卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 滋賀・ウカルちゃんアリーナで開催中の第50回全国中学校卓球大会。今日の午前中に団体戦決勝トーナメント1回戦、準々決勝が行われ、男女のベスト4が出揃った。現在行われている男女シングルスの1、2回戦が終了した後、準決勝、決勝が行われる。

【男子決勝トーナメント】
★1回戦
・明徳義塾(高知) 3-2 実践学園(東京)
・尾久八幡(東京) 3-2 上宮(大阪)
・愛工大名電(愛知) 3-1 中間東(福岡)
・明豊(大分) 3-2 新発田東(新潟)
・野田学園(山口) 3-0 松戸第六(千葉)
★2回戦(準々決勝)
・明徳義塾 3-0 花巻(岩手)
・愛工大名電 3-0 尾久八幡
・安田学園 3-2 明豊
・野田学園 3-0 浜松修学舎(静岡)
★準決勝
・明徳義塾vs.愛工大名電
・安田学園vs.野田学園

 男子1回戦再注目の中間東と愛工大名電の試合はシングルス3本を奪った愛工大名電に軍配。試合前からスキのない雰囲気を漂わせていた愛工大名電がV奪還に向けて最初の関門を突破した。昨夏の全中、今春の選抜を制した中間東だったが、1回戦敗退で王座を明け渡した。1回戦の明徳義塾と実践学園の試合は5番フルゲームまでもつれた熱戦。実践学園・栁澤がマッチポイントを握ったが、明徳義塾・梅村が逆転勝利。手に汗握る接戦を制した。
 準々決勝は3試合が3-0で決着する中、安田学園と明豊の試合はラストまでもつれる。1回戦の新発田東戦ラストを締めた明豊・松田を相手に、安田学園・杉本がセンスあふれるプレーで3-2で勝利。昨年、初の入賞を決めた安田学園が2年連続の表彰台を決めた。

【女子決勝トーナメント】
★1回戦
・明徳義塾(高知) 3-0 長森(岐阜)
・益田(島根) 3-0 武蔵野(東京)
・四天王寺(大阪) 3-0 上北(青森)
・貝塚第二(大阪) 3-0 日進(埼玉)
・横浜隼人(神奈川) 3-2 就実(岡山)
★2回戦(準々決勝)
・明徳義塾 3-1 山陽女子(岡山)
・四天王寺 3-1 益田
・貝塚第二 3-0 宇土鶴城(熊本)
・横浜隼人 3-1 浜松修学舎(静岡)
★準決勝
・明徳義塾vs.四天王寺
・貝塚第二vs.横浜隼人

 1回戦は3-0決着が4試合。横浜隼人と就実、強豪同士の対戦は武山が接戦をものにした横浜隼人が勝利。優勝候補の四天王寺は準々決勝で1点を落としたが、益田を押し切って準決勝進出。3年ぶりの優勝を目指す明徳義塾は山陽女子との強豪対決を制した。貝塚第二はここまで4試合を無失点。驚異的なスピードで勝利を続けている。四天王寺と貝塚第二、2強の決勝か、明徳義塾と横浜隼人が両校にストップをかけるのか。