卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●混合ダブルス決勝
許シン/劉詩ウェン(中国) −9、−6、3、8、9 水谷隼/伊藤美誠

 混合ダブルス決勝、2ゲームを先取した水谷/伊藤は、そこから3ゲームを連取されて無念の逆転負け。昨日、「今年、何度もミックスの決勝で負けているので、そのリベンジがしたい」と語っていた水谷だが、激しいシーソーゲームに屈した。

 1ゲーム目を7−9からの4点連取で奪った水谷/伊藤。水谷が思い切り良く回り込んでフォアドライブを決め、許シンの強打にも伊藤がよく反応する。逆に中国ペアはらしからぬイージーミスが多く、水谷/伊藤が5−1、9−3とリードを広げて11−6で連取した。

 しかし3ゲーム目、伊藤の巻き込みサービスを許シンがレシーブドライブして、水谷がバックブロックをオーバーミス。ここから8点連取を喫して、3−11であっさり落とす。昨日、張本との熱戦で疲れているはずの許シンだが、下がった時は大きく曲がるカーブドライブで日本ペアにプレッシャーをかけ、本来のリズムを取り戻してゲームカウント2−2のタイとなる。

 最終ゲームもスコアは離れず、5−7となったところで水谷/伊藤がタイムアウト。5−8から8−8と追いつくが、許シン/劉詩ウェンが8−10でチャンピオンシップポイントを奪う。水谷/伊藤は1点を返すが、またもあと1点及ばなかった。「最初の2ゲームは良い形で取れて、3・4ゲーム目は中国ペアのパフォーマンスも上がってきた。最終ゲームは負けましたが、お互いとても良いプレーができたので非常に自信になりました」と会見でコメントした水谷。リベンジの舞台は……東京五輪で訪れるのか?