卓球王国7月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 9月25~28日、チリ・ビーニャデルマールにてWJC(ワールドジュニアサーキット)・チリジュニアオープンが行われた。ジュニア男子シングルスは第1シードのコバッチ(クロアチア)が優勝。06年ヨーロッパユース選手権2冠(単複)の実績を持つが、WJCは意外にも初優勝だった。

 ジュニア女子シングルスは準決勝、決勝とゲームオールの接戦をものにしたデュラン(チリ)がWJC初制覇。今年からシニアの試合にも参加しており、ブラジルオープンとチリオープンのダブルスでベスト16に入っているチリ期待の選手だ。

 各種目の優勝記録は以下のとおり。なお。日本選手の出場はなかった。

【ジュニア種目】
●男子団体:スペイン
●女子団体:チリ
●男子シングルス:コバッチ(クロアチア)
●女子シングルス:デュラン(チリ)
●男子ダブルス:サントス/ヴィラ(ドミニカ共和国)
●女子ダブルス:オレリャナ/レヴィラ(ベネズエラ)

【カデット種目】
●男子団体:スペイン
●女子団体:スペイン
●男子シングルス:カルボ(スペイン)
●女子シングルス:フェルナンデス(チリ)
●男子ダブルス:ダヘル/デル・サルボ・アドリエル(アルゼンチン)
●女子ダブルス:シャオ・マリア/オリベイラ(ポルトガル)