卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 日本卓球協会はホームページ上で「2019年度 都道府県別加盟登録人数一覧」を発表した。
 これは2019年4月から2020年3月までに日本卓球協会の各加盟団体に登録した人数で、358,124人(男性:223,253人、女性:134,871人)だった。
 前回の平成30年度の358,600人と比べると微減(−476人)となるが、ほぼ横ばいの数字となった。

 日本卓球協会の加盟登録人数は平成18年度(2006年)以降増加し続けていたが、2019年度でストップ。なお、2020年度については、新型コロナウイルス感染症の影響が非常に大きく、登録人数は2019年度の数字よりもかなり減ることが予想されている。

 日本卓球協会は、卓球愛好者への登録のお願いをホームページなどで告知するとともに、各加盟団体に対する支援金を用意しサポートをしていく予定だ。


〈2019年度の登録人数の多かった都道府県〉 ※カッコ内は前年度からの増減数
1:愛知県:18,887人(+102人)
2:神奈川県:18,549人(−413人)
3:静岡県:17,922人(+64人)
4:北海道:17,180人(+76人)
5:千葉県:16,244人(+490人)

■2019年度都道府県別加盟登録人数一覧はこちら(日本卓球協会ホームページ内)
http://www.jtta.or.jp/Portals/0/images/association/registration_number/20200623registration_number_2020.pdf