卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●試合後の丹羽孝希のコメント
・・・試合を振り返ってどうでしたか?
「ぼくは向かっていくだけだったので、序盤は良いプレーができた。2−0でリードしたあたりで時間を気にしてしまった。特に4ゲーム目は3本で負けてしまった。あと15秒くらいでFAST5だった。ぼくの狙いはFAST5に入ってから勝負だと思っていた。2−2でFAST5に行く作戦だった」

・・・チャンスはあったのでは?
「最後のほうはチャンスがどんどんなくなっていく感じだった。最後はぼくのサービスをバック前にストップしてきたし、向こうのサービスの配球も良くなってきた」

・・・今大会、最初は参加できない大会でしたが。
「出られる予定じゃなかったので、勝っても負けてもリラックスしてできた。今日は負けたけど充実感はありました。ラッキーですよ。1回勝てたし」

・・・水谷さんとの差もあまりない状況ですが。
「来週ワールドカップがあり、そこが一番大事になるので、その大会にすべてを賭ける気持ちで頑張りたい。五輪争いを抜きにしてもワールドカップはすごく大きな大会なので、今まで3回ベスト8なので、3位を目指して頑張りたい」

・・・張本選手とはいつ以来ですか?
「春のアジアカップです。あの時はチキータをしてきたけど、今日はぼくのバック前に止めてきた。チキータをしてくれたほうがロングサービスで散らしたりいろいろできるけど、ストップに絞られることでサービスが効かない状態になった。向こうのほうが冷静だった」

・・・水谷選手は「五輪代表の2番手はほぼ不可能だ」と言っていますけど。
「ぼく自身、ドイツオープンの鄭栄植戦が勝負で、そこで負けてから本当に吹っ切れた。シングルスの代表をぼくもあきらめていた。そうしたら、プレーも良くなってきて、運も味方についた。そのプレッシャーから解放されたのが良かった。まあ、他力ですけど」

・・・他力だけど、自分に流れが来ていることも感じている?
「感じてます。今回のT2の4人キャンセルも普通あり得ない。それならグランドファイナルの1人のキャンセルもあり得る。ついてますね」
*16名出るグランドファイナルは丹羽は現在17番目で、リザーブ選手となっている

・・・グランドファイナルを除いても、あと2大会(ワールドカップ、北米オープン)残っています。
「ぼくとしてはドイツオープンで負けてから五輪争いのことは吹っ切れています。カナダ(北米オープン)は正直出るかどうかはわからない。ワールドカップでベスト8、ベスト4に入ることを目指して、それが達成できたらあとの試合をキャンセルするつもりで、ワールドカップにすべてを懸けます」

・・・今回のT2出場は大きかったね。
「大きいですね。ドイツオープンに勝てば、T2にもグランドファイナルにも出られると思っていて、それなのに鄭栄植に負けて、T2も出られないと思って、厳しいと思っていた。複雑ですけど、ついていると思います」

・・・今年に入って、なかなか勝てないことが続いていたけど、最近、少し調子が上がっている感じがします。精神面の影響かな。
「7大会連続1回戦負けをしてから、今は4大会連続1回戦を突破している。プレーも良くなっている。気持ちの問題だと思う」

・・・試合後、握手した時、張本選手が何か言ってましたね。
「ひざは大丈夫ですか、と言われました(笑)」

・・・ひざは痛い?
「体はボロボロです。試合が続いているし、まだ続く。それが終わったら早く休みたい。そのために今頑張っている感じです」