卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 新型コロナウイルス感染症の影響により、各地方学生卓球連盟主催の大会が中止・延期となる中、9月4~6日に令和2年度秋季関西学生リーグ戦1・2部が行われ、男子は同志社大、女子は神戸松蔭女子学院大が優勝。参加を見送る大学もあり、試合方式も5シングルス(通常の6シングルス1ダブルス)、上位リーグと下位リーグ間の入れ替えはなしなど通常とは異なるレギュレーションでの開催となった。
 男子は同志社大が平成20年度(2008年度)秋季リーグ以来、12年ぶりの優勝。同志社大は優勝候補・関西学院大との初戦に4-1で勝利。最終の勝敗で関西学院大と並んだが、この直接対決の結果により優勝を決めた。同志社大はルーキーの久世(知立東卒)が3勝1敗の活躍で殊勲賞。関西学院大戦で大野(遊学館卒)、関西大戦で津村(鳥取敬愛卒)と、注目のルーキー対決に勝利して優勝に貢献した。
 女子は5戦全勝で神戸松蔭女子学院大が平成30年度(2018年度)秋季リーグ以来2年ぶりのV。神戸松蔭女子学院大は5勝のうち3勝が3-2での勝利。関西学生女王の鈴木(武蔵野卒)が2勝3敗と苦しむも、厚地(鹿児島女子卒)、枝廣(進徳女子卒)、鶴岡(就実卒)らがカバー。鶴岡は5勝をあげる活躍で殊勲賞に選ばれた。
 2部では男子・天理大、女子・関西大がともに全勝優勝。新勢力の大阪成蹊大は男女揃って2位に食い込んだ。


【男子1部】
1位:同志社大(4勝1敗)
2位:関西学院大(4勝1敗)
3位:近畿大(3勝2敗)
4位:関西大(2勝3敗)
5位:立命館大(2勝3敗)
6位:大阪経済法科大(0勝5敗/棄権)
※龍谷大、京都産業大は不参加
★個人賞
殊勲賞:久世雄登(同志社大)
敢闘賞:楊奇真(関西学院大)

【女子1部】
1位:神戸松蔭女子学院大(5勝0敗)
2位:同志社大(4勝1敗)
3位:立命館大(3勝2敗)
4位:関西学院大(2勝3敗)
5位:近畿大(1勝4敗)
6位:武庫川女子大(0勝5敗)
※龍谷大、京都産業大は不参加
★個人賞
殊勲賞:鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大)
敢闘賞:塩見紗希(同志社大)

【男子2部】
1位:天理大(5勝0敗)
2位:大阪成蹊大(4勝1敗)
3位:佛教大(3勝2敗)
4位:流通科学大(2勝3敗)
5位:甲南大(1勝4敗)
6位:神戸大(0勝5敗)
★個人賞
敢闘賞:松田遼平(天理大)

【女子2部】
1位:関西大(3勝0敗)
2位:大阪成蹊大(2勝1敗)
3位:千里金蘭大(1勝2敗)
4位:天理大(0勝3敗)
※芦屋大、大阪樟蔭女子大は不参加
★個人賞
敢闘賞:赤川真理亜(関西大)

※写真提供:関西学生卓球連盟/馬渡卓也
集合写真については、新型コロナウイルス感染症対策として撮影直前までマスクを着用、会話を控えてからマスクを外して撮影
  • 男子1部優勝:同志社大

  • 女子1部優勝:神戸松蔭女子学院大

  • 男子1部殊勲賞:久世雄登(同志社大)

  • 女子1部殊勲賞:鶴岡菜月

  • 男子1部敢闘賞:楊奇真(関西学院大)

  • 女子1部敢闘賞:塩見紗希(同志社大)