卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●男子シングルス準々決勝
林高遠(中国) 11、4、5、7 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
許シン(中国) 6、−13、5、−3、−9、11、11 張本智和

 敗れた瞬間、コートに大の字になった張本。大きな壁だった許シンから6ゲーム目10−9、7ゲーム目10−8と計3回のマッチポイントを握りながら、またも勝利ならず……!

 許シンに対して1ゲーム目を落とした張本だが、昨日の最終戦で趙子豪に苦戦した許シンは、明らかにプレーに精細を欠いていた。疲労の色が隠せず、6ゲーム目終了後には左手首をテーピングする場面も。満身創痍の感があった許シンに対し、張本はフォアハンドで積極的に仕掛ける。フォアハンドの打ち合いでも許シンを圧倒して4ゲーム目を取り、5ゲーム目に10−6から10−9と挽回されながらも渾身のチキータで得点。ついに「許シン越え」の時が来たと思われた。

 しかし、6ゲーム目10−9での張本の最初のマッチポイント、7ゲーム目10−8での二度のマッチポイントは、いずれも実らず。裏面打法に頼らざるを得なくなっていた許シンは、決死の裏面連打で死地を脱した。7ゲーム目10−8から10−11と逆転されながらも、一度はしのいだ張本だが、最後は11−13。許シンに声援を送り続けた地元の大観衆が、一気に沸騰した。

 準々決勝のもうひと試合、林高遠と林昀儒の一戦は、1ゲーム目を逆転で奪った林高遠が気合い満点のプレーで林昀儒を押し切った。長短の読みにくい林昀儒のサービスに対し、林高遠は強引に打ちにいかず、低くツッツキでレシーブして林昀儒に打たせた。林高遠のバックの守備力は高く、フォアハンドの打ち合いでもパワーで上回った。天才レフティ・林昀儒にもまだまだ課題はあるようだ。