卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 8月13〜18日にブルガリア・パナギュリシテでITTFワールドツアー・ブルガリアオープンが開催。日本からは男子21名、女子22名の計43選手が参加し、男子シングルスで張本智和(木下グループ)が今季ツアー初優勝、混合ダブルスでも水谷隼/伊藤美誠(木下グループ/スターツ)が初優勝を果たした。

 男子シングルスで張本は準々決勝で神巧也(T.T彩たま)との同士討ちを4-1で制すと、準決勝ではフレイタス(ポルトガル)に4-0のストレートで勝利し決勝進出。決勝では趙子豪(中国)にゲームカウント3-1と勝利に王手をかけた第5ゲームをジュースで落とすも、第6ゲームを4点で抑え優勝を決めた。また、水谷は準々決勝まで進むも、馬特(中国)、黃鎮廷(香港)を下して上がってきた、アルナ(ナイジェリア)にゲームオールジュースで惜しくも敗れベスト8で大会を終えた。

 女子シングルスでは伊藤が準決勝に進出も、2回戦で平野美宇(日本生命)を破った陳幸同(中国)にゲームオールで敗れ決勝進出ならず、3位に終わった。女子の優勝は陳幸同。準々決勝で石川佳純(全農)を下した何卓佳(中国)を4-1で破り今季ツアー初勝利をあげた。

 また、混合ダブルスでは水谷/伊藤が、準決勝で張本/石川に快勝し決勝に進出。決勝では馬特/武陽(中国)のカットペアに3-1で勝利し、ツアー初優勝を決めた。男女ダブルスでも宇田幸矢/吉村和弘(JOCエリートアカデミー/大原学園/東京アート)、平野美宇/芝田沙季(/ミキハウス)がそれぞれ2位に入った。
 
 各種目の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。

ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン記録
● 男子シングルス優勝:張本智和  
● 女子シングルス優勝:陳幸同(中国) 3位:伊藤美誠
● 男子ダブルス優勝:鄭栄植/李尚洙(韓国) 2位:宇田幸矢/吉村和弘 
● 女子ダブルス優勝:顧玉婷/木子(中国) 2位:平野美宇/芝田沙季
●混合ダブルス優勝:水谷隼/伊藤美誠 3位:張本智和/石川佳純