卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
【男子シングルス】
優勝:吉山僚一(愛工大名電・愛知)
準優勝:鈴木颯(愛工大名電・愛知)
3位:高橋航太郎(実践学園・東京)、徳田幹太(野田学園・山口)
ベスト8:前出陸杜(東観・三重)、芝拓人(野田学園・山口)、道広晴貴(中間東・福岡)、藤元駿(明徳義塾・高知)

★準決勝
鈴木 8、8、8 高橋
吉山 -8、5、4、9 徳田
★決勝
吉山 8、-9、-9、8、4 鈴木

 男子決勝は団体戦を制した愛工大名電3年生の同士打ち。試合序盤からサービス、レシーブで厳しい台上の攻防が展開され、短いラリーで得点する展開が続く。1ゲーム目は吉山が奪取したが、2、3ゲーム目は鈴木が序盤リードし、吉山が追いつくも9-9から勝負強さを見せた鈴木が奪って2-1と優勝まで1ゲームに迫る。第4ゲームも終盤まで両者一歩も譲らぬ展開で8-8となったが、今度は吉山がここからきっちり決めて勝負は最終ゲームへ。
 4-4までは点差が離れなかったが、ここから吉山が3本連取で7-4。鈴木がたまらずタイムアウトを取るも、勢いは止まらず、吉山が4-4から7本連取で一気に鈴木を振り切った。1年生でベスト8、昨年は第3シードながらも初戦の2回戦で敗れた吉山。最終学年でライバルの鈴木を下して全中のタイトル獲得となった。

●吉山コメント
 「決勝が一番苦しかった。自分が劣勢だった場面もあったけど、自分の武器のチキータをうまく使って逆転することができた。鈴木とは普段の練習ではけっこう負けている。今回はサービス、レシーブの組み立てが勝因だと思います。(愛工大名電に転校して)雰囲気には慣れてきました。チーム内ではいじられキャラです。特に後輩の中村に(笑)。今後はメンタル面を鍛えていきたいと思います」


【女子シングルス】
優勝:小塩遥菜(稲付・東京)
準優勝:白山亜美(明徳義塾・高知)
3位:大藤沙月、横井咲桜(ともに四天王寺・大阪)
ベスト8:山﨑唯愛(益田・島根)、面田采巳(四天王寺・大阪)、東川陽菜、赤江夏星(ともに貝塚第二・大阪)

★準決勝
白山 7、9、-8、5 大藤
小塩 6、-7、5、9 横井
★決勝
小塩 4、-6、2、6 白山

 昨年のチャンピオン、大藤は準決勝で白山との打撃戦で敗退。決勝は白山と昨年準優勝の小塩のカードとなった。「正直、大藤さんじゃなくてラッキーだと思った」という小塩。ツッツキとループドライブで揺さぶりをかける白山に対し、ミスのないカットで対応。横回転を入れたツッツキも織り交ぜながら試合を優位に運ぶ。白山は2ゲーム目こそ奪うも、カット攻略に決め手を欠き、3ゲーム目を小塩が取って王手。4ゲーム目も序盤からリードを奪って逃げ切った小塩が昨年逃した全中タイトルを獲得した。JOCエリートアカデミー勢の女子シングルス優勝は長﨑美柚、木原美悠に続き3人目。

●小塩コメント
 「風邪気味だったんですけど、それで良い具合に力が抜けたかなと(笑)。3回戦で対戦した原さん(四天王寺)戦はじめ、対策は練られているなと感じていた。その中で優勝できたのは良かったと思います。この後、アジアジュニア選手権があって、カデットでなくジュニアに出させてもらうので、足を引っ張らないように頑張りたい」