卓球王国9月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

●女子ダブルス準々決勝
Ca.ルッツ/パヴァデ(フランス) −9、−6、13、14、8 陳イ/呉洋晨(中国)
木原/長崎 6、−5、3、9 キム・クムヨン/ピョン・ソンギョン(北朝鮮)
A.ヴェグジン/K.ヴェグジン(ポーランド) −7、5、−4、7、3 周穎詩/李嘉宜(香港)
蒯曼/石洵瑶(中国) 6、−8、8、5 エイミー・ワン/クリスタル・ワン(アメリカ)

●男子ダブルス準々決勝
シドレンコ/ティホノフ(ロシア) −10、10、10、−11、10 バルデ/ピカール(フランス)
チュア・シャオハン/パン・イエウエン(シンガポール) −11、6、6、5 馮翊新/戴茗葦(チャイニーズタイペイ)
向鵬/曾蓓勲(中国) −9、8、7、−5、10 クビク/クルチツキ(ポーランド)
劉夜泊/徐英彬(中国) −8、9、11、4 グレブネフ/カツマン(ロシア)

 試合が怒涛のごとく続く大会第7日目、男女ダブルス準々決勝の結果は上記のとおり。木原/長崎が北朝鮮ペアを下し、日本勢2枚目のメダルが確定した。シングルスでは効果を発揮していたキム・クムヨンの粒高ショートも、交互に打球し、左右に大きく動かされるダブルスではシングルスほど威力を発揮せず。木原/長崎も威力ある両ハンドで確実にチャンスボールをものにした。最後の1本がエッジボールだったので、勝利の喜びはちょっと控えめでした。

 男女ダブルスとも熱戦続き。フランス、ポーランド、ロシア、シンガポールと多くの国からメダリストが誕生し、会場を大いに沸かせている。