卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 9月10〜14日にパラグアイ・アスンシオンでITTFチャレンジプラス・パラグアイオープンが開催され、男子シングルスで森薗政崇(BOBSON)、女子シングルスで早田ひな(日本生命)が優勝。森薗はピスチェイ(スロバキア)との国際ペアで出場した男子ダブルスでも優勝し大会2冠を獲得した。
 また、女子ダブルスでも橋本帆乃香/塩見真希(ミキハウス)が優勝。女子アンダー21も塩見真希が制し塩見も2冠を獲得。今大会日本は出場全種目となる5つのタイトルを手にした。
 男子シングルスに出場した丹羽孝希(スヴェンソン)は1回戦でチャン・カイ(アメリカ)に破れ、上位進出はならなかった。
 
 各種目の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。

ITTFチャレンジプラス・パラグアイオープン優勝記録
● 男子シングルス優勝:森薗政崇  
● 女子シングルス優勝:早田ひな
●男子ダブルス優勝:森薗政崇/ピスチェイ(スロバキア)  
● 女子ダブルス優勝:橋本帆乃香/塩見真希
● 混合ダブルス優勝:アファナドル/A. ディアス(プエルトリコ)
● 男子アンダー21優勝:チフエンテス(アルゼンチン)
● 女子アンダー21優勝:塩見真希