卓球王国7月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 3月13日、国際卓球連盟(ITTF)は、3月16日から4月末日までのITTF主催大会を一時的に中断することを発表した。
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、現在、無観客で開催中だった「ITTFチャレンジ・ポーランドオープン」も予選リーグを終え、決勝トーナメントがスタートした大会3日目以降の試合は中止となった。
 なお、ポーランドオープンと同日程で開催中の「ITTFチャレンジプラス・オマーンオープン」に関しては、今のとこと中止の発表はなされていない。

 WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言したのと、各国の入国制限の増加にともない、選手やコーチ、ファンなどの健康と安全を優先しての決定だ。

 なお、ITTFは3月16日に緊急会議を行い、5月のITTFワールドツアー香港オープン、ITTFワールドツアープラチナ・中国オープンについても発表を行う予定だ。

 4月には各大陸(アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、オセアニア)でのオリンピック予選も予定されているが、一時的な中断を推奨している。

 なお、この発表を受けて、日本卓球協会(JTTA)は、4月末日までに予定されていたすべての国際大会への派遣を見合わせることを発表した。