卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 ITTF(国際卓球連盟)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる影響について、6月4日に会議を開き新たな決定事項を以下のとおり発表した。

● 世界選手権釜山大会の2021年初旬開催を目指し、新たな日程の検討を開催地である韓国・釜山の組織委員会に依頼する。当初予定の9月では各国の代表選手たちが韓国に行くことは難しい状況にあるためとの理由による。
● 世界選手権釜山大会の延期が決定した場合、毎年世界選手権開催中に行われる年次総会(AGM)を9月28日にオンラインで行うこととする。
● 世界選手権釜山大会の延期確定後、オリンピック/パラリンピック延期の可能性を念頭に置いて、2021年の大会カレンダーの見直しを数週間以内に行うこととする。
● 2020年最後の四半期に国際的なオープン大会の開催を検討。地域の大会や招待大会なども検討する。
● ITTFアスリート委員会に積極的に参加をしてもらい、東京オリンピック/パラリンピックの予選方法の調整を行う。調整内容は国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)の承認後に正式な発表を行う。
● ITTFはITTF基金を通じて、WTT(ワールドテーブルテニス)とともに新型コロナウイルスの影響を受けた協会、選手、財団プロジェクトに財政支援を行う。詳細は追って発表。
● 最近の世界的な出来事を踏まえ、ITTFはあらゆる差別に関して、一切容認しない方針を明確に示す。

ITTFは6月23日に再度会議を開き、情報の更新を行う予定だ。