卓球王国8月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 5月11日、一般社団法人 日本肢体不自由者卓球協会は、『GOING TO 2021』プロジェクトの第4弾として、プロ卓球選手の吉村真晴選手、ピアニストで作曲家の松永貴志さんがパラ卓球の新・アンバサダーに就任することを発表した。

 2016年リオ五輪男子団体銀メダル獲得、2017年世界選手権混合ダブルス金メダリストである吉村真晴選手と、ピアニストとして世界中で1000公演以上、NYブルーノート史上最年少リーダー録音記録も保持し作曲家である松永貴志さんという、世界のトップで活躍している新・アンバサダーのふたり。今後、パラ卓球の普及と、パラ卓球をとおしてパラアスリートの魅力を発信していく。

■詳細はパラ卓球(日本肢体不自由者卓球協会)SNSに掲載
※吉村選手、松永さんのメッセージも掲載
Instagram :@para_ping_pong https://www.instagram.com/para_ping_pong/
Twitter :@para_ping_pong https://twitter.com/para_ping_pong
Facebook :パラ卓球(日本肢体不自由者卓球協会)
  • パラ卓球のアンバサダーに就任した吉村真晴選手

  • 世界で活躍するピアニスト・作曲家の松永貴志さん