卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 3月3〜8日にカタール・ドーハで開催されたITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン。日本からは男子7選手、女子14選手が参加し混合ダブルスで水谷隼/伊藤美誠(木下グループ/スターツ)が優勝、女子シングルスでは伊藤美誠(スターツ)が準優勝、女子ダブルスでも木原美悠/長﨑美優(JOCエリートアカデミー/JOCエリートアカデミー/大原学園)が準優勝、平野美宇/石川佳純(日本生命/全農)が3位に入った。

 混合ダブルスで水谷/伊藤は1ゲームも落とさない快勝で決勝に進出。決勝では王楚欽/孫穎莎(中国)に2ゲーム目を奪われるも、第3ゲームを奪いゲームカウント2-1とリード。ジュースとなった第4ゲームも競り勝ち、3-1で今季初勝利をあげた。
 伊藤は女子シングルスでも1回戦で顧玉婷(中国)、準決勝で丁寧(中国)と中国選手を2人倒し決勝に進出。決勝では王芸迪、王曼昱との同士討ちを制した陳夢(中国)から第1ゲームを3点で奪うも、その後4ゲームを連取され、2月のハンガリーオープンに続くツアー連覇はならなかった。優勝の陳夢はドイツオープンに続き、プラチナ大会で2連勝をあげた。また、五輪代表内定の石川、平野は、石川が王芸迪に、平野が丁寧にそれぞれ2回戦で敗れ上位進出はならなかった。

 男子シングルスでは張本智和(木下グループ)が荘智淵(チャイニーズタイペイ)に初戦で敗れる波乱。水谷、丹羽孝希(スヴェンソン)は初戦勝利するも2回戦で水谷は梁靖崑(中国)、丹羽は許昕(中国)に敗れ2回戦敗退となった。男子の優勝は樊振東(中国)。準決勝で許昕を破る金星をあげたピッチフォード(イングランド)を4-2で破り今季初勝利をあげた。

 また、女子ダブルスでも朱雨玲/王曼昱にそれぞれ敗れたものの、木原/長﨑が準優勝、平野/石川が3位に入った。


 各種目の優勝と日本選手の上位結果は以下のとおり。
 
■ITTFワールドツアープラチナ・カタールオープン結果
● 男子シングルス優勝:樊振東(中国)
● 女子シングルス優勝:陳夢(中国) 2位:伊藤美誠
● 男子ダブルス優勝:馬龍/許昕(中国)
● 女子ダブルス優勝:王曼昱/朱雨玲(中国) 2位:木原美悠/長﨑美柚、3位:平野美宇/石川佳純
● 混合ダブルス優勝:水谷隼/伊藤美誠


ITTF大会サイト
https://www.ittf.com/tournament/5146/2020/2020-ittf-world-tour-qatar-open/

※写真提供:ITTF
  • 混合ダブルス優勝の水谷/伊藤