卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 9月2〜7日にモンゴル・ウランバートルでアジアジュニア&カデット選手権が開催。日本からは男女各7名の代表選手が参加し、ジュニア女子シングルスで長﨑美柚(JOC エリートアカデミー/大原学園)が決勝で出澤杏佳(大成女子高)との同士討ちを制し優勝。第1シードの石洵瑶(中国)を破った小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)は準決勝で長崎に敗れ3位の結果となった。長崎は木原美悠(JOCエリートアカデミー)とのジュニア女子ダブルスでも優勝し、今大会2冠を獲得した。
 また、ジュニア男子ダブルスでも宇田幸矢/戸上隼輔(JOCエリートアカデミー/大原学園・野田学園高)が曽根翔/篠塚大登(愛工大名電高)にゲームオールで勝利しタイトルを獲得した。

 カデットでは女子シングルスで赤江夏星(貝塚第二中)が決勝で、横井咲桜(ミキハウスJSC)が準決勝で優勝の陳熠(中国)に敗れたが、それぞれ入賞を果たした。全日本ホープス・カブ・バンビの部で大会6連覇を達成した松島輝空(木下グループ)はカデット男子シングルス準々決勝でリム・ユノ(韓国)に敗れ上位進出ならず。5位という結果で終わった。

 大会の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。 

■アジアジュニア&カデット記録
●ジュニア男子シングルス優勝:徐瑛彬(中国) 3位:篠塚大登
● ジュニア女子シングルス優勝:長崎美柚 2位:出澤杏佳 3位:小塩遥菜 
● ジュニア男子ダブルス優勝:宇田幸矢/戸上隼輔 2位:曽根翔/篠塚大登
● ジュニア女子ダブルス優勝:木原美悠/長崎美柚 3位:小塩遥菜/出澤杏佳
●ジュニア混合ダブルス優勝:徐瑛彬/石洵瑶(中国) 3位:宇田幸矢/木原美悠
● ジュニア男子団体優勝:中国 5位:日本  
● ジュニア女子団体優勝:中国 3位:日本(長崎美柚・木腹美悠・小塩遥菜・出澤杏佳)
●カデット男子シングルス優勝:陳垣宇(中国) 5位:松山輝空
●カデット女子シングルス優勝:陳熠(中国) 2位:赤江夏星 3位:横井咲桜
●カデット男子ダブルス:荘家権/高承睿(チャイニーズタイペイ)
●カデット女子ダブルス優勝:張本美和/小塩遥菜
● カデット男子団体優勝:中国 
● カデット女子団体優勝:中国 3位:日本(張本美和・横井咲桜・赤江夏星)


大会参加選手
★ 男子
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、戸上隼輔(野田学園高)、曽根翔(愛工大名電高)、篠塚大登(愛工大名電高)、鈴木颯(愛工大名電中)、松島輝空(木下グループ)、前出陸杜(松生TTC)

☆女子
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、木原美悠(JOCエリートアカデミー)、出澤杏佳(大成女子高)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)、横井咲桜(ミキハウスJSC)、張本美和(木下グループ)、赤江夏星(貝塚第二中)

記録の詳細は日本卓球協会のHPをご覧ください↓
http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/125/rptid/572/Default.aspx