。
  • 2017年のシーズン1の男子シングルスで優勝したティモ・ボル