卓球王国11月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

●女子シングルス予選グループ・第3戦
木原 6、3、3、4 リリスカイテ(リトアニア)
出澤 5、4、4、8 ゴウシエ(カナダ)

●男子シングルス予選グループ・第3戦
篠塚 7、8、9、5 ファディーブ(ドイツ)
戸上 6、4、−8、6、5 デリンチャク(スロバキア)
曽根 4、9、10、4 グリーン(オーストラリア)

 男女シングルス予選グループが終了。日本勢では女子の木原と出澤、男子の篠塚と戸上が決勝トーナメントに進出。昨日敗れた曽根はグリーン(オーストラリア)に勝利したが、ドリアン・ジョンが3連勝でグループ1位となり、曽根は無念の敗退となった。それでも、今日のグリーン戦で気持ちを奮い立たせ、競り合いながらもストレートで勝利したのは立派。残る篠塚との男子ダブルスで表彰台を目指す。

 女子では木原の充実ぶりが光っている。サービスのコースを自在に操ってエースを連発し、相手が「異質封じ」でバックにツッツキを送ってくれば、ストレートに威力あるバックドライブで攻撃。相手をフォアに振り回して、ガラ空きのバックを突く。ラリーでの相手の球威をうまく利用したプレーも巧みで、勝利への最短距離を突き進んだ。

 そして戸上は、スロバキアのデリンチャクに4−1で勝利。ミスが続いて3ゲーム目を落とした時は、嫌な流れになりかけたが、プレーの中で攻守のバランスを必死で調整しているようにも見える。5ゲーム目のマッチポイントでは、相手がフォア前に浮かせたボールをあえてストップで前に落とし、次球をパワードライブで決めた。
 獅子には獅子の戦い方がある。一度の咆哮(ほうこう)で震え上がらせれば、あとはいかようにも相手をコントロールできるのだ。戸上ほどのドライブの威力があれば、それを警戒する相手からもっと楽に得点を引き出せるはずだ。